--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 10. 03  
水曜日、英会話のレッスンに行ってきました!

27年前、結婚して実家を出たのですが、夫は大学院生で実験に明け暮れほとんど帰宅せず。
夕食を一人で食べるのも虚しく…という状態でした。

「それなら、自炊(って新妻が言うかねぇ?)の日、外食の日と曜日を決めよう。」
外食の日を週2回として、その日は何かお稽古ごとをしよう…ということで、27年前に英会話教室に通い始めました。
2年くらい通ったかしら?

その教室で出会ったおじさまから「英検を一緒に受けよう。」と受検申し込み用紙を渡されたのが、その後2年間くらい本格的に英語を学ぶきっかけとなりました。

ということで、四半世紀ぶりの英会話教室!

楽しゅうございました。

10人のグループレッスン。
先生は、「やっと言語教育学(?)のPh.D.をフィニッシュしました」というカナダ出身の男性。
生徒は皆さんレベルの高い方々。
「日常生活での英会話には困らないけど、仕事で必要だからもっと上達したい。」という熱心なメンバーでした。

「テキストに載っている人物の一連の動作を説明しましょう」という課題で、ピザを焼いている料理人の絵がありました。

ピザの生地をのばして、ソース、「具」(野菜など…日本語がわからない…)を載せて…。

???
全員、「生地」とか「たね」に相当する単語がわからなかった!

言われてみれば、すぐにわかります。
会話の中で出てきたら「ピザの生地ね」と一発でわかるが、自分で言うとなるとでてこない。

そういう時にどうやって切り抜けるか?
そのものずばりの単語を知らなくても「説明」「描写」し、相手がネィティヴスピーカーだったら相手にその単語を言ってもらって会話をすすめる。

そういう意図のもとに作られたテキストのようで、ぱらぱらめくってみると楽しそうな課題満載。

毎週水曜日夜の90分間。
帰宅は10時過ぎになり、翌木曜日は早朝出勤なので、スケジュール的にはちょっとタイトなのですが、英語を話す機会がないので、レッスンでしっかり勉強します!

★「生地をのばす」はroll the dough
いやぁ、もう一生忘れませんね。

ところで、「生」という漢字は音・訓ともにいろいろな読み方がありますねぇ。

「生地」とかいて「きじ」と読める日本語話者のあなたも私もすごくない?

もし、私が日本語を一から勉強しなければならないなら、「生」の読み方だけで絶望的になるでしょう!

“Proust and the Squid” を読みながらそんなこと考えています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
日録6日分:かわりばえのしない日々
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
No title
いろんなことに積極的にチャレンジしてらっしゃるぶるっくさん、さぞや教養があって外面的にも内面的にも美しい女性なのでしょうね(憧)
洋書のブログのランキングにも参加してらっしゃるなんてすごいです、そんなランキングがあることさえ知らなかった。。。
英語(に限らず語学)の得意な人って本当にうらやましいです。

ところで私のブログにリンクを貼ってくださっていたのですね。ありがとうございます。
私のほうからもリンクお願いしてよろしいでしょうか。
わたしはしたわ
すみません、リンクフリーとあったので、勝手にしてしまっていました。
リンク、「わたしはしたわ」。だから「タワシはしたわ」でお願いします!

リコーダーの演奏聴きました。
タンギング、ロングトーンの保持など、とってもお上手!
腹式呼吸で腹筋を鍛えていらっしゃいますね!
ヘンデルは今からです!
楽しみ。

この度、すごい「ご縁」がありました。
私が所属して万年事務局をしている同業者の会の総会・懇親会で、私が通っていたパイプオルガンの会の先生の演奏をお願いすることができました。

同業者の一人がクリスチャンで、その方がその先生にお願いしてくださり、「あれまぁ、私はその先生のレクチャーずっと受けていましたよ」という“三角関係”がぐるっとつながりました。
本来なら、そういうマイナーな会で演奏していただくことはおそれおおくてできないようなオルガニストなのに…。

なんだかうれしい出会いでした。

じゃ、これからヘンデル聴きます!

No title
報告が遅れましたが、お言葉に甘えてリンクさせていただきました。

リコーダーの演奏は公開してから後悔しました(笑)
あまりにしろうっとぽいですもの。。。
ロングトーンは難しいですよね。よく聞くと音程がかなりぶれていて、「恥」の一字であります。もうちょっと、ぼろのでにくい曲にすればよかったかも。
運動嫌いなので(スポーツ観戦は好きです、自分で体を動かすのがダメ)腹筋体操などはしてませんが、オカリナもやってたし、聖歌隊の経験も少しあるので腹式呼吸は昔かなり練習しましたよ。

パイプオルガンの会!素敵ですね。
私がこれまで言った教会は、どこも賛美歌の伴奏はピアノで、パイプオルガンはおろか教会用のリードオルガンもなくてそれがちょっと残念です。
パイプオルガン・・・生涯に一度くらいは弾いてみたいなあ~♪
遅くなりました!
ちょっと遠出していたもので、ネットから離れておりました。
コメントありがとうございました!

リコーダー演奏、いえいえなかなかのピッチ保持、さすが腹式呼吸の訓練をなさっていたのですね!

じつは、娘が住んでいる大阪に「貴婦人と一角獣」のタピスリーを観にいっていました。
6枚のタピスリーのうち、「聴覚」の貴婦人がパイプオルガンの原型のようなものを弾いている図柄で、たいへん興味深かった!

どんな音楽を奏でていたのでしょうね?

各タピスリーの主題(隠された意図)などは、キリスト教的知識がないとよく理解できないものだとつくづく思いました。

信仰なさっている方には冒涜的・功利的に聞こえるかもしれませんが、キリスト教的教養はヨーロッパ文化の理解には不可欠…と深く思った観覧でした。

これからもどうぞよろしくお願いします。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。