--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 01. 30  
水曜日は映画館レディース・デイ!
1000円で映画を観ることができます。
勤め帰りに山田洋次監督の「小さいおうち」を観ました。

妻夫木聡の独特なしゃべり方…すてき!

いちばん、ぐっときたのは片岡孝太郎の「お着替えシーン」。

わたくし、この役者さん初めて見ました。
昭和10年代、東京山の手中産階級サラリーマンの「可もなく不可もなし」のご主人役。
ふつうだったら、「妻に不倫されてもいたしかたなし」となるところですが、
お勤めから帰って背広を脱ぎ、着物に着替えるときの所作にはっとしました。

「何者?」「歌舞伎役者?」と思いながら観ていたら、
いくたびも“色気”を感じさせる所作がでてきました。
(2回目の“お着替えシーン”では帯を締めるまでに至らずがっかり)

なかなか良いストーリーだったのですが…、
「ステキなご亭主がいるのに、どうして、あの若い男と不倫せにゃならんの?」
という疑念を最後まで振り払うことができませんでした。

「ステキなご亭主」というのは、じつは役者さんの魅力であって、役どころは「イマイチ冴えない夫」なんですけど…。

昨年観た「アンナ・カレーニナ」のご亭主ジュード・ロウ
昔観たアーサー王物語の…映画のタイトルを失念!…リチャード・ギアのランスロットよりもショーン・コネリーのアーサー王。

帰宅後、調べてみると、やはり片岡さん、歌舞伎役者で、
おおおっ!
片岡孝夫…十五代目片岡仁左衛門の長男なのですね。

知りませんでした。
あの(若かった)二枚目の片岡孝夫のぼっちゃんが、こんな立派なおじさまとは…、
つくづく、「私もトシとったなぁ」と思ったことでした。

何百回も何千回も着物をはおり、帯を締めている人の所作は美しい。

倍賞千恵子は、役にしては、ちと若すぎかしら?
松たか子は美しかったし、黒木華もけなげでかわいかった。
黒木華さん、どっかで見た顔…と思ったら「舟を編む」に出ていたんですね。
イメージがぜんぜん違っていました。

ということで、片岡孝太郎の所作の美しさに見惚れて、
「奥様」にも、「女中さん」にも、「ばあちゃん」にも、いまひとつシンパシーが持てなかった…って、
大きい声では言えませんが…、
不倫相手が寅さんの甥っ子じゃねぇ。


いえいえ、いい映画でした!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2014. 01. 28  
5年連用日記をつけていますが、昨年のちょうど今ごろ「ブログというものを始めてみようかしら…」と思っていました。
1年が経つのは早いものですねぇ!

きのうは1年ぶりの健康診断。
胃の内視鏡もマンモグラフィーも問題なかった…が、γGTPがちょっと高かった(>_<)

胃の内視鏡、苦手です。
「唾をのみ込まないで」「肩の力を抜いて」「ラクに息をして」と言われても、力んでしまってゲーゲーいってしまいます。
終わった時は、フルマラソンを走り終えたときのような(って、走ったことありませんケド…)全身疲労。
例年、健診後は疲れて仕事にならないので、時間に余裕のある日に設定していますが、きのうも案の定、絶食状態なのにずっと後まで食欲がわかず困りました。
そうそう、体重が昨年より2キロ減っていたのも気になる。

来年度の非常勤の仕事のこと、自営業の確定申告作業、息子の不勉強問題など、ごたごたしていて更新をさぼっておりました。

と、更新さぼってる間に
キンドル・ペーパーホワイトを買いました!
仕事がない日は(3学期も学校行事が立て込んでいる!)、ただ、もしくはただ同然の和書・洋書を購入(?)して、日がな一日キンドルいじくって読書しています。

キンドルは、最初のバージョンを買ってしばらくはそれでオースティンや社会科学系の本を読んでいましたけれど、どうもしっくりこなくて「やっぱり紙の本じゃなきゃね」と放置していました(すぐにバッテリーが切れるし!)。

ペーパーホワイト、いいですねぇ!!!
前のもカーソルを語頭に合わせて引く辞書機能があって、ほとんどそれで事足りるとはいえ、英英なので植物や鳥、虫の名前などは「日本語の何だろう?」と結局、英和を引いたりしていました。
こんどは、英和にウィキペディアも!
しかもキィでカーソル移動ではなく、タッチパネルだから時間大幅短縮。
すいすい進む!

今読んでいるのは、Spark!
(これはホントに購入しました)
『脳を鍛えるには運動しかない』というタイトルで翻訳がでています。
数年前、図書館でこの本を借りて読んで、
「ボケ防止、更年期障害対策にはエクササイズしなければ!」と動機づけられました。
CD8枚組のオーディオブックをiPodに取り込んで、ウォーキングやジョギング中に聴いています。

これ、リスニング教材としていいですよぉ。
タンパク質名や脳の部位名、病名など具体的な名詞や、数字がしょっちゅう出てくるので集中力が持続します。
村上春樹の
What I Talk About When I Talk About Running
もいいけれど。
この2つではまさに、「刺激される脳の部位」が違う感じがする。
繰り返し聴きながら、脳内シャドウイングをしています。

そうやって繰り返し聴いていると、どうしても文字で確認したくなるのが人情というもの。
それで、キンドルで読んでいます。

「本の虫」なので、放っておくと、何時間でもソファに沈みこんで、本や雑誌を読みふけるのが元来の私です。
読みたい本は山のごとし、されど有酸素運動もせずばなるまいし、筋力もつけねば…。

ということで、最近はまっているのが、
「バランスボールに腰掛けて、両脚を床から浮かせて読書する」
というアクロバティックな芸です!

今は気温が低くてバランスボールが張っていないので、けっこう持ちこたえることができます。
時々脚を床について休憩すれば、1時間くらいは平気です。

自己満足でしょうが、姿勢がよくなり、体幹のインナーマッスルが鍛えられている感じがしています。

もちろん、紙の本も読んでいます。
ライン引きやメモ取りができないのが難点ですが…。

来年度の仕事の関係で、「ノート取りながらの読書」が必要なのですが、水は低きに流れる…で、玉乗り読書のみすすんでおります(^_^;)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
2014. 01. 17  
なんだか、このところ映画づいています。

洋書村のhinajiroさんご推奨の映画はハズレがないので、機会をとらえて鑑賞しています。

Three Idiots
おもしろかったぁ! ボリウッド万歳!
確かに3時間は長い…ですが、笑いあり涙あり、考えさせられることありで、オトク感覚100点満点の映画でした。
機械工学を学ぶエリート大学生という設定だけど、ボリウッド映画独特の突然始まるダンスシーンのうちシャワールームのシーン!!!
ありゃ、いかんです!
半裸の“男子大学生”が踊るのですが、年齢詐称でしょうがっ!
ハダカになると、年齢は隠せませんねぇ。

An Education
これも、hinajiroさんが落涙されたという同じ場面でジーンときました。
設定が1960年代ではなかったかしら?
オーケストラ仲間のださい坊ちゃんの彼をボーイフレンドにしていたら、こんなに破滅的なことにはならなかったかもしれない。
バイオリン弾きの彼は彼女の家よりは“ちょっと上”の階級なのでしょう。
当時のイギリスの階級社会の様子を思って、 『小さな恋のメロディ』を思い出しました。

私、Bee Gees 大好き少女でした!!!
中学生の時にコンサートに行って、まだまだ若かった3兄弟を生で見ましたよ!
after「マサチューセッツ」「メロディ・フェア」
before「サタデーナイトフィーヴァー」
の時代です。

その前に見たIt’s Kind of a Funny Story と合わせて思ったこと…

①hinajiroさんと趣味がとっても似ている…いろいろ教えてくださってありがとうございます
…ブログで得ることって大ですね!

②社会学をかじった者として…。
三作とも「教育」という手段を通して親が子に期待すること、あるいは、無意識のうちに伝達されることを描いている。
フランスの社会学者P. ブルデューの言うところの「文化資本」ということかしら?
イギリスやインドなど伝統的階級社会では、教育(学歴)によってなんとか“下剋上”をはかろうとする親がいる…けれど、数世代経ないと得ることのできないような文化資本の欠落はなかなか誤魔化せない。

③されど…
文化資本を超克する「その人に備わった高貴さ」というものがある。
ここのひねりですよねぇ…古今あまたの文学作品や映画で描かれてきたことは!

いやぁ、hinajiroさんのブログで知ったこの3作、共通して、「家柄や経済力、学歴を凌駕する人間の真の価値」を描いて秀逸な作品でした。

映画って、ほんと、いいですねぇ!!!
hinajiroさんにm(_ _)m

*他に、冬休み中に諸々のDVDを観ました。
*先週は劇場で「利休にたずねよ」を観ました…が私には海老蔵の美貌以外はようわからなんだ(-_-)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


2014. 01. 15  
2学期末考査後に始めた息子との英語特訓のその後です。

期末考査でさすがに「やばい」と思い、そこへ担任から保護者呼び出し予定の申し渡し。
その時点で「どうしても大学には行きたいので英語特訓お願いします」と息子から言い出して勉強を始めました。

3週間ほど、
朝1時間:「ビジュアル英文解釈」の読解
夜1時間:安河内の段階別英文法の④、単語集「ターゲット1900」のカード“どんぶり勉”

を続けました。

その間に進研模試の11月実施分の結果発表や
保護者召喚で「今解き明かされる真実!!!」的学校での息子のどうしようもない様子を聞き、
親は憤慨・激怒して説諭したりして…

はい、もう通過したと思った反抗期の嵐の「吹き戻し」がありました。

すったもんだの末、現状は以下の通りです。

手帳を持たせ、1週間単位で学習計画を立てさせる。
→これまで提出物を一切だしていなかったのはスケジュール管理ができていないということ。
高校2年生に“今さら”ですが、できないことは一つ一つ教えて、出来るようにしなければ…。

3週間英語の特訓をした経験から
*毎日2時間やっても時間が足りない
*しかし、2時間を英語に割くと他の勉強をする時間がなくなる

…という、まあ出遅れた者にとっては当たり前の矛盾を抱えました。

①時間配分や整理整頓の自己管理能力をつけさせる
②放っておくとやらないのはこれまにイヤと言うほど経験済み

の2点を考え、

単語:
ターゲット1900が終わるまでは、毎日、母がつきあってどんぶり勉をする(所要時間15分)
登下校中などは、かならず「システム英単語」の音声教材を聞く。

文法:
母の指定する問題集をどんどん「あげて」いく。
今週より安河内の⑤。目標は2月いっぱいで3周。
それが終わったら成川の問題集でランダムに問題演習をする。

多くの文法問題集の“問題”はそのセクション名を見たら正解が類推できること。
文法事項についてランダムに問われて、「この問題では何が問われているのか?」を見破る力がなかなかつかない。
成川の文法問題集は分冊になっていて、本冊で文法項目別に解説されている問題が、薄い分冊ではランダムに配列されている。便利!

長文読解:
構文取りの基本はビジュアル英文解釈のパートIの35文例でやった。
あとは、自分の頭をつかって“苦闘”するしかない!

①自学用には安河内の③からじっくりやっていく。
模試終了後より開始して1日1文章が目標。
必ず音読をすること。最低5回。

②1週間に1回90分のペースで、難易度の高い大学入試過去問文章を母と共に読む。
200例ほど読めば「どんな文章でもどんとこい」となると思うのだけれど…。

という感じでこの1週間ほど経過しています。
今後も波乱含みの展開が予想されますが、ま、こつこつやっていくしかないですね(^_^)v

1月11・12日に校外模試が、学校行事の関係で、本来より2週間前倒しで実施。
さてさて、英語はどうなっていることやら?
結果は他校受験後ですからずいぶん後で出てくると思いますが、ちょっとは効果が出たかしら…?
怖いような…でも楽しみ(*^_^*)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
2014. 01. 13  
行ってきましたよ…2学期英語欠点、保護者召喚!

1教科欠点程度では保護者呼び出しをしない担任もいるとのことですが、今回は呼び出されてよかった!

担任は40代?の女性の英語の先生です。
愚息のために1時間も時間を割いてくださって、じっくり話し合いました。

学習に対する取り組み、大学に行く意味、勉強とは何か?という基本的な考え方が私と同じで、本当に信頼できる先生だと思いました。

うちのぐうたら息子の担当が彼女でよかった!

それで、呼び出しの理由は、英語欠点のみならず以下のような問題を先生が感じていらっしゃったから。
①提出物を一切だしていない(英語に限らず)
「未提出男」として学年に名を馳せているらしい(>_<)
②表情が険しい
③がんばっているところもある


①提出物を出していない
言語道断です!

最初は先生方も「おい、出せよ」と督促してくださっていたらしい。
その時はにっこり笑って「すみません。明日出します」と言い訳する。
翌日出さなければ督促もなく、ただマイナスポイントがつくだけ。
本人は、「もう追究されない」と放置しているのでしょう。
世の中そんなに甘くないぜよ。なめるな!
テストの点数が悪いのは仕方ないけれど、提出物を出さない、期限を守らないというのは社会人のルール違反です。
この件に関し、大大大バトルが勃発!
ブログ書く気にもならなかった大きな理由です。

②表情が険しい
先生の観察では、最近特に眉間に皺をよせて険しい顔つきになってきたとのこと。
確かに…。
あっ!!!!
息子が中学生のときに近視と診断され眼鏡を作ったのですが、眼鏡をかけるのを嫌がっています。
家でテレビを見るときも近い場所から顔をしかめながら見ている。
これは目が見えていないんじゃないか…とさっそく眼鏡店につれていって検眼してもらって新しい眼鏡を作りました。
こんどこそ眼鏡をかけるのを嫌がらないように、ちょっとオサレなフレームを選ばせました。
その後、眉間に皺をよせることはなくなりました。
眼鏡屋さんの話では「これでは黒板の字は、最前列からしか読めなかったでしょう」

③生徒会の整美委員会で、したっぱ委員としてお姉さま委員長のもと、黙々と仕事をしているらしい。
たまたま1年生のときに整美委員をやらされ、たいていは進級するときに「こんなつらい委員会いやだ」とやめていく生徒が多い中、自分から「やります」と申し出たらしい。
そんなの親は知らんかったぞ!
それを担任の先生はきちんと買ってくださっていました。
いい先生だなぁ!

ということで、
帰省中の娘も、
ご近所在住の部活顧問I先生も、
娘の恩師で現在息子の国語担当のN先生も
巻き込んでの、大騒動があったのですが、今は落ち着いています。

息子の英語はどうなったか…については次稿で(^_^)v

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
2014. 01. 12  
ひさびさにブログを再開すると、何から書いたらいいものやら…?

年末年始、歩きに歩きましたよ~ん!

娘と、NYからの客人と、はたまた一人で。

太宰府天満宮まで徒歩で2回行ったし、
元旦早朝は初日の出を拝みに近くの小山に往復2時間のウォーキング、
娘の帰阪前には、宝満山登山も。

昨日はプールで初泳ぎ1000メートル。

NYから来ていた義姉とそのパートナー、娘の4人で初日の出を見に行きました。
雲が多かったけれど、ちょうど日の出の時間にさーっと雲が切れて、こうごうしい太陽を見ることができました。

狭い山頂は初日の出を見るために繁華街並の混雑でした。
曇でだめかな…と思っていたところに、ぴかーんと光がさした瞬間に、そこにいる全員が「おおっ!」と息をのみました。
こういうときって、その場にいる人に不思議な連帯感が生まれますよね。

義姉のパートナーのSが、
“Oh, here is another Gaijin!”
とつぶやいたのでそちらを見るとたしかに、長身のステキな女性が。

目が合ったので、にっこりほほえんで話しかけてみました。
普通はしないよね…見知らぬ人に話しかけたりは→初日の出効果!

シアトル出身で、福岡に来てもう20年になるそう。
なんだかんだおしゃべりしているうちに、義姉が突然、
「ひょっとしてNさんという人を知っていますか?」と聞きました。

Nさんは義父が生前お世話になっていたヘルパーさんです。
私は義姉の質問に「ん?」と思ったけれど…

!!!!!!
なんと、シアトル出身のMさんはNさんの義理のお姉さんにあたるそうな!
つまりNさんのお兄さんの奥さんでしたーっ。
義姉は、Nさんが「兄がアメリカ人と結婚している」と一度言われていたことを覚えていたそう。

It’s a small world! ですね。

以後、義姉たちは当地滞在中、Mさんと数回会ってお茶を飲んだり、おしゃべりしたり…。

私はあまり接近しないことにしているけれど、彼女たちには新しいビジネスの萌芽ができたような…(^_-)

大晦日、義姉たちと私ら家族で大酒飲んで夜更かして、酔った勢いで、
「未明に起きて、日の出を見に行くぞ-」と約束したものの、
当日朝は、お酒は残っているは、眠たいは、でじつは出かけるのが億劫でした。

メンドクサイ、億劫なんていわずに、踏み出すこと!
すると、いい出会いがある!


ということで、今年もえっさほいさと歩こうと思っています。

毎月始めにリセットする歩数計。
今のところ1日1万歩は達成しています!
___20140112194347641.jpg


今日の夕方の散歩で見かけた冬枯れの木。
___201401121945372c5.jpg

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
2014. 01. 11  
当ブログ、
ながらく放置しておりましたm(_ _)m


年末年始、たいへん充実した日々(そう、「忙しい」とは言わんぞ!)を過ごしておりました。

コンサートに行って、“演奏者を囲んで”の会でお酒を飲んだり、
遠来の客を迎えて、ワインを飲んだり、
軽登山を数回して毎回下山後にビールをごくごく飲んだり、
ちびちびお酒を飲みながら、DVDで映画を何本も観たり、
はたまた、やはりまだ峠は越えていなかった反抗期息子とのバトルでやけ酒を飲んだり、
特に“テーマ”はないけれど帰省した娘と目を合わせて「飲もうか!?」ということになって飲んだり…、

数年ぶりに楽しく充実した年末年始を過ごしていました。

って、飲んだくれてただけじゃんか…(^_^;)

数年ぶり?

ふむ、その通り。
娘とも言い合ったことですが、このシーズン、高三、一浪、二浪と昨年までの三年連続「センター直前」の緊張のときだったのです。

大学生になった娘と山に登ったり、お酒を飲みながら、映画のこと、本のこと、おしゃれのことなどを話すのはとっても楽しい!!!
娘が大阪にもどって1週間。

娘が家に居ればそれが「本来のわが家」と感じ、
居なければ居ないでそれもまた自然に感じられるようになった今日この頃…
息子との再燃バトルの後、彼も(私も)成熟して家を出る覚悟ができてきた今日この頃…、

いよいよ「空きの巣」準備態勢突入です。

明日からまた、どうでもいいようなことをぐだぐだ書いていこうと思います。
今年もどうぞよろしくお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。