--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 02. 08  
タイトルは、私の敬愛するピアニスト/ブロガー、LLganzoさまの文体を真似たものです!
(LLganzoさまより真似っこ許諾済み m(_ _)m )

こちらが客なのに、
「あの、えと、ちょっと見てるだけです。この場にいることをお許しください。」と、
なんだか気後れする売り場ってありません?
私の場合は、

1位 楽器店の楽譜売り場
2位 ワイン専門店
3位 登山道具店
4位 スポーツ用品店 ランニングシューズ売り場
5位 書店 洋書売り場

ワイン、好きだけど、フルボディだのライトボディだの言われても、ワタクシわからんって。
これが不思議と、同じく知らない専門用語で迫られても日本酒売り場や焼酎売り場では、
素直に「え?それなんですか? へ~、なるほど」と平気でいられる。
日本語だからね。

ランニンググッズコーナーでは、いかにも“ランナー”、“走り込んでマスっ”という人が、
店員さんとシューズについて話していたら、そろ~っと逃げ出したくなる。
だって、ワタクシ、主観的には走ってるんだけど、傍目にはよたついているとしか見えないレベルだから。

登山道具専門店は、「どのくらいの山に?」とか「何泊で?」とか最初に聞かれたとき面食らった!
「私は、北アルプスに登ることを期待されているのだろうか?」なんて危惧しましたが、
店員さんと仲良しになってからは、気後れ感を克服しました。
相手は登山のプロなので、初心者は気後れするのだけど、親切な店員さんが多いですよね。
安全性で譲れないときなど、しっかり「それは間違っています」と指摘してくれるのも頼もしい。
なにせ、命がかかっているから。

そいで、本題は…。

楽譜売り場です。
ピアノの先生がお弟子さん用のテキストを物色していたり、
ピアノ専攻の学生とおぼしきお嬢様が分厚いテキストをテーブルに広げて読み込んでいたり、
吹奏楽オタク的高校生グループがうんちくを語っていたり。

私は、弾けないけど楽譜見ながらCDを聴くのが好きで、超絶技巧レベルの曲集を買いたいときもあります。
でも、上記のような人たちに囲まれていると、自分が、すごくできるヤツに見られているんじゃないか…、
なんてどぎまぎしてしまう。
欲しい曲集を手にもっているときや、支払いをするときも、裏向きにしてタイトルがわからないようにして…。
まるでエロ本を買う気分(買ったことありませんけど…)。

そんな時、仕事帰りのサラリーマンふうのおじ様なんかが
「ハ調で弾く名曲集」的なテキストを手にしているのをみると、
つい、ほほえみかけて握手でもしたくなる(変質者おばさんですな)。

洋書売り場は、最近あまり行かないけど、
品の良い読書好きそうな外国人の老夫婦が、ひそひそと話しながら、小説の品評なんかしているのは、
会話の内容を盗み聞きしたくもあり、ランニングシューズ売り場同様、退場したくもあり…。
べつに怖くもなんともないんだけど、
初めて洋書を買ったときのハラハラドキドキの乙女の気持ちを無意識に思いだしているのかもしれません。
この切ない思い出話はまたいつか…。

でも、五十路を越えて、ワタクシ思うの。 (と突然LLganzoさまがのりうつる)
ワタクシに話しかけるんぢゃないわよ!
ワタクシはただ、ぢっくりショパン様の楽譜を吟味したいだけなの。

…と開き直れるようになりました。
歳を取るのもおつなもんですな(^^)/
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
NEXT Entry
読了メモ3 「泥酔懺悔」
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
ぶるっく様
話しかけてもよろしいでしょうか?笑

記事を拝読して、「しばらくこんな時間を過ごしたことがないな~。」と思いました。ここ何ヶ月間か食料品で足早に買い物する以外は、インターネットでほとんどの買い物を済ましています。

お店でゆっくり品物を見たり、店員さんと話したりするのは、ちょっとした贅沢なひと時ですね~☆ハ長調の楽譜を手にするようなお客様ウォッチングも^^…私もそのレベルなのですが、、

コメントのお返事、拝読しました。いろいろとお気遣いありがとうございます。以前はコメント欄を設けていたのですが、勉強に本腰を入れるようになってから、時間の関係でコメントを受けつけない設定にしてあります。会員同士だとメッセージを頂くことが出来ますが、お手数をおかけするし、もし良ければこれからも時々こちらへお邪魔させてください。
No title
ミモザ様

コメントありがとうございました!

ルイ・ヴィトンの傘を10本ご注文なさるような方の奥方様は、
気後れするお店などありますまい!!
ご主人様のヴィトン話、笑ってしまいました。

ミモザ家とわが家は似たもの同士かも…。

娘がリッチなおうちのお嬢様の集まる私立中学をお試し受験したとき、
付き添いの母たちがほとんど型で押したように、
同じ模様?のバッグを持っていて、
それを見た娘が不安げに、
「お母さん、あれ学校指定のバッグじゃない? お母さんのは違うけど違反になるんじゃない?」
と申しました。
娘に言われて初めて気づき、私も同様に一抹の不安を…。
同じ模様とは、バーバリーとコーチでした。

あとでこの話を友人にしたら、
「まあ、受験は“質素”とか“質実”をアピールするためにバーバリーかコーチが常識なのよ。
まさか、あなたヴィトンとかシャネルとか持っていったんじゃないでしょうね?」
とあきれられました。

おお、のー! 
「まさか」はまっさかさまの「まさか」でした。
私はヴィトン、シャネルはおろか、バーバリーもコーチも持っていません!

試験中、保護者は講堂で待機のこと、とあったので、
私は、確定申告の書類の整理をしよう、
講堂はキンキンに冷えるだろうから、夫の犬の散歩用スタジアムコート(泥はねつき)を着て、
下には厚手のセーターを着込んで行こう、
と親子で見てくれより防寒優先で出陣しました。

がーん!!
講堂は暖房完備、座席は階段式で、
下から入る入場者は衆目にさらされることに。

書類の入った紙袋を下げぶくぶく着ぶくれたホームレス・バッグ・レイディーもどきは私だけ、
皆様、それはそれはお高そうなスーツをお召しになっていました!

最新記事を拝読して、記事中の数字をこちょこちょ計算したら、
どうもミモザ様と私は同級生のような…。
猪突猛進ですか?

メッセージの件、了解しました。
どうぞ、今後とも、よろしくお願いします!

No title
こんばんは♪
ご紹介に預かりましたLLganzoでございます。

ワタクシは買うつもりがないときは、
『ワタクシに話しかけるんぢゃないわよ!』オーラを出す事にしているわ。
非常に感じが悪いようで、誰ひとり寄り付かないわ。

買う気満々の時は、
初めから店員さんを捕まえるわ。
でも、注意が必要なのよ。
特に、楽器店は。
『おたく、ヲタクのなの?』というくらいの情報量を持つ店員さんを
つかまえてしまうと、
話に引きずりこまれて、本来の目的を忘れてしまう場合があるのよ。

私も最近は、楽ちんなネットで通販してますけど、
たまに外でのお買い物も、いろんな人が居て面白いわ♪
No title
LLganzoさま

お願いでは「一行だけ真似させてください」としていたのに、
書き進むうち、ganzo オーラがネットを通じてのりうつり、
ワタクシを連発しておりました。

確かに、“カリスマ店員”は客との距離の取り方が絶妙で、
つかず離れずで、いろいろ教えてくれますよね。

ganzoさまに、店員の持つ有用情報を引き出す“なにか”(魅力?魔力?)があるのだと思いますよ!

コメントありがとうございました!

紳士淑女の会のご盛会をお祈りしております。


Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。