--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 11. 04  
昨日は、お天気がよければ軽登山をしようと思っていたのに、一日中雨でした。

夕方、ウォーキングに出かけた他は、本を読んだり、授業の予習をしたり、ピアノの練習をしたりして、おとなしく過ごしました。
ピアノは、モーツァルトの初期のソナタを中心に。
全楽章通して弾けるようになりたい…、先は長い!

ウォーキング中はシャドウイングの練習。
いつものように本屋に立ち寄る。
One Piece の新刊が出ている…息子へのおみやげ!
さらに見回していると、↓の本が…

___20131104112707dcb.jpg
守誠
『小学校で習った言葉 さか上がりを英語で言えますか?』
サンリオ


新聞広告でよく見かけていた本ですが、
「いいえ、言えません。何て言うの?」
と気になっていた本。
手に取りめくってみて「ええっ? これも知らないあれも知らない」の連続。
One Pieceと合わせて1000円以内の予算におさまるので、買いました。

朝の日本史の授業準備中、「これを英語で言うとどうなる?」を意識しながら勉強していました。

例えば
「日露戦争後になると、輸入綿糸を原料に輸入力織機による綿布の生産を大規模に行う工場も出現した。」
「禅宗寺院には禅の精神を体現する庭園が造られたが、竜安寺屋大徳寺大仙院などにある、水を用いず、砂と石を組合わせて象徴的な自然を表現した枯山水が代表的である。」
を英訳すると…?
もし、英文でこの説明がされていたら、間違いなく意味了解することができるけど、発信はできない。

…ほんと、困ったもんだ。

気合い入れて1年勉強して(1次に受かるのが先決ですが)、発信力を身につけなければ…。
と、つよくつよく思っていたところでした。

「英語的発想で構文できるように」は、シャドウイングで対応しますが、
語彙力や独特な言い回しは、上の本の他、次のようなテキストで勉強していくつもりです。
以下は既に持っていた本です。
これ以上増やさずに、これらをじっくりマスターしていく方針です。

__ 5
講談社インターナショナル編
『これを英語で言えますか?』
講談社パワー・イングリッシュ

1999年の版で、むか~し買ったものですが、短い説明文が有益。
最終章「日本の文化を英語でどこまで話せますか?」には、文例が載っているので、勉強になる。


__ 4
植田一三 
『発信型英語 スーパーボキャブラリービルディング』
ベレ出版

CDをiPodに取り込んで聞いています。
第3章と第4章が必須(他の章は、ま、しなくてもいいかな?)

__ 3
山口百々男・Steven Bates 
『和英 日本の文化・観光・歴史辞典』
三修社

きわめつけ! すごい辞典です。
読んでいるだけで楽しい…が、ちゃんと音読して、場合によっては視写もやろう。

「さか上がり」を何というか?
書いてもいいのかなぁ…新聞広告の枠内には書いていなかったから…。
これも、文脈内で読めば「さか上がり」とすぐにわかりますが、自分では思いつかなかったなぁ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
酒とバラの日々?
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
さか上がりを英語で言えますか?
ぶるっくさんこんばんわ。
お邪魔します。もっちーですv-205
僕にも読めそうな本を紹介してあったので早速Amazonでポチっと注文して貰いました。
またお邪魔させて頂きます。
おお、もっちーくん!
おばさんブログにようこそ!
コメントありがとうございました。
「早寝早起き元気なよい子」…じゃなくて「おばさん」をめざしているので、気付くの遅れてごめんなさい。

あの本は、「必死になって読む」というより、居間や食卓のそばに置いて、いつでもぱらぱらめくって「ふ~ん」と思う…という使い方がいいと思います。
ご家族で手にとって、「○○ってな~んだ?」なんてクイズごっこをすると、頭に刻みこまれると思いますよ。

ただし…、学校(=受験)の英語とは少し離れているので、あればっかりやっていてはだめですが。

私は、世間で評判のよくないいわゆる「受験英語」が不当に悪く言われているのに憤慨しています。
受験英語をしっかりやっておけば、将来、ビジネスであろうが研究であろうが、あらゆる分野で「おお、おぬし、できるな」と思われる英語力がつくと思っています。

いま、週に1回、英会話のレッスンに通っているのですが、お仲間の生徒さんたちは、それはそれはすごいレベルの英語力をお持ちです。
でも、彼らも、この単語集に載っている単語、ほとんど自分では言えないのではないかしら?
(ピザの「生地」がとっさに出てこなかった面々ですから…お母様ならすぐにおわかりでしょう!)

おもしろいレッスンがあって、例えば「さかあがり」なんて、ネイティブじゃないと知らないですよね。
そんな言葉を、「説明」「描写」によって、相手(ネイティブ)に理解させ、
"Oh, you mean back hip circle?" と言わせ、「ああ、それそれ」という運びにする、という作戦的会話術のお稽古をしています。

中学生の英語の勉強方法について、思っていることをそのうち、本文で書きますね!

また遊びにきてください。
お母様によろしくお伝えください!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。