--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 02. 03  
外での仕事をお休みしている今年度は、家のしまつをいろいろすることにしていました。

昨年の秋は、築25年で古びていた台所・食堂・居間(一続きです)のリフォームをしました。
家の中で一番使用頻度・時間が多く、モノもたくさんある場所だったので、
改修工事前後は、モノの移動や料理の段取りなど、けっこうストレスフルな毎日でしたよ。

工事前の片付けをしていて気づいたのは、
できるだけモノを持たないようにしよう、と心がけていたにもかかわらず、
ずっと使ってないモノ、これからも使わないだろうと思われるモノが後から後から出てきたことです。

必要とされている方にもらっていただいたり、リサイクルショップに持って行ったり、
それでも行き先のないモノは、ゴミ回収に出しました。

回収に出すゴミ袋の山を見て、「これだけのモノがわが家の中に滞っていたのか!」とびっくり。

断捨離という、メソッド?ポリシー?があるそうですが、確かに、モノの流入を絶ち、捨て、離れるというのは、
大切なことだと思いました(間違っていたらごめんなさい)。

同居家族の人数も減っていくことだし、原則として道具類はこれからは増やさないようにしよう!

また、
日々の生活に必要な消耗品については、「ストックしない」をルールにしました。
消耗品を買うスーパーは職場の近くに、ホームセンターはいつものウォーキングコースの途中にあります。
仕事もウォーキングも、ほとんど毎日のことだし、消耗品にそれほど重たいものはありません。
「無くなったら一つずつ買いに行く」で困ることはありません。

「せっかく車で来たから」「安売りをしているから」「また買いに来るのが面倒だから」と、
いつも多めにストック買いをしていたので、新たに買った物を収納場所に上から上から追加していくことになり、
奥の方に“滞っている”モノがたくさんありました。
まず、それらを全部棚卸しして、使い切り、消費しきってから買い物に行くことにしました。

この感覚はなかなかの快感です。
びろうな喩えで恐縮ですが、断食で宿便(←解剖学的には?だそうですが、実感として“ある”気がする)が
出て、体調やお肌の調子が良くなる感じに似ています。

私が子どもの頃は、
「電球が切れたから電気屋さんに買いに行く」
「歯磨きが無くなったので次の人のために走って薬局に行く」
「宿題の途中でノートを使い切ったら小銭を握りしめて文房具屋に行く」
「母が洋服を縫っている途中に糸が無くなりそうになってから『白の50番のカタン糸』を買いにやらされる」
というのが当たり前でした。
ストック分を買うほどに経済的余裕が無かったのが第1の理由だけど、
「なくなってから買いに行く」というのがごく普通の暮らし方だったように思います。
それで、全然、困ることはない。
モノを大切に消費しようという気になるし、おつかいにやらされる子どもも、けっこう楽しかった。
お店のおじちゃんやおばちゃんに、
「ごめんください」、「60ワットの電球ください」とか「ライオンの緑の練り歯磨きください」
などと間違えずに“口上”を述べたら、
カウンター越しにお目当てのモノを差し出してくれ、お金のやりとりをして、
「おおきに」(九州ですけど、なぜかお店の人の最後の挨拶は関西風でした)と一人前扱いしてくれるのがうれしかった。

長じて、リンドグレーンの「やかまし村のこどもたち」の映画を見て、
女の子ふたりが買い物に行くシーンがとってもなつかしく感じられました。
(この話は、またいつか…)

ということで、
消耗品は節約して使い、ストックを置かずにいつもフローさせておく、というのが、
私が昨年秋の家のリフォームで学んだ教訓です。

今日はお天気が好いので、これから夫とハイキングに出かけます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
NEXT Entry
学業成就とハルキのビール
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。