--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 12. 08  
今年は夫の両親の三回忌(父)、七回忌(母)です。

両親はクリスチャンだったので、仏教の年忌の法要はしないのですが、義兄の企画により、本日、子ども、孫が集まって墓参と食事会をしました。
お墓は広島にあります。

大阪の娘も来たので、久しぶりのfamily reunion でした。

食事会の後で、夫と娘、私の3人で「ひろしま美術館」に行ってきました。
広島に行くたびに時間があれば訪ねる美術館です。
お目当てはヴラマンク
2枚のヴラマンクの絵の前でぼーっとしてきました。
ヴラマンク大好き…既視感がある景色で、力がある。

さて、今日の朝勉ですが、
朝6時から7時までの1時間でVisual の#13,#14,#15の3つを読みました。

息子はもう、解釈が終わったあとの音読3回(最初は2回の約束だったけど)を全く嫌がらずに、はっきりした声で読み上げるようになりました。
今日なんか、間違って4回目を読もうとしたので、私が「もういいよ」と止めたくらい。

その後、ミモザさんとhinajiroさんからコメントをちょうだいしていることに気付き、読みました。
(朝勉を終えたあと、すぐに広島に行ったのでお返事が遅れてすみません)

今日の課題文#13とお二方からのコメントを読んで、
息子との英語特訓について、
また、
非常勤講師として受験で日本史選択をしている(主にセンター)のクラスの授業について、

あらためて、衿を正して心してがんばっていこうと思ったことでした。

#13の課題文、私もいろいろと反省し考えさせられましたので、全文を載せます。
(以前書いたように、60の課題文をタイピングして保存していますので、朝飯前です…はい朝飯前にこれを読みました!)

There are a few general principles that apply to all the kinds of teaching. The first principle is that the teacher should be clear. Whatever you are teaching, teach clearly. Discover what your students do not know and then try to explain it to them in a way that everyone will understand. Use many examples and illustrations. Allow enough time for discussion. A good pupil is seldom silent.

Patience is the second principle. Nothing worth learning can be learned quickly. Real teaching is not just giving information. It involves a conversion, an actual change in the pupil’s mind, and this does not happen quickly. Lessons should be carefully planned and plenty of time allowed for repetition and review. Emotion should be controlled. Whenever we become too emotional as teachers, we are forgetting that conscious reason is what makes us men and not animals.

The third principle is responsibility. Anyone who teaches should realize that it is a serious matter to guide another person’s life.


1~3とも、教える側の心構えとして大切なことだと思いました。

心なしか、
Emotion should be controlled. Whenever we become too emotional as teachers, we are forgetting that conscious reason is what makes us men and not animals.
を読み上げる息子の声が、「ほうら、おかん、聞いているかい?」というニュアンスを帯びていたような…(^_^;)

「これ、もう何回目? まだ覚えてないのっ?」なんて怒った声で言うのは、厳に謹んでいこうと深く反省した次第です<(_ _)>
ねっ、ミモザさん!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
やはりつまづきが…息子の英語
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。