--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 08. 22  
言うてもせんないことじゃが…、
あ・つ・い
ですね~!!!

先週土曜日からのお弁当作り、月・火の非常勤の夏季進学補習と、
お盆休みモードから日常モードに切り替わりました。

娘は火曜日早朝にサークルの合宿のためいったん大阪に戻りました。

夏休み中は、
昼からビール飲みながら高校野球を「まだら観戦」したり、
娘と身体を動かしに出かけたり、
DVDを観たり、
だらだら読書

をしておりました。

備忘のため、上記のことを記録しておきます。

あまりの暑さに日中は何もできなかったし、
プールに行ってもとても人が多くてゆっくり泳げなかった。
夕方、かろうじてウォーキングを数回。

あとは、娘と一緒に、ボルダリング・ジムに行ってきました。

近くの町に本格的なジムがあるのですが、辺鄙な場所なので車で娘を送ってやるついでに私もちょっとだけ体験…。

上手な人がすいすい登っているのを見て、
「私もやれそう」とおもって挑戦したのが大間違い!

足はどこに置いても自由だけど、手はそれぞれの「課題」が決まっています。
自分でやってみて愕然としたのが、「私は利き足に頼りすぎている」ということ。

両手と利き足でない左足は、割と気軽に移動できるのですが、利き足の右足を移動させようと思うと、怖くてできない…。

ボルダリングという不自然な環境で初めて、登山をしていて右膝が痛くなった理由を確認できたように思います。

練習している娘は、下手ながらも課題に何度も挑戦していました。
まず自身の無駄な脂肪を落として「軽量化」し、鍛えて腕と脚の筋肉をつけないとダメのようですね。

娘が登っている間、ヒマなので、他の人たちの観察をしていました。

途中で帰っていったけれど、クラブの練習会みたいなので小学生&母たちがたくさんいました。
身軽な子どもたちは、まるでおサルさんみたいに器用に登っていました。
コーチの男性は、ユーモアたっぷりにかつ安全管理にぬかりなく(子ども達を見る眼光の鋭かったこと!)指導されていて、見ていてとっても楽しかった。

その子たち、母たちが帰った後は、子連れ若夫婦、若者2人連れ×2組、私ら母娘、あとから来た青年一人、オーナー夫妻(彼らはすごい技術の持ち主らしい)にその友人…といったメンバー。

ボルダリングをしている人って、なんだかみんな感じいいなぁ。

明らかに「場違いオーラ」を全身から発しているおばさん(私のことよ)にも、あたたかい視線や微笑を送ってくれて、たいへん居心地のよい時間・空間でした。

私、運動音痴でスポーツ全般不得意なので、持久力で勝負のウォーキングや水泳、軽登山くらいしかできないのですが、それらのどのフィールドでも「達人」に出会えて、いろいろアドバイスしてもらえるのはありがたいことです。
それぞれのフィールドで一生懸命練習している若者たちは、本当にフレンドリーで親切で感じが好い人たちばかりということをこの頃よく感じます。

性差とか世代差ではなく個人差なのだろうけれど、プールで、山で、街で「私だけが正しいのよ!」と吼えているおじちゃんおばちゃんを見る度に、他山の石としている今日この頃でございます(^_^)v

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
NEXT Entry
夏休み記録2:映画5本
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。