--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 12. 20  
今日は、勤務校の終業式で仕事はお休み。

眠たくて集中力のない息子を叱咤しながら朝勉をし、
掃除や片付けものを済ませました。

自営業のオフィスに行って仕事をするか、
冬休み明け実施の実力テスト日本史の作問をするか(2種)、
…と仕事を先取りで済ませる済ませたいができない性分の私は、思ったけれど。

とっても冷え込み、風も強く、冬枯れの日です。
暖かくして積ん読の本を読む一日にしましょう!


とかいいながら、未読の本ではなく、この季節に必ず読みたくなる
“A Christmas Memory”
Truman Capote
を再読しました。

7歳の少年と60歳を越えた従姉(?)の老婆の友情の物語。

やっぱり、また泣きました。
最後の凧揚げのところで。


毎夕、勤め帰りに、面映ゆるほどに華麗な博多駅のイルミネーションを通り抜けます。
デパートやショッピング街は美しく飾り付けられクリスマス音楽が流れています。
それはそれで心華やぐクリスマスなのですが、コマーシャリズムに乗せられている気もする。

この話のように、
知的障害のある老婆と少年が、
1年間貯めたお金で材料を買ってフルーツケーキを作って配ったり、
ケーキ作りで余ったウィスキーを飲んで酔って踊ったり、
森にツリーを伐りに行ったり、
互いに手作りクリスマスプレゼントを贈りあったり、
プレゼントの凧を揚げたり…、

質素で(むしろ貧しくて)も、こころ豊かなクリスマスを過ごす…。

これが、本当のクリスマスなんだろうなぁ。
30分もあれば読み通すことのできる短編です。

冒頭の部分から美しい…

Imagine a morning in late November. A coming of winter morning more than twenty years ago. Consider the kitchen of a spreading old house in a country town. A great black stove is its main feature; but there is also a big round table and fireplace with two rocking chairs placed in front of it. Just today fireplace commenced its seasonal roar.

そして、最後の部分。
もし、これから読んでみようと思われる方は、以下は無視してくださいませ。

ストーリーというほどの「展開」のある話ではないけれど、
ここにいたる、小さなことの積み重ねを経てこの部分に来ると、私は必ず、じわ~んと涙があふれてくる。
クリスチャンではないのでLord についてわかっている訳ではないけれど、こういう感覚、とても共感できます。

人生4年さんのお父さまのご体調がすぐれないとか。
以下の最後近くの部分は、人生4年さんに贈ります。

My friend: 少年の遠縁の老婆
Queenie: 老犬


“My, how foolish I am!” my friend cries, suddenly alert, like a woman remembering too late she has biscuits in the oven. “You know what I’ve always thought?” she asks in a tone of discovery, and not smiling at me but a point beyond. “I’ve always thought a body would have to be sick and dying before they saw the Lord. And I imagined that when He came it would be like looking at the Baptist Window: pretty as colored glass with the sun pouring through, such a shine you don’t know it’s getting dark. And it’s been a comfort: to think of that shine taking away all the spooky feeling. But I’ll wager it never happens. I’ll wager at the very end a body realizes the Lord has already shown Himself. That things as they are”---her hand circles in a gesture that gathers clouds and kites and grass and Queenie pawing earth over her bone---“ just what they’ve always seen, was seeing Him. As for me, I could leave the world with today in my eyes.”

__ 3
わが家の2階から撮った冬の昼下がりの空

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
メリー・ク…じゃなくって明けまして…でもなくって、お久しぶりです!
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。