--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 02. 10  
メモ3が2重投稿になっていてすみません。
消去したのですが…。

『ほろ苦教育劇場 コドモダマシ』
 パオロ・マッツァリーノ  春秋社


【動機】
昨日読んだ『学歴入門』を本棚の適当なところに納めようとして、見つけた。
数年前(奥付をみたら2008年9月初版第一刷)読んで、
笑いながら、うなずきながら読んだことを思い出したので、再読。

【いもづる】再読なので省略。
ただし、本の中の「理論派お父さんのためのブックガイド」たくさん紹介されている中で、
香西秀信「論より詭弁」は読んでみたいと思った。

【感想】
再読でも、またまた面白かった。
この文体は、サラリーマンNEOの“サラリーマン体操”近藤良平の口調で朗読するとよい!

著者の自称イタリア人マッツァリーノ氏は偽名で、覆面著者がいることは確かだが、
この、まっつぁんは、かつての自称ユダヤ人イザヤ・ベンダサンの「公然の秘密」のようには、
まだ、覆面ははがされはされていない(…と思う。最近のことは知りません)

4~5年前の本だが、最近(もちろん書かれた当時も)ホットな話題の
「体罰」「いじめ」「格差」「雇用」などの問題が父子のやりとりでおもしろく論じられている。

当時流行していた「百マス計算」「ゲーム脳」などに対するチクリも懐かしい。

体罰について、長くなるが、感心したので以下、引用。

「体罰は許されるっていう先生は、もし悪さをした生徒が、
市会議員や国会議員や教育委員の息子や娘だとしても、
ためらわずに殴れるのかな。
あるいは、もしヤクザの親分のこどもだったら?
そうとわかっていても、他の子と同じように公平に殴れるんだろうか。
それは絶対ムリだと思うな。
むしろ暴力をふるう人ほど、人間の上下関係に敏感だったりするからね」


中学受験の話から学歴の話になって…。

「山に登ったら、降りなきゃいけないだろ。
全力を尽くして頂上に登ったはいいが、
そこで体力を使い果たして死んじゃったら、元も子もないよな。
大学受験なんてのは、長い人生から見れば、
ちょっとした山登りに過ぎないんだよ。」


一つ前の記事の「男の子はバカだけど(だから)可愛い」という証拠をひとつ…。

P188の「新一年生の男の子の将来つきたい職業」の8位に、
TV・アニメキャラクターというのが!
声優とかヒーロー役の役者じゃなくて、「キャラクター」そのものですよ(>_<)

最後に…、「ごもっとも(T_T)」のフレーズを引用して締めとする!

「わかる、わかるよキミの気持ち。
そうだよねぇ。
こどものころはみんな感想文なんか書くのいやがってるんです。
そのクセ、オトナになると、頼まれもしないのに
ブログで本や映画の感想ばっかり書きたがるんだから、
わからない、わからないよブロガーの気持ち。


すんません。

*突発性難聴療養のため、これから24時間、断食ならぬ断ネットいたします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
NEXT Entry
♪電子ピアノ♪ お知恵拝借2
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。