--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 06. 15  
パイプオルガンの夕べ:バッハ ビフォア&アフター 講義&演奏会に行ってきました。

今日は、音楽の始まりについての文化人類学的なお話もあり、たいへんおもしろかった。

エスキモーの諸部族のうち、家族単位で小魚の漁で生計をたてている部族のメンバーは手をたたいて拍子をとるとか、声を合わせて歌うということができない。
数家族が協同して大型の海獣を狩猟するような部族のメンバーでは「合唱」ができる。

音楽の始まりは「歌」。
最初は「歌」と「歌」の輪唱→多声音楽。
次第に「歌」と「伴奏」に。

講師の先生が「かえるの合唱」をオルガンでフーガ風に即興演奏されたのはすごかった!

17世紀の北ドイツ・オランダのほとんどすべてのオルガニストの師だったヤン・ピータースゾン・スウェーリンクの話。

バッハが青年期にその演奏を聴くために徒歩で(とんでもなく長距離!)旅して訪ねたというディートリヒ・ブクステフーデの話。

天才的で、長生きしていればバッハ以上に名曲をたくさん残していたかもしれない夭折したニコラス・ブルーンスの話。

それにバッハ

バッハの3声のシンフォニアの一番弾きやすい曲で難儀している私…、でも今日のレクチャーで、各声部をクリアに意識しながら曲をまとめていくことに意欲を感じました。

練習がんばろう!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
歯が痛くて…停滞の一日
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。