--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 06. 02  
6月2日(日)
未明から霧雨。

息子は、部活トレイニングで早朝出発だが、昨晩準備せずに寝てしまったので、朝、ザック等の準備で慌てていた。
雨対策のザックカバーや撥水スプレーなど、母が「はい、これこれ」と出してやった。

はたまた、登山用ソックスが見あたらないと大騒ぎ、私も代用にと夫のソックスを…と探したが、おとんのソックスは先週大会で使ったらしい。
じゃ、なんでそれが今ないの? 
ううーっ、部室に放置している?
…発酵して臭うなっとっちゃないとぉ?!(←博多弁)

急遽、同級生のメンバーに「僕が君に貸しとった予備ソックスを持って来て~」と電話していた。
今日のところは、母が世話を焼いてやったけど、もうちょっと自立した山男になれっつーの!

今日は、8時からの町内一斉道路清掃の日。
雨で中止にならないかなぁ…と、夫の期待もむなしく、小雨決行!
おとっつあん、ビニル製雨合羽を着て、家の前の溝掃除。
その間、私は洗濯や掃除など。

① エクササイズ
*息子の出発前のスッタモンダを横目で見ながら優雅にお白湯をちびちび。

*息子を送り出したあと、いつもの定番コース
ヨガ風ストレッチ→太陽礼拝×4→スロトレ準備体操→leg raise 10回×3

*夕方歩いてスポーツジム往復 13500歩 
昨日は3000歩だったので、今日は多めにと思ったが、6月の2日目にして、すでに赤字。

*プールで1000メートル クロールと背泳を半分ずつ。

*サウナで汗を流す…PM2.5の毒気を汗で流す「蝦蟇の油」をイメージしながら。
ゲロゲロゲッゲッゲッ。

② ピアノ
ハノン&ツェルニーの基礎練習を30分くらい。
バッハとモーツアルトの主に右手の練習で45分くらい。
先週のレッスンをキャンセルしたのに、練習進まず。
明日の朝、集中して練習しよう(部活練習でへろへろになって帰ってきた息子が9時に寝てしまった→ピアノ弾けず)。

③ 単語帳
Isak Dinesen の Out of Africa を読む。
初めは辞書なしで読んでいたが、途中で「このままでは私は伸びない!」と殊勝に反省したので、ほぼ類推できる単語も逐一辞書を引くことにした。

本日の収穫
culinary 料理場の
cauldron (魔女が使うような)大釜
maizecobs  トウモロコシの穂先
conflagration 大火災
benefaction 慈善
shamba (アフリカの)自作農地
apparition 突然の出現
pregnant 含意のある 妊娠と思ったら大間違い!
repentance 後悔・悔い改め
wry  とまどった、しかめ面の
contrition 悔恨
catechize (教理問答で)問い詰める
dispensation 特別許可 特免状
swarm 群れをなして来る
scruples 良心のとがめ

④ うれしかったこと
昨日、娘が息子に手紙をくれた。母のアドレスに添付でくれたのだが、プリントして息子に渡したら嬉しそうに読んでいた。
内容は、
「部活の好成績おめでとう。大学の先輩や友だちに話したらみんなすごいと感心していた。勉強がんばれ。姉ちゃんの2浪の痛い経験から勉強法のアドバイスを。歴史(日本史・世界史)と政治や経済、時事問題は姉ちゃん君にかなわないよ、数学は…、英語は…etc.」

ありがと、お姉ちゃん。

息子よ、君も大人になって、100%君の味方である親や姉のアドバイスを素直に聴けるようになったようだね!
きっと、これからずんずん伸びて行くよ、君は。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
レッスンメモ&「それってKindle!」
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
No title
フフフ…息子君、大人になってそうで、まだまだなんですね☆でも口に出されなくても、ぶるっくさんに感謝されていることでしょうね!子供が困った時にさりげなく助けてやれる母は「偉大なり」ですね。

お姉ちゃんのアドバイス、素晴らしいです!息子さんの時期だと、親の言うことより、きょうだいや友達の言うことのほうが耳に入って来やすいこともあるので、お姉ちゃんの助言の効果は絶大だと思いますよ~。

私は自分で受験勉強の方法などがわからなかったし、子供達を養うのに必死で時間的にも精神的にも余裕が無くて…息子の中学、高校時代、勉強についてはほとんど助言してやれませんでした。よく言えばあっさり(し過ぎ?)なのですが、人より大分遅れて大学に入った息子はそれなりに苦労もし、「昔、お母さんがもっと勉強の大切さや高校選び等、アドバイスしてくれれば良かった。」なんて、言うことがあります。(私の中では「聞こうとしなかったのは、誰よ?」みたいな反論が少々ありますが…^^)でも他の事では、年を追うごとに私に対する尊敬と感謝みたいなもの(?)を感じるようになりました。
ほんと、そうなんです。
子どもと思ったら大人だった、大人と思ったらやっぱりまだ子どもだった…の繰り返しの日々です。

娘の手紙はmoving でした。
不得意科目をついに克服できずセンター試験で大失敗した生々しい痛みからのアドバイスで、決して「上から目線」ではなく、弟の心情に寄り添った内容でした。
彼女はもう、ほんとに大人です…親バカですが…何か?(^_-)

親子関係って山あり谷ありですけど、振り返ればすべて麗しい思い出になるのかも…。

息子の巣立ちまで、まだちょっとですが、これからも壮絶バトルを繰り返しながら「仲良く喧嘩して」いきます!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。