--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 09. 01  
昨日は、バッハBefore & After のパイプオルガン演奏会&レクチャーの会でした。

バスで気軽に読める雑誌を…
とその前日、毎月行く大学生協書籍部でもらった岩波書店のPR誌『図書』を持参。

偶然でしょうが、「グールドとグルダ」をテーマにしたエッセイが2つ。

① 大江健三郎の「親密な手紙」という連載エッセイ。
タイトルは「グルダとグールド」。
“もうかなりの歳月がたっているけれど”の昔、子息の音楽家、光さんへの海外での仕事からのお土産に、日本では入手困難なCDを買うのが常であったが、当時光さんが大好きだったフリードリッヒ・グルダのCDを注文したら行き違いでグールドだった。

以下、抜粋。
「(光にとって)グルダはいまも最愛のピアニストに変わりないが、この時をきっかけに光はグレン・グールドを発見した。いまもこれを書く脇で、グールドのバッハをかけてくれている。私にはなんともいえないが、ピアノの音の美しさで、ダとドには同じ違いがある、と家内に話したそうである。」


② 青柳いづみこの「どこまでがドビュッシー?」という、これも連載エッセイ。


「カナダの鬼才にして伝説のピアニスト、グレン・グールドは1932年生まれ。バリバリのコンクール世代だったにもかかわらず、地元のコンクール以外には出場したことがない。」で始まるエッセイ。

青柳さんは、文章がお上手。
グールドより2歳年長のグルダと比較して、“ピアニストの戦略としてコンクールに出るべきか否か?”というテーマで面白い論考がなされています。

グールドはコンクールに出なかった。

以下抜粋。

「国際コンクールで優勝し、カーネギー・ホールでデビューするというオフィシャルな(?)出世図式をわざとはずしたのも、グールドの作戦のひとつだったろう。なぜなら、コンクールを受けるとショパンのエチュードを弾かなければならないから。ショパンのエチュードは、ファッション・モデルなら身長制限のようなもの、国際コンクール出場の必須条件なのだ。
……
名伯楽ゴルノスターエヴァは語る。
『偉大なバッハの解釈者グレン・グールドはショパンのエチュードを弾きはしなかった。もしグールドが今このコンクールに出場したとしたら、二次予選すら通過できたものかどうか…』」

その後、グールドのテンポ解釈について、たいへんたいへん面白い考察が展開されています!

この連載エッセイ、だいたい毎月ミスしないで読んでいるけれども、連載終了後に単行本化されるのが楽しみです。
こういうエクサイティングな文章は、まとめて一気に読みたいですよね!

台風の影響もなしに、パイプオルガンの演奏とレクチャーの会も開催されました。

今回のテーマは、バッハの系譜がフランスではどういうふうに継承されたか…「レガート奏法」について、というもので、これまた、たいへん興味深いレクチャーでした。

やはり、「言語と音楽」は深いつながりがあるということでした。
ここでまた、バッハを理解するにはドイツ語を勉強せねば…と月一定例の反省!

毎月、思いを新たにし、一か月何も取り組まず…の繰り返し(>_<)

今日はフランスへの伝承だったので、フランス語がたくさんでてきました。
先生のドイツ語もフランス語もたいへん美しい!!!

それで、基調演奏バッハ2曲に続き、フランク、ヴィエルヌ、メシアン、デュリュフレのオルガン曲を聴きました。

ほんと、この連続講義&演奏会に参加できたよかった…と毎回思うけれど、昨日は、フランクのオルガン曲を聴くことができたことが最大の収穫。

フランクの「コラール第二番ロ短調」。
美しい曲でした。

会の終了語は隣接するホテルで先生を囲んでの懇親会。
たいへん楽しゅうございました。

また来月も懇親会とセットとの由。
いまから楽しみ~(*^_^*)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
8月は運動不足…9月の目標
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。