--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 03. 23  
『英語教師 夏目漱石』川島幸希
新潮選書

【動機】『一生モノの英語勉強法』で紹介されていた。

2週間ほどかけて、ずるずる読んだ。

高二の文学史で「三四郎はそれから門を出て…」と覚えたときに、「よし、小説をこの順番で読んでやろう!」と決意し、文庫本で虞美人草まで読み通した。

それで私は、「漱石を読んだ」気になっていたけど、高校生に何がわかった?

「英語教師としての漱石」に焦点をあてた本書には、
彼の英語習得の過程(漢文は優秀だったが英語は苦手だった)、
英語の実力(イギリス人もびっくり!のレベル)、
英語教育についての考え方、
教授法など、知らなかったことがたくさん。

同時に、明治時代の英語教育=“正則英語”や高等教育制度についても知ることができる。

漱石は、教育は、教授科目がなんであっても道徳教育、人格教育でなければならないと考え、自分にはその資格はないと思っており、教職に在ること対してアンビバレントな気持ちを常に持ち続けていた。

本当は、「教えること」が大好きだったようだ。
(死の直前の「うすぎたない着物を着た、そこいら近所の少年に英語を教える」エピソードなど)

多くの教え子たち(錚々たる顔ぶれ!)が書き残し、語った漱石の思い出から、
「抜群の英語力・知識、厳格で容赦ない指導」
とともに、
「試験の採点は甘かったし(机間巡視中にヒントを与えたり…)、困窮している優秀な生徒には生活の支援までした」
という姿を知ることができる。

漱石の授業は、テキストを読みながら、構文・文法・語源(シンタツクス・グラムマー・プレフイツクスとサフイツクス)・発音・英米文化を包括的に教える方法で、英語が嫌いだった学生も、思わず引き込まれ英語好きになったそうである。

漱石先生にエリオットの「サイラス・マーナー」やアーヴィングの「スケッチ・ブック」などを教わってみたい!
(二書とも、漱石が好んで使ったテキスト)

これらが“必読の書”であることは、毎度で恐縮ですが、私は「あしながおじさん」で学びました。
ジュディは、ジョージ・エリオットのことを男と思っていたし、リップ・ヴァン・ヴィンクルの話も知らなかった。

さらに、数々の“教え子証言”により漱石の人柄をより深く知ったいま、ほとんど40年ぶりくらいに、「吾輩は三四郎“と”それから門をでて」みたいなぁ!

時間には限りがあるのに、再読したい本が多すぎっ! (-_-)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
お花見ウォーク
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
No title
Edwin McClellanが夏目漱石のKokoroを英訳しています。約76000単語程度の本です。古本ならアマゾンで500円程度ですが、もしよろしければ一緒に読みませんか?既にほかのご予定がありましたら結構です。
人生4年さま
Sounds interesting です!
英語の本はIsak Dinesen のOut of Africa をさきほどから読み始めたところですが、
エッセイ風の内容なので、ゆるゆると進めます。

原作が日本語のを英語で読むというのは村上春樹の作品しか経験がありません。
いろいろと勉強になりそうです!

「一緒に読む」というのは具体的にどういうふうにするのでしょうか?

ウェブ上読書会?
楽しそう!

方法などご指示ください。

私もこれからKokoroアマゾンで調べて、注文できたら報告します。

これまでの自営業の経理事務プラス、4月から週日午後、他の仕事が入りますので、
ペース的にはゆっくりとしか進めないと思いますがよろしいですか?
人生4年さま
その訳者のはKindle版があるようですね。

私はKindleを持っていますが、「読み方」によっては使いづらい場合があります。
(書き込みをするとか、付箋を貼るとかしながら読まないと頭に入らない、
いつかブログに書こうと思っていましたが、キンドル苦手です…)


じっくり読み込んでいくスタイルなら紙の本を、
じゃんじゃん読んでいくのならキンドルで…と思っています。

どのようなスタイルで読書会をするのかでキンドルにするか紙にするか決めます!
No title
読書会というほど本格的な事は考えていません。たまたま最寄の図書館にKokoroがあったので、今年に読む候補のひとつだっただけです。たとえば、4月14日(日)に各人のブログに読後感想を書くのはいかがですか?他にも希望者がいれば、その方の希望に合わせます。
人生4年さま
了解です!

感想といっても、いつもの読了メモに毛の生えたようなのしか書けないと思いますが…。
ちょっぴりがんばっていつもより「増毛」します。

よろしくお願いします。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。