--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 05. 19  
人生4年さんの記事に刺激されて、書棚の奧の奧(古いペーパーバックは横に倒して奧と手前の2重に積み重ねている)から古い本を引っ張り出しました。
Katherine Mansfield の短編集
The Garden Party 

1986年のコンサートの半券をしおりにしており、その頃に読んだものと思われます。
内容はすっかり忘れてしまった。

ただ、後年、斎藤兆史の『英語達人読本 音読で味わう最高の英文』のなかで、短編のThe Garden Partyの一節がとりあげられているのを読み、朗読CDも聴いたとき(これも10年近く前)、「ああ、こんな文章を書く作家だったなぁ」とうっすら思い出したことでした。

Mansfield の文体は独特で美しい…というような批評、推薦はその後も何度か目にしたことがあります。

なつかしく、また読んでみたくなり、ぱらぱらめくって、いろいろな発見が…。

まず、序文を W.E. Williams が書いている。
Williamsとはペンギンブックスの編集長格の人物だそうですが、彼によると、Mansfieldにはチェホフの影響が強くみられるとのこと。
たくさん読んだ訳ではないけれど、私もチェホフの全集(時々村上作品に出てくる黒い表紙・赤い背の…村上は「シベリア紀行」を旅行のお伴にしてるようです)を持っていて、かれこれ30年近く、ぽつぽつ読んでいます。

Mansfieldを読んだ時にはチェホフとの共通性なんて気づきもしなかったけれど、Mansfieldを面白いと思って読んだ“私の側の事情”にチェホフ好きということがあったかもしれない。

1作目のAt the Bay を読み出してびっくり!

知らない単語、または辞書で引いた単語にアンダーラインを引いているのですが、それが、以下のような単語です。
すごい量になるので1ページ目の分だけ列記します。

smothered
paddocks
dunes
reddish
dew
fluffy
toi-toi
limp
stalks
nasturtium

うひゃあ!!こんな単語も知らなかったの?
上のリストで、現在わからない単語はtoi-toiのみ。ニュージーランド産のイネ科の植物らしい←知らんでも許されましょう…。

当時私は27歳で、結婚した頃です。
夫は大学院生だったので、連日深夜までの実験や生活費稼ぎのお泊まりバイトなどですれ違いの毎日。
私も仕事が忙しく疲れて一日を終え、帰って一人分の食事を作るのも面倒。
勤め帰りにおいしい家庭料理を出す定食屋に寄って夕食を済ませていました。
それから家に帰っても誰もいないし…と、英会話スクールに行くことを思いつき、週に2回のグループレッスンを受けました。

その受講生仲間に、東大卒で放送局を定年退職されたというおじさまがいらっしゃって親しくなり、「何のために英語を勉強するか」など、その人生の大先輩からいろいろ教わりました。

そのおじさまが、ある日「ほい、これ。あなたの分ももらってきた。」と英検準1級の申込書を私にくださいました。

ほれ君もと 願書をもらった あの日こそ 
あなたとわたしの 英検記念日 
(俵万智もどき)


それから、お互い良きライバルとして一緒に勉強して英検を受験しました。
ふたりとも準1級は一発合格でしたが、1級になると…。
準備勉強をしてからと、しばらく受験はしませんでした。

その後、私は高校教員の勤めを辞め、一日中英語だけを使用するという新しい職場に就職しました。
その頃から「この英語オンリーの環境を活かさない手はない」と1級受験に挑戦し始めました。

3度目の正直でやっと一次合格。
一次と二次の間に出産したので、泣く泣く最初の二次はパス。
有効2回目の二次で合格しました。33歳の誕生日の直後くらいだったかな?(11月だった?)

あのおじさまが、「勉強するなら何か目標をもって!」と英検受験をすすめてくれなかったら、真剣に英語を勉強しようとも思わなかったでしょう。
ということは、上記レベルの単語も知らない状態から進歩しなかったということ…。

とはいえ、その後はあまり真面目に勉強続けていませんから、英検1級の「ご賞味期限」は切れていると思います(-_-)

人との出会いって大切ですねぇ!
ポジティブな方向に進むよう背中を押してくれる先輩に恵まれました。


そろそろ、私がそういう役回りを果たすべき年頃ですね…。

…ということで、「読みかけの本から片付ける」という誓いを、もうさっさと破って、これからMansfieldを再読してみよ-ぅ!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
プチ断食&水泳 いい感じ!
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。