--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 04. 21  
ビールの話ではありません!

カルチャーセンターの「バッハ before & after オルガン音楽の愉しみ方」を受講・鑑賞してきました。
場所はホテル日航福岡のチャペル。

最初の30分間はちいさな部屋でレクチャー。
講師のオルガン奏者、池田泉先生が入院中とのことで事前に収録された映像での解説でした。
パイプオルガンの構造や音が出るしくみの説明、本日演奏曲目の解説がありました。

次にチャペルに移動して、池田先生のお弟子さんたち3人によるオルガン演奏。

私は、パイプオルガンの演奏を聴くのは初めてです。

1曲目はバッハの「トッカータとフーガ ニ短調」
頭上から音が降りそそぎ、木製のベンチを通じて背中に、床から足に振動が伝わります。
音楽を全身で聴くという感じです。
今まで体験したことのない感覚です。
ロックのコンサートの大音量のるつぼに全身をひたしたことはありますが、電気機器を通過して変換された音とは違う、「生!」の感じ。

2曲目もバッハの「小フーガ ト短調」
じつはこの曲は、数年前、ピアノの発表会で夫と4手で演奏したことがあり、各声部の流れが一応頭に入っていたのでとっても注意深く聴くことができました。
ピアノ弾きの物理学者さんが、「コンサートに行く前に曲の予習をすべきかせざるべきか」と“はむれっとられて”いましたが、暗譜するくらい予習していくのもいいものだと思ったことでした。
それで、なおさらのこと、2つの頭と4本の手で弾いたのをどうやって1つの頭2本の手+2本の足で弾くんだろう?とオルガニストのすごさが実感できました。

3曲目はクープランのミサより「キリエ」
5つの曲を聴きましたが、音色がいろいろ変化しておもしろく、旋律も美しかった。
音色を変えるための「ストップ」という棒も操作せねばならず、ほんと「奏者の頭の中はどうなってるの?」と思ってしまいます。

最後はリストの「バッハの名によるプレリュードとフーガ」B-A-C-Hがモチーフの曲。
(ブログ村の私のプロフィール写真は、リストさんのこの発想をパクったもの)
この曲こそが、本物のパイプオルガンで聴く効果が大きかった。
いくつもの音の重なりが大音量で降ってくる…。
大迫力でした。
それまで普通の姿勢、またはややうつむき加減で聴いていたのですが、この曲の途中でふと頭上を見上げると、音が違って聞こえました。
耳朶が上向きになって、音の波に対する感受性が変わったのだと思います。
キリスト教世界では「祈り」はうつむいてするのではなく見上げてするのではないか…なんて考えたり。

パイプオルガンの生演奏を聴いて、つくづく「レコードやCD、テレビで聴く、変換された音はうそもんじゃぁ!」「イヤホンで耳の中だけで聴くのは所詮、イミテーション」と感じました。
初めての体験で聞き慣れた複製音とのギャップが大きくて、強くそう感じたのかもしれないが、じつは、パイプオルガンに限らず、複製音ばかり聴いているのは、どこかちがうんじゃない?

名演奏家の名演奏を複製音で聴くのもよいが、やっぱり、生の演奏をその場で聴くということは、すばらしい体験。
このチャペルでも、コンサートが催されているので、これから機会を作って聴きにいこう!と思った夕べでした。

今日は楽器の説明が主だったけれど、次回からは、退院された池田先生からバッハ時代の楽曲の解説があり、楽しみです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
『歩けば歩くほど人は若返る』読了メモ
NEW Topics
映画「小さいおうち」
マッスル・リーディング?!
文化資本を超える高貴さ…3つの映画
息子英語特訓~その後
その後の息子…やれやれ
Comment
コンサートって良いですね♪
御無沙汰してます。

多忙な毎日を送っているのですが、時間を見つけてはピアノの練習をしていますが、なかなか他の人のブログをチェックする時間が取れず、コメントも出来ず…。今夜は、ようやく少し落ち着いたのでコメント書きにきました。

完璧、ビールの話だと思っていました(笑)

私もコンサート好きです。と言っても、ほとんど経験ありませんが(昔はよくロックのコンサートに行っていましたが…)。そして、行く前に予習することにしました。まあ、暗譜する程までとはいきませんが、聴き比べたり(まあ、生に勝るものはありませんが)して楽しもうと思っています。

私も時間を見つけて、色々なコンサートに行って生演奏を聴きたいです。美味しいお酒が飲めて、ピアノの生演奏が聴けるお店が良く行く出張先の近くにあるので、近々行ってみようかなぁー、と思っています。
ビールも生っ!の季節ですねぇ
コメントありがとうございます。

他の楽器はさておき、パイプオルガンは録音とライヴとでは全然違う、という感想を持ちました。

ホテル日航のチャペルでは定期演奏会が開催されていて会員になればチケットが安くなり、コンサート後に演奏家とおしゃべりしながらお食事を…というプログラムもあるそうです。

私にとって、ブツリガクシャもそうですが、指揮者やオルガン奏者もその頭のつくりが「?」のエイリアン的存在なので、一度お話ししてみたいなぁ、なんて入会考慮中です。

物理学者さんがコンサートに行かれたら、そのレポート記事楽しみです!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。