--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 12. 12  
自営業の月初めの仕事、学期の成績評価など忙しい日々が続いていました。

息子の英語特訓実況中継の更新をしなかったのは、
忙しさもあったけど…(^_^;)
ご明察!

やはり、またまた息子と小競り合いがありました。

月曜日の夜、10時から1時間勉強と約束していたが、私が娘と電話でついつい長話をしてしまって、開始が遅れた。
その前のほぼ10日間の朝勉は、毎回息子が5~10分遅刻していたけれど、私の遅刻はその時が初めて。
息子が一言「お母さん、始めよう」と言えば、はっと気付いて電話はやめていたのに。
開始時から息子が不機嫌で、何も聞いても、「わかりません」「忘れました」「知りません」しか言わない(-_-)
ふて腐れの理由は、私が遅刻したからだそうな!!!

すみませんでしたねぇ!

むかっとして、
「誰のための勉強かい? 私は生徒のご機嫌うかがいをしてまで教える馬鹿教師ではないっ! せっかく10日の特訓で、調子が出てきたところだけど、もうやめる。」と宣言しました。
ということで、月曜夜と火曜日朝はせず。

火曜日夕方、帰宅した息子が「すみませんでした。また特訓お願いします。」と、けろっとした表情で謝ったので、再開することにしました。

これまでも何度も経験したことですが、うちの息子は、その時の気分によって“軽い気持ちで”ふて腐れ、反抗するけれど、深い意味はない…というか、何も考えてないみたい。

私としては、「あれだけの物言い、態度だから、私に対する憎悪が強いのだろう。プライドもあるだろうから、反省したり謝ったりはしないだろう…」と思うのですが、時間が経てば、けろりとしている。

不可解。

まだまだ、本人の気持ちに、「やらされている」感があるに違いない。
そんな心構えでいる間は伸びないよ…。

火曜日に、11月に受けた進研模試の結果が出ました。
特訓前のbefore データとして、お恥ずかしながらここに開示しておきます。
全国偏差値56.4 
校内偏差値43.6 

分野別では、リスニング、長文読解、表現力(英作文)が弱い。

1月下旬の校外模試でどれだけ伸びるか?

いろいろ、どやしつけたいことはあるのだけど、感情的にならずに、粛々と日々の勉強を続けていきます!

Visual はPart I の#23まで終了。
なんとか大晦日までに#60まで終わらせたい。

安河内の文法は、
①先に進む(スモールステップで復習しながら)
②既習章の復習
という、目印付箋紙3枚を移動させながらの“おっかけ再生”スタイルで定着をはかる。
今朝、7章の名詞・代名詞まで進む。


問題は、本人任せの単語。
登下校時や家で、いつもスマホにイヤホンつけて聞いているが、好きな音楽ばっかり聴いているみたい。
バンドをやっているので、ドラム演奏の研鑽のために音楽聴くのは、まぁいいけど…。

音声教材として、「ターゲット1900」「システム英単語」「新・基本英文700選」はスマホに入れているはず。

老いの繰り言ではありますが…、
私の学生時代に比べ、夢のような音声学習環境に恵まれているのに、活用しないなんて(>_<)


ターゲットを早くあげて、シス単にとりかかって欲しいもんだ!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
The Banality of Evil : “Hannah Arendt”
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
No title
息子さん、ぶるっくさんに対して憎悪なんて全くないと思いますよ。
それどころか大好きで尊敬していらっしゃるから、
安心して反抗できるんだと思います。

校内偏差値が低いのは、高校のレベルが高いからでしょう。
聞き取り、英作文…私も苦手です。

長い目で見て上げて下さいね。
カワイイ!
 息子さん、いい子ですね。ちゃんと謝ってくるなんて。うちだったらありえない・・・・
 謝ってもう一度、と言っている時点で「やらされている」ところから何歩も進んだところにいるんだと思います。そこに到達って素晴らしいことだと思いますよ!

 偏差値が全国と校内でそれだけ差があるってことは相当レベルの高い学校なんですね。可愛いい子は少ないらしいですが(笑)

 私は家で全く勉強の相手をしてこなかったので、先日下の子の先生に「ちゃんとみて上げて下さい!」と注意されたばっかりです。期待外れなんだそうです(苦笑)
 ここ数週間気が向いた時だけですけど下の子の宿題に目を通したり、一緒に座ってみたりを始めました(ぶるっくさんのブログの影響もあり)・・・・が、終わるまでじっと座ってられません・・・・私が。
ミモザさんへ
コメントありがとうございます。
毎度毎度のことですが、今回は収束までの時間が短かった…お互い(?)大人になったということでしょうね。

ミモザさんの虹や物理学のお勉強の話、すごいなぁと思いながら読みました。

ちょうど今朝、息子と読んだ英文に次のようなものが…。
  Getting more information is learning, and understanding something that you did not understand is also learning. But the difference between these two kinds of learning is important.
To be informed is to know simply that something is a fact. To understand is to know everything about the fact: why it is a fact, what its connections are with other facts, in what ways it is the same, in what ways it is different; in other words, what the fact means.
This difference is similar to the difference between being able to remember something and being able to explain it. If you remember what an author says, you have learned something about the world. But whether you have learned a fact about the book or a fact about the world, you have gained nothing but information if you have used only your memory. You have not increased your understanding. Understanding is increased only when, in addition to knowing what an author says, you know what he really means, and why he says it.

本当に、「楽しい」勉強をなさっている!
こちらの欄からで失礼ですが、ミモザさんの学習記録、毎回楽しみにしています!
年末年始で、楽しいこと、忙しいこと満載ですが、お互いがんばりましょう!!!
hinajiroさんへ
コメントありがとうございます。
英語圏在住のお二人から、夜中にコメントをいただいたのを朝読むの…とってもうれしい時間です!

そうなんですよ!
他所様の坊ちゃんがどんなにふて腐れていて反抗的でも「カワユイ」と思えるけど、我が子は…。

私も、1週目の朝勉は、息子が起き出してくる前にお弁当を完成させていたのですが、それでは私がどうしても睡眠不足になるので、
最近は、プリントアウトした課題文をキッチンの目の高さくらいに洗濯ばさみで吊して、お弁当作りや洗い物をしながらやっています。
息子は、私の背後のキッチンテーブルで。

今回はタイミングが良かった!
ふて腐れて反抗したはいいが、学校ではもうほとんどビリ状態という模試結果をもらった当日でしたから。

私の言った「あんたの志望校には今のままだと逆立ちしても受からん!」が身にしみてわかったと思います。

息子と小競り合い(そのうち、大バトルも?)を繰り返しながらこんなことするのも、あと1年…と思うと、おっさん声のくせに幼稚な訳してできない息子がカワユイとも思えます。

継続は力なり!でがんばりますね。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。