--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 06. 13  
木曜日は洗濯物を干して朝6時半には家を出るので、お弁当は作らず、息子は「学食デー」ということにしています。

水筒を渡した時、息子がぼそっと「○○大の試験科目は歴史と英語。英語がんばらないかん。」と話し始め、自分から「英語教えて下さい」と申し出ました。
朝の、1分をあらそうような慌ただしいときに言い出したのは、くどくど“付帯説教”をされないための作戦か?

息子は高校入学以来、英語の勉強をずっとサボっていたので、志望校レベルの英語に到達するには相当の覚悟が必要。

ということで、今日から毎日、息子の英語の勉強のペースメイカーをすることにしました。
学校指定の単語集(ターゲット1900)を毎日2ページずつ(例文も)、
音読・暗誦を聞いてやること、
文法の確認的質問をすること、
単数⇔複数、能動⇔受動、主語を入れ替えて、時制を変えてなどの“変奏”をさせること、など。
当面の使用教材は、ターゲット1900と安河内哲也の『英文法レベル別問題集』の3。
ゆくゆくは、センターや志望校の過去問を越えて、彼が好きな歴史や経済に関する本を読んでいけたらいいなぁ。

やっと、その気になったか!

…と思っていたら、娘から電話。
「今日もイングリッシュ・カフェ(留学生と英語でおしゃべりするゆるやかな会)に行ったけど、思っていることを英語で言うことが全くできない!お母さんと電話で話すときは英語にしてもいい?」と。
さっそく、人に聞かれたら「うぷぷっ」と笑われそうな親子英語電話会話をしました。
(日本語混入率10%程度のヘンテコ英会話)

娘と息子から独立にそれぞれ「英語力が足りない! 勉強するから協力して。」という要請あり。

今日は、何という日なんだ?

他に、仕事関係でも英語が必要なことが出来したし…。

Synchronicity というものでしょうかねぇ…。

息子の暗誦のできをチェックできるように、私も今更ながらですが、ターゲット1900の例文を暗記することにしました。

まだまだ、洟垂れ小僧には負けんぞ…っていうか、ボケ防止のためにも、という心意気で、普段あまり使ってない脳味噌の部分を活性化させましょう。

今日は、朝の定番エクササイズから歩くことに関しても、な~んにも運動しない怠慢な一日でした。
まぁ、こんな日があってもよかろう…。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
教育ママですが…何か?
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
No title
いいですね~親子で英語で会話☆
10%日本語混じりって…素晴らしい!

うちの場合、夫は日本語を喋りたくてたまらないのですが、
私の英語のために渋々英語で喋ってくれます。
でも私は都合のいい時(喧嘩など…)は、もちろんサッと日本語に変えますよ~笑

息子がいる時はいつも日本語です。私は英語で喋りたいのですが、
息子は「日本語を喋れる人とは絶対英語で喋らん。」と頑固です。(夫は喜び、私は不満)

子供の友人ですが、日本在住の日本人家庭で育ったのに、
お父さんがいつも英語で話しかけていたので、英語がぺらぺらという人を知っています。

私も洟垂れ小僧に負けてられへん…
英語帝国主義には屈しない!…しかし、
ミモザファミリーの言語状況、楽しそう!
どうぞ、思いっきり日本語で「ばかやろー」と叫んでくださいませ。

私と電話で話した後、横で聞いていた夫が「?」という顔をしたので、娘からのリクエストを教えました。
すると、今度は夫が娘に電話をして、ぺらんこぺらんこ英語でしゃべっていましたよ!
く、くやし~い!

夫は中高一貫のミッションスクールでアメリカ人の神父様の先生に徹底的に英語を鍛えられた(ESS部)し、
昔からロックが大好きでたくさん聞いてきたこともあり、
英語に関しては全く苦労しないで、聞く話す読む書くができます。
「聞く」だけがちょっと弱くて私の方ができるかな?

そんな夫と長年つきあっているので(おお、30年以上になる!)、
「ふん、英語ができる? それがどうした、なんぼのもんじゃい?」というスタンスを常に堅持できる環境におります(^_-)

楽天やユニクロで社内公用語が英語になった…なんていう話を聞くと、
「なんで日本人同士で英語しゃべるの?あほかいな?」と思っていたのですが、
外国人社員の採用がとても多いし、今後もその比率を高めていくとのことらしいですね。

背に腹は代えられない…若い諸君、英語がんばらねば…ですね。
娘は留学を考えていますし、息子は文系で、英語をがんばらないとまず大学に入れない。

単語集の習熟方法については、この記事を書いたあとに考え直して、
別の方法をとることにしました。
単語をフレーズの中で覚えるというのは良い方法ですが、そのためには他の単語集の方がよくできているし、
whole phrase での例文暗記も別のテキストを使った方がよいと思ったからです。
ターゲットというのは、その点「帯に短したすきに長し」的なので。

英語学習について、いろいろ教えてくださいませね!



Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。