--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 02. 09  
目や神経が疲れることはできないので、また大きな文字の「14歳の世渡り術」シリーズの本を読む。
薬を服用しているので、ビールも飲めない。
勉強できない・天気がいいのに運動できないというのは、残念という気持ちと同時に、
「ラッキー! まったりしよう」という気持ちもあるが、
ビールも飲めず、本も読めない、音楽(イヤホン)も聴かずに、まったりというのは…。
得意種目の“昼寝”という技があるが、あまり眠りすぎると、今度は夜寝付けなくなる。
やはり、健康第一ですね!


『学歴入門』 橘木俊詔 河出書房新社

【動機】「14歳の世渡り術」シリーズとのことで、自分の子どもを含む若い人たちに伝えるべきことを学べたらよいと思った。

【いもづるin】池上彰「「学び続ける力」、
苅谷剛彦「アメリカの大学・ニッポンの大学」「イギリスの大学・ニッポンの大学」、
吉川徹・中村高康「学歴・競争・人生 10代のいま知っておくべきこと」、
ピエール・ブルデュー「遺産相続者たち」「再生産」、
池田潔「自由と規律」 など

【いもづるout】本田由紀の著作(新書レベル)

【感想】同じ10代の子どもたちに向けて書かれた吉川・中村の著作と併せて読むとわかりやすい。
一言でいえば、「たかが学歴、されど学歴」をいろいろな事象(数的データはほとんど無し)を提示して論じている。
“たかが”は、東大卒業生の地位の低落化傾向、企業に入ってからは学歴(学校歴)よりも実力主義、など
“されど”は、大卒と非大卒では所得に差が出る、 など

まあ、常識の範囲内の論。
大学教育について、本田由紀らの「実社会で即役に立つ実学をさせるべし」と猪木武徳のリベラルアーツ(教養)中心主義とが対比され、
著者は前者の立場を支持している。(アリストテレスを知っていてもグラフが作れなければ×)

私は、これについては、明確にどちらの立場と言い切れないが、
最近読んだ同じく若い人に向けて書かれた池上彰の「学び続ける力」には、今すぐに役に立たないことこそ勉強すべきであると主張されていた。
まあ、バランスの問題でしょうね。
東大や京大の英語長文の過去問など見ていると、
アリストテレスやルソー(橘木が出している象徴としての例です)を知っていると読解しやすいという問題がある。(入試は“入り口”ですけどね)

福沢諭吉の「天は人の上に人をつくらず…」は、
「人間は生まれながらに平等である」という合衆国独立宣言からの引用が主眼ではなくて、
その後の「貧富や出身など現実の不平等を学問だけが超克することができる」ということが言いたかったのだ、
ということがよく見落とされていると思う。
やはり、状況が許すなら、大学教育以上の高等教育は受けておいたほうがよいことは確かである。
そして橘木は格差に関する他の著書でも、“状況が許すなら”というのが今日の日本では許されない階層が出てきていることを指摘している。これには同意。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
NEXT Entry
更年期vs思春期 ホルモンアンバランス対決
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
おはようございます。
「たかが学歴、されど学歴」は、社会のいろいろな場面で実感しますね!

読書できない、ビール飲めない、運動できない…は辛いですね~

私は以前、眼精疲労から来る重症の頭痛や不眠症で生きていくのも辛いほどでした。

ある本で疲れ目を回復させる目の運動として紹介されていた「オープンフォーカス」…右の眼球は思い切り右に、左の眼球は思い切り左に動かす(同時に)動きを中心に、

目の運動を数ヶ月間続けてみたら、頭痛も不眠症も消えて、なんと高校生の体力に戻りました。

これは私個人の経験なので、ご参考までに…

コメント欄は細かいです。お返事等、気になさらないで下さい。お大事に…
No title
ミモザさま、

コメントありがとうございました!

お気遣いありがとうございます。

オープンフォーカス試してみますね。
今、ちょっとやってみたけど、難しそうです。

焦点を「近視用」「遠視・老眼用」と2通りに合わせる(…というかわざとはずす)、
“マジカルアイ”みたいな感じかしら?


目や耳や頭痛は微妙に連関しあっていて、
難聴の原因は特定しにくい、ウィルス説もある、ということです。

オープンフォーカスで視神経を刺激するといいかも。

ご主人さまのヴィトン話に大笑いし、
「タクも負けておりませんですことよ」と
つい、長文で失礼しました!

パソコンの使用時間はここ数日制限するようにします!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。