--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 10. 24  
ご無沙汰いたしておりました。

学校行事で仕事が休みになったのを利用して、月初めに大阪の娘のアパートを根城に、国立国際美術館の『貴婦人と一角獣展』観覧を中心に関西小旅行をしてきました。

高校時代に読んだリルケの『マルテの手記』のあの貴婦人をこの目で観ることができようとは…、
感慨無量!!!

その旅行の携行本として、新書の
上野千鶴子著『女たちのサバイバル作戦』
を読み、自分の20代から今までの個人史と女性史をかさね合わせて振り返ることに。

本文を読み終わって、後書きを読んでいる時は、ちょうど京都→梅田の金曜夕方のラッシュ時でした。
満員電車の通路に立って読んだが、後書きの「こんな社会にした大人として謝罪したい」という旨が繰り返し出てきて、思わず涙が…。
2週間前に読んで、本は娘のアパートに置いてきたので、詳細な引用はできませんがm(_ _)m
おお、車内で涙ぐむとはハズカシ…
と、あわてて見回すと、終点梅田近くで空席あり、立っているのは私ばかりなり…席取り合戦にも参戦せず読みふけっていた!

上野千鶴子の著作は、大学卒業前後の『スカートの下の劇場』以来、つかず離れず読んできました。
シャープな切り口に「あったまいいなぁ」と陶酔しつつ、ときにその露悪趣味や毒舌に「いやだなぁ」とも思いながら…かれこれ30年も!
ちょっと前の(最近文庫になった)『ひとりの午後に』で感じた「ウエノ先生、優しいおばあちゃんに“妖怪変化”されようとしている…」をこの本でさらに強く感じました。

毒舌の根底にあるのは、社会学者としての「人間ひとりでは生きていけない(死んでいけない)」「連帯すべし!」という叫びだと思う。

帰宅後、続けて上野の
対談集『ニッポンが変わる 女が変える』
鼎談集『フェミニズムの時代を生きて』
を読了。
特に『ニッポンが…』は震災後の原発のことについて、「わたしも、でれ~っとしていられない」と触発された内容でした。
(意外と田中真紀子との対談が面白かった!マキコの「女の涙」の真実が今、解き明かされる!)

え~っと、この2週間何を考えていたか…ですが、
そもそも、ブログを始めたのは、タイトル通り、娘が家を出ることになり、反抗期真っ盛りの息子も遅かれ早かれ巣立って行く…五十路のおばさんの日常を記録し、これからの生き方をどうするか…、家族形態の過渡期にちょっと考えてみようと思ったからです。

ひとり暮らしを始めた娘が、大阪の安普請アパート(今回泊まってびっくり! 隣人のくしゃみまで聞こえる!)をそこそこ小綺麗に整え、自炊もちゃんとして、勉強もサークル活動もしっかりやっているのを見て、なんだかとっても安心しました。

そのタイミングで読んだウエノ先生。

ちょっと真面目に来し方行く末を考えてみようと、しばらくネットから離れておりました。

これという専門がなく「何でも屋」的に生きてきた私には、「この道一筋」のプロの人に対して劣等感があります。
しかし!
今回、ウエノ先生から、「百姓(ひゃくせい)としての生き方こそがこれからの時代の生き方である!」と勇気づけられました。
(上野千鶴子は、この概念を、これまた私の敬愛する歴史学者網野善彦から援用しています。)
米作りの他に、畑作や機織り、細工仕事、出かせぎでしたたかに生きてきた「百姓」。
メインの仕事(本業)がダメになっても、サブの仕事をいくつかして食べていくことができるような働き方。
言い換えれば、「マルティプルに生きる」ということかしら?
じつは、わが家は事実婚の別姓夫婦なので、互いに何事か起きたら一人で生きていかなければなりません。
今のところ、互いにギブ・アンド・テイクで暮らしているけれど、いざというときのための経済的自立と生活力の自立の覚悟が必要な関係です。

ということで、「じゃあ50代のうちに、もうちょっとがんばってマルティプルの幅を拡げようかしら…」と、いろいろ調べたりしておりました。

趣味としては、下手くそピアノを細々と続けていこう!
そして、もっとトシをとってからもできる仕事(食い扶持)のための勉強をしよう!

そんなことを考えていた2週間でした。
内容は、次稿でもう少し詳しく書きます!

「生活力の自立のために、もっとお料理をしましょう!」という夫の声が聞こえてきそう…(>_<)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
依存症脱却&「書くこと」の意味
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。