--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 02. 28  
アン・バンクロフト、アンソニー・ホプキンス主演の映画「チャリング・クロス街84番地」を観ました。

春の気配が漂う午後、娘と二人で観たのですが、私はこの手の「ときが過ぎる」ことだけがテーマの話・映画にとっても弱い…。
案の定、終わりは涙ぼろぼろでした。

ヘレーヌ・ハンフの原作(…というか手紙共著者のひとりというか)に忠実な映画なので、
私は原作→映画の順だったけど、この順番は正解だったと思います。

先に映画を観たら原作はただの「復習」みたいに感じるのでは?

50年代から60年代にかけてのファッションがすてきです。
バンクロフトの「本の虫」「文筆で生きるシングル女性」の地味な服装がとってもすてきでした。
薄いグレーのカーディガンとタイトスカートに白のブラウスのバンクロフトの美しいこと!
ずっと着続けている(10年以上?)ことになっている大柄チェックのワークシャツ姿もかっこいい。

バンクロフトとホプキンスも渋いのですが、私はジュディ・デンチの演技にぐっときました。
映画Pride and Prejudice ( キーラ・ナイトリィ主演の)で、底意地の悪いおばさま役でしたが、あの無愛想な感じって若い頃からああだったんですねぇ!

*映画、キーラ・ナイトリィの「プライドと偏見」では、ジュディ・デンチと俗物の母役の二人のおばさま女優“だけ”が光っていたと思います…。
ピアノの音楽はすてき。ピースの楽譜があって初心者でもすぐに弾けます。

おお、本屋、本屋、本屋。
本屋のことを考えたらワクワクしますが、私も在りし日のチャリング・クロス街84番地の古書店に行ってみたかった!
「ノッティングヒルの恋人」の書店もすてきでした。
ああ、ロンドンの本屋、行ってみたい~っ!
ヒュー・グラントみたいな書店員がいたら名所観光なんかせずに、一日中、本屋に居ますよ、私は。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
NEXT Entry
待てばカイロの日和あり
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。