--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 11. 29  
高二の息子の期末考査の英語がたいへんな点数でした。

息子は、ある私立大学の文系学部にどうしても行きたいらしい。
受験科目の配点の半分は英語です。
私も過去問を見てみました。超難しい!

これまで、やいのやいのと勉強法だの推薦参考書だの言ってきたけれど、ふて腐れて反抗的態度で言うこと聞きもしなかった。

昨晩、穏やかな口調で、
「私立受験まで14か月。今の成績なら逆立ちしてもその大学・学部には行けない。
奇跡を起こすしかない。
お母さんは奇跡の起こし方を知っている…が、もう今がぎりぎりのタイムリミット。
『問答無用のa dream comes true 作戦』に挑戦する? 」
と息子に言いました。

さすがに自分の実力の無さと志望校英語のギャップを深く認識したようで、ぶすっとした声で「やる」と答えました。

母子問答無用スパルタ勉の実施要領
①土日、盆正月なし、毎朝1時間する。 
たとえ、その日が英語以外の試験の日でも。
例外は山泊の朝のみ。
(まさか、ママ同伴で登山してテントで朝勉するわけにも…)
②朝やった重要事項は(3~4項目)は、それ以降繰り返し、しつこく質問する。
③帰宅後、長文を必ず1文読む。互いの都合でできない日は休日などに振り替えて読む。
「1週間に7文」のノルマを必ず達成する。
まずは「毎日読む」という習慣づけのため、その日の都合や疲労度に合わせて、分量や難易度がいろいろ選べるよう、母がテキストを準備する。

ということで、本日朝が1日目でした。
1時間のつもりが、息子の要領が悪くて実質45分くらいしかできなかった。
やったこと
安河内哲也の「英文法レベル別問題集 ④」の6問 
たった6問!!!!!

本日の重要事項
★条件や時を表す副詞節では、未来のことでも現在形または現在完了形
★「~するやいなや」 had hardly (scarcely) pp. 
★名詞(句・節)、形容詞(句・節)、副詞(句・節)の働き(おおまかに)
★句と節の違い


高二の冬でこの程度ですので、いかに低レベルかおわかりになるでしょう…とほほ(-_-)

スモールステップですが、奇跡を起こすには、これから約400日やるしかない。
5年前の夏、当時高三の近所の男の子&高一の娘の2人を対象に50日間の特訓朝勉をした経験があります。
50日でもきつかった…が、やり終えたときは私も達成感があったし、近所のS君はぐ~んと英語の成績がアップし、絶対に現役では無理と言われていた第1志望校に後期試験(英語のみ)で合格、娘はそれ以後、あまり英語の勉強をしなくてもよくなりました。

あの、つらい日々の8倍…。
でも、これをしなかったら、息子は行きたい大学に入れないし、私も「やればできたことをしなかった」と悔いが残るでしょう。

まだ1日目前半が終わっただけで、今後どのようになるかわかりませんが、今度こそ、やれそうな気がします。

その予感の理由は…、
息子が大人になった。
「うるせぇー、くそばばぁの言うことなんか聞くもんか!」と思っていた反抗期の嵐の峠を越えたのかも。

今息子が夢中になっているのは、登山部の活動とバンド活動。
息子は、部員不足でじり貧だった部に、入学前から入ることを決めていました。
友だちを誘って部員数を増やし、春の新入部員勧誘の生徒会主催の部活紹介で、自作コントで受けて1年生を入部させ、大所帯の部に。
その点を顧問はとても高くかってくれている。
しかし、気象図書きは下手くそだわ、やせっぽちで体力はないは…で、試合レギュラー入りを毎回心配するポジション。
「高校卒業したら二度と山なんか登るもんか!」と言いながら、毎回へろへろになって登山・合宿・試合から帰って来ます。
山から帰ってくる度に、成長しているのがわかる。

登山部の2年生メンバー+1名でバンドを組んで、息子はドラムを叩いています。
1月の予餞会に出演するためのオーディションに向けて、指の皮がむけて絆創膏貼りながらも、毎日練習している。
山に行かない日は、メンバーが集まってスタジオを借りて練習。
最終リハーサルの出来がよかったのが昨晩の「英語特訓受ける」の返事につながったようです。
今日がそのオーディションの日。
受かるかな?
どういう顔して帰ってくるだろう?

登山とバンド活動は、全面的に応援しています。
昨日の木曜日は、私も早朝出勤の日だったので、くるくる巻にして自分の身長くらいになるドラム用のマットと息子を車で学校まで運んでやりました。
雨が降っていたので、あれをバスで運ぶのは他人迷惑だし、濡れるし…でたいへんだっただろう…運んでくれたかあちゃんに対して感謝しているみたい。

地道な勉強が嫌いで成績の悪いバカ息子ですが、山に登って、バンドに熱中して、本を読んでいる限り、大きく道から外れることはないと思っています。

ふーっ、いろいろあったけど、「いよいよ年貢の納め時」と、英語がんばってくれるかな?
英語そのものの成績向上もさりながら、継続して努力して目標を達成する体験を十代でしておくのは、彼にとって一生の財産になると思います。

遺してやれる財産もないし、私は料理下手で「おふくろの味」もない。
それに、娘には息子が生まれるまでの4年間、1対1でたくさん絵本・本を読んでやったが、息子には娘ほどに関わっていないという引け目がある。
私が君に母親として伝えることができるのは、「一生モノの英語力(のつけ方)」だけ。

今から400日の「子育て最終フェーズ」が終わったら、私は一切干渉したり保護しないつもりだから、私の息子として生まれたことを運命としてあきらめ、特訓にしっかりついてきてちょーだい(*^_^*)

*副産物として、これから400日、私は二日酔いするような深酒ができなくなります。私もやっと更正できる(^_^)v

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
NEXT Entry
受験英語、ブラボー! 息子特訓1~2日目
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。