--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 04. 04  
『新編 みなかみ紀行』若山牧水著 池内紀編
岩波文庫


【動機】往復5時間の新幹線の車中で読めるくらいの文庫を、とピックアップ

「みなかみ紀行」や「木枯紀行」などの短歌吟詠を含む紀行文9編と、「枯野の旅」「空想と願望」の2編の詩、
最後に住まいのあった沼津の千本松の保存を訴える1文よりなる。

漂泊の歌人牧水が、いかに山を愛し酒を愛したか。

汽車や人力車を使うこともあるが、旅の中心はなんと言っても徒歩である。
脚絆に草鞋で一日に十里も二十里も歩く。
牧水だけでなく、牧水を慕う歌の結社社員も旅先の牧水に会うため、共に飲むため、何里も歩く。

読みながら、「一里は約4キロのはずだが…?」と何度もこの換算法を間違っているのではないかと思うほど、信じられない位の距離を歩いている。
日暮れて闇になった山道も、風雨のなかも、霜柱を踏みつつも、急坂を登ったり下ったりも。

その牧水でさえも、山里に住む人々が「七里、八里歩くことをまるで隣家をたずねるような気安さで歩く」ことに驚嘆している。

昔の人は、ほんとによく歩いたんですね。
「ウォーキングが趣味です」「山ガールです」というのが気恥ずかしくなる。
(後者は“ガール”も気恥ずかし…やまんばです)

私なぞ、2~3日の旅、それもアメニティの整ったホテル泊でさえ、ちょっとした大きさの荷物になるが、牧水の旅の身軽なことはどうだろう!

旅程も、その時の気分で元の予定から大きくはみだしたり変更したり、まさに“漂泊”。
身軽さゆえの漂泊である。

牧水は酒飲みで有名だが、これら紀行文を読んでその実際を知りびっくり。
朝から飲み、昼も飲み、夜中まで飲む。
そしてまた早暁に起きて、徒歩の旅を続ける。
飯がないときは酒でカロリー摂取!
若死にした(43歳)のも、むべなるかな。
二日酔いや寝不足で体調、気分が悪くなりながらも旅を続ける姿はなんだか滑稽でもある。

解説で池内紀が「牧水は水が好きだった。水への思慕に似た気持を何度となく語っている。」と書いているが、水源(みなかみ)への探求心やそれを見いだしたときの歓喜のさまは、ほんとうに牧水が「水」に対して特別な感情を持っていたことを表している。
さらに温泉も好きで、旅程はしばしばできるだけ多くの温泉地を巡ることによって立てられているし、泉質の描写も詳しい。

所用のための旅(旅ではなくて移動?)をしながらこんな本を読んでいると、牧水のような“本物の”旅をしたくてたまらなくなる。

やっと親元を離れることになった娘と別れて帰路につき、往路で読んだ続きをで読み始め、降車近くなって読了。
池内の解説が秀逸。
最後近くに次のような池内の文が…。

おそらく牧水には、移動のなかにこそ自分の本質がある、といった思いがあっただろう。
一つ所での平穏無事は死にいたるのだ。
おりにつけ、夜ごとにちがった寝床に眠るときがないと窒息する。それが病であり、異常だとすれば、健康とは何か、正常とは何であるか。
もし牧水がダーウィンの『人間の由来』を読んでいれば、手を打ってよろこんだにちがいない。
ダーウィンはそのなかで、ある種の鳥においては渡りの衝動が母性本能よりも強いことを述べている。
「母鳥は南へ向かう長い旅の出発時期を逃すよりは、巣のなかのひなを捨てる方をとる。」


私は、生まれてからずっと同じ土地に暮らしている定住民。
そこを巣立って、当分は勉学・仕事のため“漂泊”するであろう娘。

娘と別れてちょっとセンチメンタルになっていたときにこの解説文に出会って、なんだか元気になりました。

私は“渡り鳥”ではなく“留鳥”だけど、渡り鳥に強く憧れる。
別世界へ飛び立つことはできないけれど、せめて精神だけは渡り鳥のように自由になって、ひなを捨てよう!と。

*本書中の詩「空想と願望」はいいですよ!
“かくありたい”というのは宮沢賢治の『雨ニモマケズ』と同じテーマですが、私は牧水の方がずっと好きです。
ここに全文を引用したいくらい!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
タイトル変更?「空きの巣です…お憐れみを!」
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。