--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 12. 04  
昨日も、非常勤講師業の方は、期末試験で授業なし。
自営業のオフィスに籠もって、ずっと後回しにしていたファイリング、帳簿整理、年末調整事務などを片付ける。
この手の仕事は、取りかかるまでが億劫だけど、「心を無にして」ぐんぐん進んでいけば、仕上がったときに、「やったぁ!」と達成感が生まれる
ってか、ここまで溜めるかぁ?

息子勉:12月4日夜、5日朝
Visual 
#6 と#7をした。
本日の注意点
構文の「スケルトン」を見抜くこと。
長い一文の本動詞はなにか?を意識する。(それが見つかればその前がたぶん、主部だね)
重文の主語の省略を意識する。

こういうことを、安河内哲也などは[  ]、{  }、(  )の大中小のカッコに括らせて読み解くように教える参考書を書いているけれど、文章は“生もの”なのでいつもうまくカッコつけがうまくいくとは限らない。
カッコつけで時間を食い、うまくいかずにストレスを溜めるよりも、「英語の流れのクセ」みたいなのを体得して、今読んでいるところのほんのちょっと先を「瞬間予測」しながら読めるようになる練習を積むのがよいと思う。
日本語をすらすら読んでいる(聞いている)時は、電光石火的時間単位で、次を予測しながら読んで(聞いて)いるはず。
それが外れるときが「お笑い」や「ギャグ」になるとき。

「流ちょうな読み」に習熟するために、私は次の3つの練習方法が必要じゃないかしら…と考えています。

①指導者の解説を聞きながら読む
安河内のカッコつきの参考書とか、古典的参考書『新々英文解釈』(古いねぇ!!)などを読みながら勉強するでもいいのですが、やはり「ライブ」のほうがわかりやすいし時間も節約できる。
外国語なんですもん、自分の頭で考えたってわからないですよ。
教わった方が早い。

②文法の知識を基礎に読む
外国語の流ちょうな読み手になるまでは、「解読のための修業」が必要。
そしてそれには体系としての文法知識が必要。
オフハンドでここには例示できませんが、
「三単現のsがついているから主語はこれしかありえない」と遠く離れた主語を特定するとか、
「~ingだらだら, ~ingだらだら, ~ingだらだら, and ~ing」のような構文を見抜くとか(昨日のVisualの課題文に出てきた)…、
「時制がこうなっているから、前後関係がこうなるはず」とか、
「おお、これは倒置じゃわいね!」
いうようなことです。
(ちなみに、A, B, C, , …and X というような3つ以上の列記が出てきたら、○で括るとかナンバリングするなど、書き込みながら読むとよい)

③大量に読む
上記のことと同時に、できるだけ多くの英文を読む。

以前、勉強熱心でピアノが上手な中学生、もっちーくんあてに書いた記事で、語学学習を楽器練習やスポーツの練習とのアナロジーにおいて説明しましたが、
よい指導者について正しいフォームやルールを教わり(間違っていたら矯正してもらい)、日々の基礎練習や実戦練習を積むのが最短上達コースだと思います。

我流でがむしゃらに練習してもだめ、
いい先生についているからといって練習しなければだめ
…当たり前です!

文学になるとちょっと違ってくると思いますが、
ワンセンテンスが4~5行にわたることも珍しくない社会科学系の評論文は、この訓練を積むことによって日本語で読むより速く読めることもあります。
あ、速くってことはないですね。
しかし、上の空で母国語読んでわかった気になるよりも、英語で構成を意識しながら深く読んだ方が理解が進むということは絶対にあります。

読解はこれまでは
息子音読→
息子が「左から右に」訳する→
息子が自分の言葉で理解した意味を言う→
間違いがあれば指摘→
解説→
展開(関連語句、いいまわし、内容に関する発展話題など)

で終わっていましたが、昨晩から、その後に、通して2回の音読をさせることにしました。

いやあ、聞いているとわかるもんですねぇ。
初回の、ただ字面を追っているだけの状態から、意味がわかって読む2回目、シンタックスをさらに理解して読む3回目。
読むのを聞いただけで「わかって読んでいるのか、わからずに読んでいるのか」がわかる。

今朝のママの愛メール
①(再)条件・時を表す副詞節の中では、未来のことであっても現在形または現在完了形

②(再)明確な過去を表す副詞と現在完了形は使ってはならない

③分詞構文は意味上の主語が「する ~ing」のか「される pp」のかを考える

④分詞構文では、言及することの前後関係を瞬時に「数直線」で考える→大過去

⑤「~ingなものごと」「人はppする(である)」
The game is exciting.
I am excited by the game.

The fireworks are thrilling.
I am thrilled to see the fireworks.

The movie was boring.
I was bored with the movie.


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
変更! 朝読解/夜文法
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。