--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 04. 28  
“Leaf Magic and Five Other Favorites”
Margaret Mahy

洋書村ブロガーの人生4年さんと、英語学習における絵本や児童書の位置について意見交換したあと、家にある本の整理をしていて見つけた本。
読んだ記憶がない…読んだかもしれないが内容をすっかり忘れている…ので読み始めた。
短編6つであっという間に読むことができる。

意見交換の内容:
(優れた絵本や児童文学のすばらしさ、価値を認めた上で)
英語の勉強のために絵本や児童文学を読むのは学習の方便としていいかもしれないが、ずっとそこに留まっているのは如何なものか?

【感想】
児童文学といっても対象年齢でいろいろな段階があると思う。
この本はヤング・アダルトよりちょっと下の年齢層対象か?

一つのフレーズが短く言葉も平易で読みやすい。
その上、「お話」として非常にすぐれている掌編集。
強いて各編に通底するテーマを挙げるなら「人を外見で判断してはならない」「生きる喜びは小さなことに宿っている」というあたりか。

【英語学習に関連して】
英語話者とっては簡単な単語だけど、学習者にとって難しい、という類の単語が少なく、ストーリーに惹かれてずんずん読み進める素材としては適当な本だと思う。

以下は辞書で引いた語
bib よだれかけ 知らなかった!でも文脈から推測可能。

nook 人里離れた所 ほほー。

set 形容詞 断固とした 形容詞でこんな用法があるとは!

“故意のbig word”として出てくる seismological  地震学の 覚えとこう! 

あと、
It hesitated on the threshold of the cabin and then came in.と、よく目にするthreshold 「出発点」「閾値」が児童文学ならではの(?)原義「敷居」で出てきたのが、なるほどね!でした。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
牽強付会? 登山とSociological Imagination
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
No title
> bib よだれかけ
オーバーオールの「胸当て」という意味もありますね。今年読んだ「Where The Red Fern Grows」に出てきました。

> nook 人里離れた所
every nook and cranny/cornerが隅から隅まで(Heidi、ハイジ)。

> 児童文学ならではの(?)原義「敷居」で出てきた
A Christmas Carolでも敷居という意味で使われていました。

> 生きる喜びは小さなことに宿る
大切なことですね。
辞書引きは大事!
さすが、「見苦しいほどに辞書を引く」と自称されている人生4年さん、すでに上記単語、ご存じで、しかも初見の出典まで覚えていらっしゃる!

ふだんだったら、辞書を引かずにおよそのことを文脈から推測するレベルの児童書ですが、今回は人生4年さんを意識して、逐一引いてみました。

やっぱり、辞書を引くことは大切ですね。
それに一度引いた上記の単語、(たぶん)二度と忘れないでしょう。

今日から、Kokoro開始します。
丁寧に読んでみようと思っているので、お約束の日時に遅れるかもしれません…。
その節はまた連絡しますのでご容赦ください!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。