--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 01. 30  
水曜日は映画館レディース・デイ!
1000円で映画を観ることができます。
勤め帰りに山田洋次監督の「小さいおうち」を観ました。

妻夫木聡の独特なしゃべり方…すてき!

いちばん、ぐっときたのは片岡孝太郎の「お着替えシーン」。

わたくし、この役者さん初めて見ました。
昭和10年代、東京山の手中産階級サラリーマンの「可もなく不可もなし」のご主人役。
ふつうだったら、「妻に不倫されてもいたしかたなし」となるところですが、
お勤めから帰って背広を脱ぎ、着物に着替えるときの所作にはっとしました。

「何者?」「歌舞伎役者?」と思いながら観ていたら、
いくたびも“色気”を感じさせる所作がでてきました。
(2回目の“お着替えシーン”では帯を締めるまでに至らずがっかり)

なかなか良いストーリーだったのですが…、
「ステキなご亭主がいるのに、どうして、あの若い男と不倫せにゃならんの?」
という疑念を最後まで振り払うことができませんでした。

「ステキなご亭主」というのは、じつは役者さんの魅力であって、役どころは「イマイチ冴えない夫」なんですけど…。

昨年観た「アンナ・カレーニナ」のご亭主ジュード・ロウ
昔観たアーサー王物語の…映画のタイトルを失念!…リチャード・ギアのランスロットよりもショーン・コネリーのアーサー王。

帰宅後、調べてみると、やはり片岡さん、歌舞伎役者で、
おおおっ!
片岡孝夫…十五代目片岡仁左衛門の長男なのですね。

知りませんでした。
あの(若かった)二枚目の片岡孝夫のぼっちゃんが、こんな立派なおじさまとは…、
つくづく、「私もトシとったなぁ」と思ったことでした。

何百回も何千回も着物をはおり、帯を締めている人の所作は美しい。

倍賞千恵子は、役にしては、ちと若すぎかしら?
松たか子は美しかったし、黒木華もけなげでかわいかった。
黒木華さん、どっかで見た顔…と思ったら「舟を編む」に出ていたんですね。
イメージがぜんぜん違っていました。

ということで、片岡孝太郎の所作の美しさに見惚れて、
「奥様」にも、「女中さん」にも、「ばあちゃん」にも、いまひとつシンパシーが持てなかった…って、
大きい声では言えませんが…、
不倫相手が寅さんの甥っ子じゃねぇ。


いえいえ、いい映画でした!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。