--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 03. 26  
今日から息子は2泊3日の春合宿です。
何を考えているのかさっぱりわからん、学校の成績もとんでもなく低迷している息子ですが、山に登って、本を読んでいる限り(読書は大好き)、大間違いなことはしないんじゃないか…?
それにしても、大学に行く気なら、そろそろ、本気で勉強せいや!

4人家族の最終週なのに、息子不在なのはちょっぴり…。
「兄弟は他人の始まり」といいますが、姉弟は、もう二度と同居することはない可能性大なのに、姉弟ともに「弟(姉)と別れて暮らすことには何の感慨もない」そうな。

娘は、家事のほか、荷造りをしたり、歯医者通いをしたり、高校時代の友人と会ったり、けっこう忙しそうにしています。

彼女がいま読んでいるのが武田百合子の『富士日記』。
上中下3冊および、その他武田百合子の文庫数冊を関西に持って行くと言っています。
『富士日記』は私の大好きな本で、時々、無性に読み返したくなる。
持って行かれると困るが、そのうち私が再購入するか…。

『富士日記』が好きって、センスいいじゃん、“いい女”になれるよ。
…と思って、娘に(特に若いうちに)読んで欲しい人を考えていたら、次のようなラインナップになりました。

神谷美恵子
武田百合子
須賀敦子

娘はこれまでにそれぞれをつまみ食い的には読んでいると思うけれど、「著作集を通して読む」という読書スタイルもある場合には大切だと思う。

大学に入って、先生や友だち、心ときめく異性から「~読んだ?いいよ。読んでごらん。」とすすめられるチャンスが増えるでしょう…。
いいなぁ、青春の日の読書!

そういえば、高校時代からの本好きの親友Mちゃんに、タイミングを逸したプレゼントをすることになり、装丁がすてきな本(*)を贈りました。
案の定、Mちゃんはそれらを読んでいたけど、美装本ありがとうと言ってくれました。
しばらくして彼女から返礼の包みが届きました。
開けてみると、本(**)と画集。
どっこい、これも私は既に読んでいた。
すると、その本は既読の息子が「お母さん、この本ちょうだい。友だちに読ませる」と。

おお、ここにも青春の日の読書が!
息子は私の卒業した高校に行っています。
40年近く前、Mちゃんと私は互いに自分の読んだ本を貸し借りしていた仲だったけど、まさにその同じ場所で息子も同じようなことを友だちとしている。 

*文芸春秋から出ている「精選女性随筆集」の武田百合子と須賀敦子と、石井桃子・高峰秀子
**中公新書の「ある明治人の記録」

同じような本が好きな人は“同じ匂い”がしますよね!
そういう嗅覚って、人付き合い上、あんがい大切かも…。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
高邁?なクロール、世俗的な背泳ぎ~私の場合
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。