--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 11. 30  
特訓開始の一日目。
朝の45分間は、前記事の通り。
昨日の帰宅後は伊藤和夫「ビジュアル英文解釈」Part1の一番の読解をしました。

「憑きものが落ちた」とはこういうことかしら?
素直に音読し、真剣に読み取っていた。
昨日のバンド演奏で、友人から「すっげードラムうまい!」と褒められたそうで、自己効力感が高まっているのでしょうねぇ。
人間、人から褒められるというのは大切なことなんだなぁ…。

これまでは、何度注意しても、語の最後の子音に母音をつけて、日本語英語にしていました。
that → ざっとぉ  it → いっとぉ
何度注意してもできない?しない?ので、「この子、英語に対する音感がないのかな?」と思っていたが、「普通にできるじゃん!」
今までは故意にそうしていたんだ!
ちゃんと発音する度に、 Good! Excellent! と声をかけました。

伊藤のビジュアルは、1と2をあわせると60の長文(…といってもそうは長くない)を読むことになる。
内容的にいささか古いという難点はあるけれど、「ひっくり返さないで右へ右へと読み進む」訓練として手頃な教材だと思う。
Part 1の1番なんて中学生並みのレベルだが、すこ~しずつ、すこ~しずつ難易度が上がって、60文読み終える頃には相当な読解力がつくことになるだろう。目標は1月までに2冊をあげる。

これを全くの独習でする場合は、解説文を読み込むことが必要なので時間がかかるでしょう。
また、テキストのレイアウトがまずく、課題文がページをまたいで印刷されているので、ページを右に左に繰りつつ勉強しなければならず、たいへん不便。

それで私は、近所のS君とうちの娘のために、6年ほど前、すべての課題文をタイピングしてA4用紙1枚におさまるようにしていました。
これから2か月間は、そのデータを裏紙にでもプリントしていけばよい。

当面は
【二人でやる勉強】 
*朝:安河内の文法 
~read and face up 選択肢から選び正しい文を2回読む、顔を上げてそらで言う
*夜:伊藤のビジュアル
~音読、「自分の言葉でいいから」意味を言う、「左から右に」読む

*指導側の留意点 
英作文を意識させる(単複・冠詞・時制など)
重文か複文か(等位接続詞か従位接続詞か)を意識させる…志望校過去問の「パズルのように入り組んだ長文」を読み解く技法として

【自分一人でする勉強】
*すき間時間に…学校指定単語集ターゲットをマスターする、ママからの愛のメールを読む
*机について…英語の論理を身につけるために、横山雅彦の「英語長文がロジカルに読める本」をじっくり考えながら読む

「ターゲット1900」は別売りCD、カード(1600まで)があり、あの手この手でマスターできる。
単語カード学習はこれまでも、私がつきあって毎日5分ほどで20語ずつやらせていた(新しい20+昨日できなかった積み残し)が、これは以後、自分ですることに。

「ターゲット」の市販カードを使ってみて
覚えたのと覚えていないのの「仕分け」が視覚的・手作業的にはっきりするという長所があるが、例文が載ってないのでコマギレ知識となりやすい。
やはり本との併用が必須。
私見ですが、赤太字で書かれている「第一義重要訳語・品詞」について「そっちを採るかぁ?わたしゃ黒細字で書かれている品詞や意味の方が頻出だと思うけどねぇ」と、ちと同意できない部分があります。

ママからの愛のメールとは…
朝勉で出てきた重要項目(3~4個程度)は本人もノートに書き取っているが、メールで私が送信して、登下校中などに見て復習するものです。
エビングハウスの忘却曲線を逆手に取る!

本日の重要事項(メール内容)
①had better は一つの助動詞として扱う
You had better not go there.

②might as well A as B
またはmay as well A as B
BするくらいならAしたほうがまし
You might as well throw your money away as lend it to him.

③完了形…明確な過去を表す副詞と使ってはならない。

今日・明日は部活の宿泊研修なので、今日の読解と明朝の文法はできません。
お弁当を作らなくてよいので、私も5時起床。
5:25から6:15 までしました。
あいつがぐずぐずしているので10分もミスした…と怒りたいところですが、ぐっと抑えて粛々と課題に取り組みました。
私もマイルドになったなぁ…
つくづく、思春期と更年期のホルモンバランス異常対決だったのかも…と思ったことです(^_-)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013. 11. 29  
高二の息子の期末考査の英語がたいへんな点数でした。

息子は、ある私立大学の文系学部にどうしても行きたいらしい。
受験科目の配点の半分は英語です。
私も過去問を見てみました。超難しい!

これまで、やいのやいのと勉強法だの推薦参考書だの言ってきたけれど、ふて腐れて反抗的態度で言うこと聞きもしなかった。

昨晩、穏やかな口調で、
「私立受験まで14か月。今の成績なら逆立ちしてもその大学・学部には行けない。
奇跡を起こすしかない。
お母さんは奇跡の起こし方を知っている…が、もう今がぎりぎりのタイムリミット。
『問答無用のa dream comes true 作戦』に挑戦する? 」
と息子に言いました。

さすがに自分の実力の無さと志望校英語のギャップを深く認識したようで、ぶすっとした声で「やる」と答えました。

母子問答無用スパルタ勉の実施要領
①土日、盆正月なし、毎朝1時間する。 
たとえ、その日が英語以外の試験の日でも。
例外は山泊の朝のみ。
(まさか、ママ同伴で登山してテントで朝勉するわけにも…)
②朝やった重要事項は(3~4項目)は、それ以降繰り返し、しつこく質問する。
③帰宅後、長文を必ず1文読む。互いの都合でできない日は休日などに振り替えて読む。
「1週間に7文」のノルマを必ず達成する。
まずは「毎日読む」という習慣づけのため、その日の都合や疲労度に合わせて、分量や難易度がいろいろ選べるよう、母がテキストを準備する。

ということで、本日朝が1日目でした。
1時間のつもりが、息子の要領が悪くて実質45分くらいしかできなかった。
やったこと
安河内哲也の「英文法レベル別問題集 ④」の6問 
たった6問!!!!!

本日の重要事項
★条件や時を表す副詞節では、未来のことでも現在形または現在完了形
★「~するやいなや」 had hardly (scarcely) pp. 
★名詞(句・節)、形容詞(句・節)、副詞(句・節)の働き(おおまかに)
★句と節の違い


高二の冬でこの程度ですので、いかに低レベルかおわかりになるでしょう…とほほ(-_-)

スモールステップですが、奇跡を起こすには、これから約400日やるしかない。
5年前の夏、当時高三の近所の男の子&高一の娘の2人を対象に50日間の特訓朝勉をした経験があります。
50日でもきつかった…が、やり終えたときは私も達成感があったし、近所のS君はぐ~んと英語の成績がアップし、絶対に現役では無理と言われていた第1志望校に後期試験(英語のみ)で合格、娘はそれ以後、あまり英語の勉強をしなくてもよくなりました。

あの、つらい日々の8倍…。
でも、これをしなかったら、息子は行きたい大学に入れないし、私も「やればできたことをしなかった」と悔いが残るでしょう。

まだ1日目前半が終わっただけで、今後どのようになるかわかりませんが、今度こそ、やれそうな気がします。

その予感の理由は…、
息子が大人になった。
「うるせぇー、くそばばぁの言うことなんか聞くもんか!」と思っていた反抗期の嵐の峠を越えたのかも。

今息子が夢中になっているのは、登山部の活動とバンド活動。
息子は、部員不足でじり貧だった部に、入学前から入ることを決めていました。
友だちを誘って部員数を増やし、春の新入部員勧誘の生徒会主催の部活紹介で、自作コントで受けて1年生を入部させ、大所帯の部に。
その点を顧問はとても高くかってくれている。
しかし、気象図書きは下手くそだわ、やせっぽちで体力はないは…で、試合レギュラー入りを毎回心配するポジション。
「高校卒業したら二度と山なんか登るもんか!」と言いながら、毎回へろへろになって登山・合宿・試合から帰って来ます。
山から帰ってくる度に、成長しているのがわかる。

登山部の2年生メンバー+1名でバンドを組んで、息子はドラムを叩いています。
1月の予餞会に出演するためのオーディションに向けて、指の皮がむけて絆創膏貼りながらも、毎日練習している。
山に行かない日は、メンバーが集まってスタジオを借りて練習。
最終リハーサルの出来がよかったのが昨晩の「英語特訓受ける」の返事につながったようです。
今日がそのオーディションの日。
受かるかな?
どういう顔して帰ってくるだろう?

登山とバンド活動は、全面的に応援しています。
昨日の木曜日は、私も早朝出勤の日だったので、くるくる巻にして自分の身長くらいになるドラム用のマットと息子を車で学校まで運んでやりました。
雨が降っていたので、あれをバスで運ぶのは他人迷惑だし、濡れるし…でたいへんだっただろう…運んでくれたかあちゃんに対して感謝しているみたい。

地道な勉強が嫌いで成績の悪いバカ息子ですが、山に登って、バンドに熱中して、本を読んでいる限り、大きく道から外れることはないと思っています。

ふーっ、いろいろあったけど、「いよいよ年貢の納め時」と、英語がんばってくれるかな?
英語そのものの成績向上もさりながら、継続して努力して目標を達成する体験を十代でしておくのは、彼にとって一生の財産になると思います。

遺してやれる財産もないし、私は料理下手で「おふくろの味」もない。
それに、娘には息子が生まれるまでの4年間、1対1でたくさん絵本・本を読んでやったが、息子には娘ほどに関わっていないという引け目がある。
私が君に母親として伝えることができるのは、「一生モノの英語力(のつけ方)」だけ。

今から400日の「子育て最終フェーズ」が終わったら、私は一切干渉したり保護しないつもりだから、私の息子として生まれたことを運命としてあきらめ、特訓にしっかりついてきてちょーだい(*^_^*)

*副産物として、これから400日、私は二日酔いするような深酒ができなくなります。私もやっと更正できる(^_^)v

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村



2013. 11. 26  
もっちーくんへ。

「思いつくまま書きました」…とはいえ、不適切な点があったので訂正します。

ペーパーバックを1冊読み通したらいかがでしょう?
と、男の子が好きそうな「どきどきはらはら」の冒険物語として、
マークトウェインの作品など挙げていましたが、最初に読み通す本としてはやめておいたほうがよいと思い、訂正します。

方言満載でわかりづらいと思います。

『不思議の国のアリス』や『秘密の花園』あたりも難しい。
かといって、中学生にもなれば、子ども向けにリライトされた本は読んでいても退屈かも…。
本屋さんに行って実際に手にとってページを繰ってみて決めるのがいいでしょうね。
お母様に買っていただいた本をじっくり読んで下さい!

思い返すと、私にとって『あしながおじさん』との出会いは幸福でした。
大学生の娘にも、Daddy Long Legsを読むようにすすめています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
2013. 11. 24  
親愛なるもっちーくんへ!
おばさんブログ、読んでくれてありがとう!!!

中学生の君へ「こんなふうに英語勉強したらいいかもよ…」と、私の失敗や成功の経験から思いつくままに、エラソーに書きます。

英語教育が専門ではないし、英語力だって“発展途上”(“低い”のしゃれた言い換えです)のおばさんの考えですので、よ~く吟味して、自分がいいなと思ったところだけ採用してくれたらうれしい(^_^)v

★大原則:(日本に住んでいる君にとって)母国語を越えて外国語がうまくなることは絶対にない!
考えてみれば当たり前だけど、このこと忘れて、必死で英語ばっかりやっている人がいます。
将来的に君が到達したい英語レベルを上の方に設定したいなら、まず日本語の読み・書き・聞く・話す力を磨かなければなりません。

たくさん本を読んで、文系・理系の科目しっかり勉強して、ピアノやプレゼンで発信力をつけてください。
もっちーくん、きっとすごい英語の遣い手になると思うよ!

★音読・パタンプラクティスは必須
語学学習はスポーツや楽器の練習と似ています。
センスがいい、才能があるといっても、基本練習のランニングとか素振りとかハノンの指の練習とか管楽器のロングトーンとか、そういうことをやっていない人は、後伸びしません。
スポーツや楽器の基礎練習にあたるのが、音読とパタンプラクティスだと思います。
一番いいのは、教科書を何回も何回も音読して暗誦することです。

音読のしかたについては、
“同時通訳の神様”と呼ばれている
國弘正雄先生の『英会話・ぜったい音読』講談社インターナショナルのシリーズ
を参考にするといいと思います。
学習のプロセスを書き込む「日誌」つきです。
また、
森沢洋介のパターンプラクティス
の本で、えっさほいさと毎日練習すると日常会話では困らないくらいの力が中学卒業時にはつくと思います。
ベレ出版社からシリーズで出ています。
最初の青いの…「どんどん」だったと思います…を完璧にやって「スラスラ」とか「ぽんぽん」にステップアップしていったらいいけど、「どんどん」だけでも十分!

★辞書(紙の)で遊ぶ
私のモットーは「英語の力は単語の力」です。
とにかく語彙力(用法も含めて)が大事です。
中学生向きの語数の少ない学習辞書をいつもぱらぱらめくって面白そうなところを読むといいと思います。
私の時代(大昔!)には研究社の「マイ英和辞典」というすんばらしい辞書がありました。

悪知恵を授けます!
英語の授業中に「僕はもうわかっているのに…退屈だなぁ」とか思う時間があるでしょ?
そういうときに、この「辞書遊び」をするといい。
英語の時間に英語の辞書をいじっていて「こらっ!内職するな!」とは言われません。
塵も積もれば山となるで、これだけでも語彙力がつきますよ。

あと、クリスマスプレゼントとして、ママンに「ちょっと上等なピクチャー・ディクショナリー買って!」とおねだりしてみてください。
本屋さんに行くと、カラー写真満載で化学・生物・地学・物理や日常の道具などを英語でどういうかという本があります。
お高いけれど、「これは孫子の代まで使えますので、お買い得です」…とママンを説得してみては?

★ペーパーバックで小説を1冊読み通してみる。
スティーヴンソンの『宝島』は読んだことありますか?
あるいは、マーク・トウェインの『トム・ソーヤーの冒険』や『ハックルベリー・フィン』。
なんでもいいけど、小学生の時に読んだことのある物語(抄訳はだめよ)をもう一回読んで、それから原書に挑戦してみたらいかがでしょう?

辞書引き引きでもいいし、ストーリーさえ追えれば「わかったふり」して読み進めてもよい。
気に入ったら、何度も読み返す。
私は、『あしながおじさん』で英語力を養ったと思っています。(今でも読み返しています)
格調高い英語で文学作品をしっかり読み込んでおくと、あとでじんわり効いてきますよ。

★詩を暗唱する。
パタンプラクティスの発音練習が無味乾燥で退屈したら、楽しい詩の暗唱をしたらよいと思います。
おすすめは
*Mother Goose (Nursery Rhymes)
*『宝島』のスティーヴンソンの A Child's Garden of Verses
*『クマのプーさん』のミルンの詩集
くらいかな? 
英文学を読んでいくときや、会話でジョークの一つでも…というときなどには、Mother Gooseは必須です。

質問:「川上からどんぶらこ、どんぶらこと…、さて、その時流れて来たものは何ですか?」
もっちーくんならすぐに「桃!」と答えられるでしょう?
日本語話者なら誰でも共有している桃知識(?)みたいなの…がMother Goose を暗誦することで身につきます。

★そして、何よりも、学校の英語の授業・教科書でしっかり勉強すること。
数年後には大学入試を意識した英語の勉強をすると思いますが、私は現システムでの受験英語のための勉強はとても有効な勉強法だと思っています。
受験勉強をしっかりした人は後伸びします。
その時は、またいろいろアドバイスしますね!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
2013. 11. 23  
連休1日目(といっても私は毎週土曜休みです)、とっても好いお天気。

宝山か三郡山にでも登りにいきたいところです…が、
ヘルペスが出て、体調イマイチ(-_-)

おとなしく家で仕事をします。
高校日本史の期末問題作成2種、専攻科一般教養後期試験問題作成…重労働!!!

…と、パソコンに向かったはいいが、イヤな仕事は後回しにしたくて、ブログ更新に逃げている。

ひさびさの読了メモです

山本博文 『歴史をつかむ技法』
新潮新書
__ 1
なんか、歪んどるなぁ(-_-)

歴史は自分の専門ではないけれど、高校で日本史を教えながらいつも次のようなことを考えている。

★受験に日本史が必須のクラスで
センターや国立2次、私大の過去問を解き、各種参考書・問題集、予備校講師の講義本などを熟読して、「やっぱり日本史受験には暗記が必要」と思っている。
でも、それが本当の歴史教育なのか?
大量の年号、人名、歴史用語を暗記してわかった気分になっていていいのか?


★受験に日本史が必要のないクラスで
居眠り続出。ちょっと難しい言葉から説明するレベル…昨日は「幽閉」を説明しました。
やる気、学ぶ気のない子たちにどうして日本史を学習させないといけないのだろう?

★人物関係の理解を深めるために、生徒たちが知っているテレビ番組の話などするけど、それはいいことなのか?
松山ケンイチの平清盛や、福山雅治の坂本龍馬、今の「八重の桜」は、院政、平氏政権、源平の葛藤、幕末から明治初年にかけての説明におおいに助かる。
(といっても、NHKの大河ドラマを見ている生徒はあまりいないけれど…)
しかし、ドラマや小説はあくまでフィクション。娯楽性を追求したもの。それを授業でしゃべることの当否はどうなんだろう?

★どうして、歴史を学ばなければならないの?
私自身は「好きだから」ですが、歴史学習の意義って本当は何?

★「史観」にニュートラルに教えることは可能か?
私自身は社会学・心理学専攻なので、政治史よりアナール派的、あるいは民俗学的視点に立つ歴史観に親和感があり、その筋の本ばっかり読んで来た。いわゆる網野史学や、森浩一の考古学が好き。でもメインストリームではないかも…。歴史学会の動向はどうなっているのか、門外漢なので自信がない。

以上のような疑問に対して、山本の見解を読み取ることができて、たいへんためになった。
東大の教授として各方面に対して配慮の効いた(喧嘩を売らない)記述になっているが、じつは、この著者、マジで、ある方面に対して喧嘩売ってまっせ!

受験生のほとんどが使用している山川出版の『詳説日本史B』を基本材料にして書かれているので、高校生の皆さんも是非お読みになることをオススメします!

この本を読んで、「歴史とは何か」をより深く考えたいと思い、次に読む本を積んどくリストから引っ張り出してきました。
__ 2

上記の本にも出てきたブローデルの歴史学に関する小論集。
1編1編が短いので読みやすそう。
フランス語で読めるようになる日がいつか来るかしら?
絶対に来ないね!!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

2013. 11. 23  
「墨問題」について2回連続書いたら、自分自身がすっきりしました!

どくんと飲んで、心の中に拡がっていく「墨」について自分なりに言語化すること、文章化することは、対処法としてとってもよい!

それに、「英訳」ではなく英語でもう一度考えるという作業をしたら、思考法というか使用する脳の部位が違うというか…、さらに状況を分析(ってかっこよすぎるけど)するのに効果大でした。

書きながら思ったこと。
こういう時に、「傷ついた」「傷つけられた」という言葉は使わないようにしよう。
日々、高校生や専門学校生を相手にしていますが、彼女たちが会話の中でよく口にすることばです。
私はそれを聞くたびに、自分の心情を被害者として軽い感じで(違うかも知れないけれど)言うのはどうなんだろう?と思っています。

じっさい、娘は別れ際の言葉を聞いて「ぽかん」となり、「あれれ?」とは思ったけれど、傷つけられたという気持ちはないよう。
別れた後でじんわり効いてきた訳ですが、その時の気持ちは「不可解」とか「不愉快」という感じだったでしょうね。

ぐだぐだと2回連続書いたけれど、今では、意図のよくわからない言葉を発した相手の人に対しても、
「悪気はなかったんだろう、コミュニケーション能力が不足しているのだろう、また、ひょっとしたら微妙なニュアンスのやりとりができない、ある種の障がいがあるのかもしれない(高機能アスペルガーとか)…」とも思うようになりました。

「覚えていたらメールする」「覚えていなければメールできない」、真理です。
それを口にしたまでなのに、数日後、丁重なキャンセルお願いメールを受けとって、彼の方こそ「???」と思っているかもしれない。

そう考えると、次回、彼に出会ったときに、それなりの対応ができると思います。
娘にとっても、遠方から娘のことを心配している母にとっても、よい勉強だったと思います。

Now I realized that writing an essay on uncomfortable feelings is a kind of process of focusing and analyzing oneself.
And writing bilingually is more effective.
I guess the way of thinking in Japanese and in English is different even the subject is the same.

I was careful not to use the word “hurt” and “be hurt”.
Many teenage girls I meet at schools often say these words, and every time I hear the words I feel uneasy because the meaning of them is sometimes too strong and the words may have the power to “hurt” the people.

Actually my daughter was not hurt at all but just embarrassed.

And after finishing the essay, I came to think of the guy.
He may not be mean nor ill-hearted.
“I will e-mail to you if I remember.”
Of course!

He can e-mail when he remembers and he can’t when he doesn’t.
It’s perfectly true! He just uttered the truth.
He might have such kind of disorder as Asperger.
If so, he might have hard times in communicating with friends.

Let’s not accuse nor hate someone on account of one incident!
This is what I learn these days.

*前記事を書いた後で、夫より文法的ミスを数カ所指摘されました。
訂正しましたが、早い時間に読まれた方は、
「こいつ、墨を飲みたい気分なんかい?」と不審に思われたことと存じます。
失礼しましたm(_ _)m
持つべきものは、文法・語彙・用法チェッカー。
もちっと高性能なのがほしい…ミモザさんうらやまし(^_^;)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


2013. 11. 22  
いつも…という訳ではないけれど、通訳案内士試験を意識してから、
「これは英語で何というのだろう?」
と気をつけるようになりました。

昨日のブログを書きながら…「墨ってどういうんだろう?」

…ということで、勉強を兼ねて、昨日の記事を英訳してみました。

改行によって単語が分断されないようにする設定方法がわかりませんので、PCでは読みづらいかもしれません…m(_ _)m

“Fuji Nikki” by TAKEDA Yuriko is one of my most favorite journals.
You sometimes find the expression “I feel as if I swallowed India ink” when Takeda confesses her ambiguous uncomfortableness.
Such an expression!
I can share her feeling deeply.

I swallowed India ink!

My daughter is a university student living in Osaka.
She entered the university this April after 2-year’s “rohnin” life.
She seems to enjoy her student life in studying and club activities with nice friends, which makes me very happy.

The other day I had a long chat with her on the phone.
I had recommended her to watch a new movie “Kiyosu Kaigi”previously, so she had wanted to.

She happened to have a chance to talk to one of her friends about the movie and found that he was also interested in it.
Then they decided to go to the movie theater together on the day the both would be convenient.
On that point he was not sure about his schedule, so he said he would send an e-mail to confirm the appointment.
She was very excited to find a good companion like him who is so nice and intelligent.

But when they said good-by, he said
“If I don’t forget this, I will e-mail to you”.

She was so embarrassed to hear that that she could only smile at him.
She didn’t understand what he meant and worried all by herself for a few days.

What did he mean?
Possibilities:

#1 He didn’t want to go.
Why didn’t he say something like “Sorry, I’m too busy to go” or “I prefer watching movie alone”?

#2 He was really so busy that he was afraid of forgetting.
Then he could make some concrete appointment like “Please e-mail me if I forget to confirm”.

#3 He wanted to show her that “the date with her” was not the top priority.

My daughter and I voted for #3.

There are some people who feel uneasy when he/she can’t take advantage of others.
Sometimes he regards himself as a king and treats others as beggars.

My daughter is never ever a beggar!!!
Who do you think you are?!
I really wanted to shout at him.

Okay, okay, I know.
We have to meet those mean people and it’s just one of the ordinary disgusting incidents we encounter in our daily life.

But I really felt swallowing India ink when I thought of her smiling at him and saying good-bye.

Of course I advised her to send an e-mail politely saying “I’m very sorry I was foolish to invite you to the movie. Please forgive me to cancel. I should have noticed that you are very busy. If you find the next chance, let’s go together” and she followed it.

She and I know that the next chance never comes---.

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
2013. 11. 21  
武田百合子の『富士日記』が好きです。

「墨をのんだような気持ち」
という表現が何度か出てきます。
前後のシチュエーションから、「う~ん」と同感できるような絶妙の表現だと思います。

今年4月から大阪でひとり暮らしを始めた大学生の娘と、先日、電話で長話をしました。
2浪の末に、本来の志望を“発展的変更”したけれど、学業に体育会系サークル活動に読書に…と充実した日々を送っているようで、親も安心していました。

その娘が、ある人との会話の中で理解に苦しむ応答をされ、「どういう意味だろう?」と当惑していました。
状況は以下の通り。

私が娘に「映画『清須会議』おもしろいよ。チャンスがあったら劇場に観に行ったらいい」と勧めていました。
娘も「観に行きたい」と思っていたところ、日頃から「この人なら映画の趣味が合いそう」と思っていた人と話す機会があり、話題にした。
「知ってる。三谷幸喜の話題作ね」と話が展開し、一緒に観に行こう!ということに。
ただその人の学校の日程が未定なので、数日後、スケジュールが確定してから細かい日時を相談しましょう、ということになったそう。
「やったぁ! ステキな連れができた」と喜んでいた娘ですが、じゃあね…と別れ際にその人が言ったセリフ

(日程確定の日まで)
「覚えていたらメールするね」

その人は、認知症のお年寄りなんかではありませんよ。
つまり、「忙しいけどつきあってあげるよ。でも、優先順位はそう高くないよ」と言いたかったのでしょう。

娘はとっさにどう反応していいのかわからず、そのまま、さようならと別れて、まる二日、自分の胸にこのセリフを溜め込んで反芻していました。

もしその人が忘れたら、私は待ちぼうけくらうのか…
忘れるような人ではないけれど、あのセリフの意図は?


その後、電話で上のようないきさつを母に打ち明けたという次第。

二人で状況を吟味してみる。
「本当はあなたとなんか映画に行きたくない」

大人の言い訳で「面白そうだけど、日程がつまっていて行けない。また面白そうな映画があったら誘って。」とごまかすなり、「映画は一人で観ることにしているんだ」と正直に言うなり…。

「映画に行くことにやぶさかではないが、忙しすぎて連絡し忘れそう」

「忘れそうだから、○日に確認のメールしてくれる?」とか「○日までにこっちからメールしなかったら、催促メールしてちょうだい」とか、具体的対応策を提案する。

「映画に行く気はあるけど、あなたとの約束は自分にとって重要度が低いからね」

きっと、これを言いたいためのデモンストレーションなんでしょう。
連絡や約束などでミスをしない人らしいので。

墨をのんだような…
このことを娘から聞いたときの気持ちです。

相手のこと、私は全く知らないけれど、怒鳴ってやりたい
Who do you think you are?!
何様のつもりよ?
世の中には、人間関係で自分が優位に立たないと気が済まないという、自尊感情がねじけた人(バカともいう)はうじゃうじゃいるから、その人もその類なんでしょう。
それはよい。

でも、にこにこ笑顔で別れて来た娘の心中を思うと…
墨をのんだような気持ちになりました。

相手を怒らせないように、「軽い気持ちでお誘いした私が悪うございました」的スタンスでお断りするようにと「大人の智恵」を娘に伝えました。

こういうことを、これから何度も経験していって大人になるんでしょうね。
今回は軽微なことでしたが、今でも墨の後味は悪い…(-_-)
娘よ、イヤな人は、うま~く回避していきなさい。
自分が他者にそんな思いをさせることのないように。
あなたを100%支持する人間がいることを忘れないで!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
2013. 11. 19  
週末、またまた深酒して二日酔い…という最悪パターンを繰り返してしまった(>_<)

土曜日、パイプオルガンの会。
メンデルスゾーンとバッハについて。
メンデルスゾーンがバッハを“再発見”したことは知っていましたが、詳細について話を聴いて、たいへん勉強になりました。
ユダヤ系の裕福なお坊ちゃまで、バッハ自筆譜をプレゼントにもらう…なんて境遇がバッハ再発見につながったんですねぇ!!!
メンデルスゾーンはオルガンの名手でもあった…。

メンデルスゾーン作曲のオルガン曲は初めて聴きました。
いいなぁ、このカルチャーセンターのコース!

その後歩いて5~6分の大学の研究室の同窓会へ。
総会はスキップして懇親会に直行。
すでに宴もたけなわ。
遠くから、「お~い! 遅いっ! こっちこっち」と手が挙がる。
同世代のテーブルに着いて、駆けつけビール、追ってワイン。
周りが既に酔っていたので、つられてごんごん飲む。

楽しかったぁ~(*^_^*)

二次会はおばさん4人(1級上1名、2級下2名と私)で、行きつけの店に。
4人が4人とも、よく言えば個性的な、正直に言えばできの悪い息子を持つ母なので、息子の愚痴で盛り上がる。
「女の子は賢いのに、どうして息子はああなのかねぇ?」
じんわり、娘自慢を盛り込んで…。

最近の傾向として、酔いが時間差で襲ってくるようになりました。
トシなんでしょうねぇ。

その晩は日付が変わった頃に帰宅し、気持ち良くお風呂に入って就寝したのですが…、
翌朝の頭痛のひどいこと(>_<)

つい10日前に「もう深酒はしない」と自分に言い聞かせたのに…、
っていうか、そう言い続けて30年…とほほ。


今週、誕生日を迎えました。
以下誕生日の誓い

★節酒する…レコーディング・ドリンキング
 その日飲んだアルコールを必ず日記にメモする→記憶に残る酒量以上は飲まない
 日記に記録すると決心しただけで酒量が減る…のではないかしら???

★字を丁寧に書く 
 最近ド近眼に老眼が進んだこともあって、字を書くのが億劫になっています。いきおい、ぐしゃぐしゃっとした字を書いてしまう。
 せめて毎日つけている日記だけは、一画一画丁寧な字を書くよう心がける。

★フィジカル・エクササイズ、英語の勉強、ピアノの練習を毎日少しずつでも欠かさずにする

です。
もう、そろそろ大人にならなきゃ…ですもんね。
地道にがんばります。

今日は、気分一新、気合いを入れるために髪をさっぱりカットしてパーマをかけてきました!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
2013. 11. 16  
今週は悲しいお知らせが3つも…。

葬儀参列のための欠勤、授業の振り替え、自営業スタッフのシフト調整、御供物の手配などに追われた1週間でした。

夫が中高6年間お世話になった英語の先生が亡くなりました。
アメリカ人でカトリックのファーザーでした。

夫の英語力は…悔しいことに、なかなかのものです、語彙力がすごい…、その先生に負うところ大です。
英語初学時にパタンプラクティスで徹底的に鍛えられたそうです。
ちょうど、森沢洋介の瞬間英作文のようなレッスンを繰り返し繰り返しやらされたそう。

中高の同窓会のメーリングリストで学年としての弔意の表し方の相談から始まって、互いの消息の伝え合いなど、悲しいことが発端ではあるが、旧交を温め合っていました。
その先生の英語のレッスンの様子は、夫からよく聞いていました。
英語教師として、あれ以上の能力と熱意を持った人はいない…と、夫は尊敬していますので、今でも1日に1回は、「ああ、○○先生が死んだ…」とつぶやいています。

実家のお向かいの家のおばあちゃんが亡くなりました。
93歳。
実家は、神社の門前町(村?)の小さな路地に沿った家並みにあります。
先祖代々、家どうしのおつきあいのある“仲間”。
小学低学年の頃までは、向こう三軒両隣はわが家同然。
よそのうちで晩ご飯を食べさせてもらったり、お風呂に入って帰ったり。
花火を買ったら、お向かいのお兄ちゃんお姉ちゃんを誘って一緒にする。
どこか遠出したら、お土産を買って届ける。

私にとっては「おばあちゃん」ではなく、私を可愛がってくれたHねえちゃんのお母さん。
後妻さんで、いろいろと苦労があったと思いますが、いつもにこにこ優しいお母さんでした。

私がお世話になったその路地沿いの家々のお年寄りも、どんどん亡くなっていく…。
その方が亡くなって、最長老になった一軒隣のおじいさんの次は、もう私の母。
50年前は、「若奥さん」「若嫁さん」と呼ばれていた母もいまや…。

時間は不可逆だとわかっていてもなんだか寂しい。
来週54歳の誕生日を迎えますが、27歳で実家を出たから、私の居住年数はちょうど半々。
私という人間を形づくっているのは、あの古い家で過ごした日々だと思う。
そろそろ、私もあの家に還る日が近づいてきたような…。
三姉妹の長女の私が“跡取り”ということになっています。

急に寒くなった朝、自営業のスタッフのお義父さまが、心臓発作で急死されました。
うちの開業当時からのスタッフ。
彼女は私と同い年だけど、早く結婚して舅姑と同居し、もう孫が3人もいる人。
彼女にとっては実の両親よりも長い時間を義父母と過ごしたことになります。
彼女の動揺、悲しみが、電話でのやりとり、ご葬儀での様子で私に迫ってきます。
ほんとに、いいお祖父ちゃんだったみたいで、彼女の息子・娘たち(故人の孫)の弔辞を聞いて、私も涙が止まりませんでした。
スタッフの彼女とも、もう20年近いおつきあいになる。
私が非常勤講師の仕事に出かけられるのも、彼女がいてくれるからこそ。
彼女の悲しみが早く癒えますように。

会葬してちょうだいした百合のいい香りが部屋に満ちています。
ぼけた写真でm(_ _)m
___2013111612263029d.jpg


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


2013. 11. 10  
とほほな1週間の締めくくりの昨日は…。

朝、山行きの息子を送り出した後、とっ散らかった家中の掃除。
月曜日以来掃除をしていなかったので、ホコリがすごかった。

煩悩のように塵が溜まるのですね…、
おっと、逆か!
この塵を見て、「塵のように煩悩はあとからあとあから…」と思うべきか!

家事を11時くらいに終え、それからインフルエンザの予防接種に。
看護師さんから、接種後の注意を聞く。
「お風呂は入っていいですよ。激しい運動と、大量の飲酒は控えてくださいね。」と笑顔で。
…顔なじみの看護師さん、“大量の飲酒”のところをミョウに強調。
はい、心に誓って!

ちょうどお昼時だったので、鄙にはまれなおしゃれなカフェでランチ&読書。

歩いて行ったし、午後運転することもないし…と、本来なら(?)ランチのお供にビールかグラスワインを注文するところですが、
先ほどの看護師さんからの注意を胸に、ぐっと我慢

悪酔いによる体調不全から完全復活しているなぁ(^_^)v

いったん帰って、「今日はプールもやめて、おとなしく勉強でもして過ごそう」とは思ったけれど、息子が山泊のせっかくの(?)土曜日、映画を観にいくことにしました。

三谷幸喜の『清須会議』

おもしろかった~!!!

爆笑…という訳ではないけれど、何度も、「ふ、ふ、ふっ」と笑ってしまった。
ただし、『ステキな金縛り』を観ていないので、西田敏行の役柄の面白味は理解できず。

帰宅後、ブログ書いたり、ビール&おつまみでだらだら夕食。
スマホで撮ったバラの写真のサイズ変更で手間取る←何度やってもわかりません(-_-)

前記事について、次のような“問題”浮上。

娘より:「タイトルの意味は?お母さんがバラ作ったり撮ったりした訳じゃないでしょ?」
→むか~しむかしのアメリカ映画のタイトルで、主題歌がジャズのスタンダードナンバーじゃい!

夫より:「11月に咲いたバラがどうしてサマーなんだ?」
→♪に~わのち~いぐさぁ~も~ のアイルランド民謡原題じゃい! 庭の千草の歌は今ごろの歌じゃろがい!

また、先週の婦人部総会では、今年初めにご主人を亡くされた最年長の奥様が、
「主人はいなくなったし、うちはもう代替わりしているし、そろそろこの会は…」と弱気なことをおっしゃったのですが、
「おっとそれは困る」と思った私の口をついて出たことばは、
「○○さんのいらっしゃらない会なんて、クリープのないコーヒーじゃないですか!」
30~40代の方々が一瞬、ぽかんとした顔。

ピアノ弾きの物理学者さんとはショパンのプレリュードの「太田胃散」は通じたけれど、
お若いhinajiroさんには、博多の「酒はうまいし、ねえちゃん(=私)はきれい…」は通じたかしら…?
昨日の映画で、コアな三谷ファンたちが西田敏行の短いセリフを笑っていたが、あたしゃ、意味がわからんかったぞ。

小さなことだけど、時代やできごとを“共有”できるって大切なことですね。

小説や絵画、映画などを観ていて、「本歌取り」ができると楽しさ倍増ですもんね。

う~む、娘よ、ボーイフレンド選択の基準として、「共有できるものの質と量」は大きいぞよ。

「庭の千草」からおまけ写真
__ 1

__ 2

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


2013. 11. 09  
いやはや…の1週間でした。

火曜日は、同業者の「婦人部」…このネーミングもねぇ(-_-)ですが…の、年1回の総会懇親会。
この5年ほど事務局の雑用係をしています。
総会といっても、女ばかりで、リッチなご馳走食べておしゃべりするのが目的の会。

今年は、年度幹事さんのコネクションで、私が毎月カルチャーセンターで講義・演奏を聴いている先生のパイプオルガンのミニ・コンサートと併せての昼餐会でした。

総会の進行を終えた私は後を年度幹事のお二人に任せて、おいしいワインをぐびぐび、ごんごん飲んでしまった…(>_<)
「二次会はお茶を」と近くのカフェに行ったけれど、そこでもビールを飲んでしもうた!!!

えっとぉ…都合5時間ほど飲み続けたわけです。

帰宅直後はるんるんだったのですが、家族が夕食を食べる頃から気分が悪くなり…。
それから数時間、七転八倒。
お風呂に入って少し復調したものの、翌日まで頭痛を持ち越しました。

火曜日の会のために、時間割移動をしてもらっていたので、水・木・金と振り替え授業でハードスケジュール。
おまけに月初めで自営業の方の銀行行き仕事なども重なり、身体はだるいわ、時間には追われるわで、散々な週でした。
家の中はとっ散らかし状態。

悪いのは私です。
アルコール分解能力が加齢とともに衰えていることが、わかっちゃいるけど…(-_-)

もう二度と深酒はせんぞ!

でも楽しい会でした。
2番目の子を産んだあと出席しなかった時期もありましたが、かれこれ20年近く出ている会。
同業者どうしの悩みを分かち合うことができ、ほんとうにいいお友達のグループです。
今のメンバーの6割は同世代。

子どものおむつがとれない…なんていう悩みの時代から、
子どもの受験はどうしてる?親の介護がたいへん!…の時代を経て、
今は、娘や息子の縁談の情報交換会。

娘よ、大学でボーイフレンドに出会えなくても大丈夫!
おっかさんのとっても仲の良い友だちには、男の子の母がたくさんいるぞよ!
息子たちは、上は29歳から、下は小学4年生まで、
「あなたの娘となら縁組みしてもいいよ~ん!」と。

酔っぱらってゴキゲンな母だと、ムコになっても楽ちんだと思われているみたい。

下は、バラ初心者の夫の”the Last Rose of Summer” 
今週初めに撮った、今年最後のバラです。

___20131109211857296.jpg

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

2013. 11. 04  
昨日は、お天気がよければ軽登山をしようと思っていたのに、一日中雨でした。

夕方、ウォーキングに出かけた他は、本を読んだり、授業の予習をしたり、ピアノの練習をしたりして、おとなしく過ごしました。
ピアノは、モーツァルトの初期のソナタを中心に。
全楽章通して弾けるようになりたい…、先は長い!

ウォーキング中はシャドウイングの練習。
いつものように本屋に立ち寄る。
One Piece の新刊が出ている…息子へのおみやげ!
さらに見回していると、↓の本が…

___20131104112707dcb.jpg
守誠
『小学校で習った言葉 さか上がりを英語で言えますか?』
サンリオ


新聞広告でよく見かけていた本ですが、
「いいえ、言えません。何て言うの?」
と気になっていた本。
手に取りめくってみて「ええっ? これも知らないあれも知らない」の連続。
One Pieceと合わせて1000円以内の予算におさまるので、買いました。

朝の日本史の授業準備中、「これを英語で言うとどうなる?」を意識しながら勉強していました。

例えば
「日露戦争後になると、輸入綿糸を原料に輸入力織機による綿布の生産を大規模に行う工場も出現した。」
「禅宗寺院には禅の精神を体現する庭園が造られたが、竜安寺屋大徳寺大仙院などにある、水を用いず、砂と石を組合わせて象徴的な自然を表現した枯山水が代表的である。」
を英訳すると…?
もし、英文でこの説明がされていたら、間違いなく意味了解することができるけど、発信はできない。

…ほんと、困ったもんだ。

気合い入れて1年勉強して(1次に受かるのが先決ですが)、発信力を身につけなければ…。
と、つよくつよく思っていたところでした。

「英語的発想で構文できるように」は、シャドウイングで対応しますが、
語彙力や独特な言い回しは、上の本の他、次のようなテキストで勉強していくつもりです。
以下は既に持っていた本です。
これ以上増やさずに、これらをじっくりマスターしていく方針です。

__ 5
講談社インターナショナル編
『これを英語で言えますか?』
講談社パワー・イングリッシュ

1999年の版で、むか~し買ったものですが、短い説明文が有益。
最終章「日本の文化を英語でどこまで話せますか?」には、文例が載っているので、勉強になる。


__ 4
植田一三 
『発信型英語 スーパーボキャブラリービルディング』
ベレ出版

CDをiPodに取り込んで聞いています。
第3章と第4章が必須(他の章は、ま、しなくてもいいかな?)

__ 3
山口百々男・Steven Bates 
『和英 日本の文化・観光・歴史辞典』
三修社

きわめつけ! すごい辞典です。
読んでいるだけで楽しい…が、ちゃんと音読して、場合によっては視写もやろう。

「さか上がり」を何というか?
書いてもいいのかなぁ…新聞広告の枠内には書いていなかったから…。
これも、文脈内で読めば「さか上がり」とすぐにわかりますが、自分では思いつかなかったなぁ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
2013. 11. 03  
通訳案内士試験受験をプッシュしてくれたのは、
先日書いたとおり、
上野千鶴子の「百姓的生き方」、
藤原和博の「かけ算で」、
リラの香る家~ミモザさんのブログ
ですが、
ずっと以前より、自分の英語力の弱点を感じており、それを「受験という外圧」によって克服しよう!と思ったからです。

「読む・聞く」についてはあまり不自由を感じません…
が、「書く・話す」になると、がくんと落ちる。

「書く」は、時間をかけてじっくり考えてなら、なんとか(^_^;)
しかし、「話す」は待ったなしです。
これが弱いんだなぁ!


TOEICやTOEFLに比べ、通訳案内士試験(2次)の内容は「発信型」の英語力を試されるタイプの試験だと思います。
試験対策の勉強をすることによって発信型英語力を身につけることができたら!と思っています。

人生4年さんから、とっても貴重な情報をゲットしました!
人生4年さん、いつもありがとうございますm(_ _)m

ここ数日、家事・通勤中・ウォーキング中にiPodに入れた音声教材のシャドウイング(&もどき)をやっています。
通勤中の街中をぶつぶつつぶやきながら歩く勇気はないので、「脳内シャドウイング」。
家の中やウォーキング中、周囲に人がいない場所では、つぶやいています。

目下の教材は、
村上春樹のWhat I Talk about When I Talk about RunningのCD2巻目。
ギリシャの炎暑でアテネ“から”フルマラソンを走ったり、ボストンのチャールズ・リヴァー沿いを走ったり、中年期の肉体の衰えについて考察したり…と内容的に大好きな巻。
読みのスピードもシャドウイングするのにちょうどいい感じ。
それに、「身体も鍛えよう」というポジティブな気分になれる。
…てか、シャドウイングしているときはあまり意味は考えないけれど。

昨日は、
掃除・洗濯の家事中、
自営業オフィスへの往復(徒歩です)、
オフィスでの単純作業中(封筒を開封するとか…)、
夕方のウォーキングに、
あわせて2周半ほど実行。

仕事しながらの受験準備は、机についてペン持って…という勉強時間を確保することができないので、いろいろ工夫していきます。

あ、涼しくなってからは、家事中の“ながら筋トレ”もがんばってます!
アンクルウェイト・リストウェイトをつけて、掃除や洗濯物干し。

写真は「発信力英語&筋力増強セット」
上はリストウェイト500g×2、下はアンクルウェイト500g×2。

___2013110310251633f.jpg

リストウェイトつけての洗濯物干し・たたみ・収納は、ぐっとこたえますぜぇ…
来年の夏は、生徒に「たぽたぽの“振り袖”!」なんて言わせてなるものか!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
2013. 11. 02  
さて、受験科目が決定したので、そろ~りとですが、準備にとりかかります。

一次試験の日本地理は私の最も苦手とする分野です。
数学は?物理は?とか聞かんでくださいよ…受験科目の中で、です!
地歴公民の教員免許(私の免許証に記載されているのは“社会科”ですが)保持者として面目ないことに、ホント、何も知りません。
昔、短期間教えていたのは、世界地誌とか地学的な地理(火山のでき方とか海岸の形とか)でしたし…。

対策本として、基本の基本からと思い、次の2冊を用意しました。
中学受験用(=日本地理中心)のテキスト→社会のセンセが小学生並み(-_-)

__ 2


昨日、本屋で見つけ、よしもとばななのエッセイ集をあきらめ選んだのが、これ。
「ご当地グルメ」や「神社・仏閣・パワースポット」などというページもあり、なかなか面白い!

__ 1


政治経済文化一般常識分野については、もう少し過去問を検討してから、参考書を選ぼうと思っています。

ブログ村のカテゴリーをいじりました!
英語学習について、ご教示いただければ幸いですm(_ _)m


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


2013. 11. 02  
拍手コメントに昨日、ご質問がありました。
コメントありがとうございました!

「空の巣」は「からのす」ではないか?

ブログタイトルを決めるときに、「からのす」ではなく「あきのす」と読んでいただきたくて、わざと「空きの」という「き」付きの表記にしました。

「空の巣症候群」は empty-nest syndrome の訳語ですが、「からのす」と読んでも「あきのす」と読んでもいいようです。
8年ほど前に臨床心理学の修士課程で学んでいたときに、ゼミで話題になりましたが、「どっちで読んでもいいでしょうねぇ」というような話をした記憶があります。
現在では「からのす」と読む方が多いと思います。

ちなみに、2004年4月発行の培風館『心理臨床大事典 改訂版』には、和文・欧文索引とも「あきのすしょうこうぐん」「からのすしょうこうぐん」「empty-nest syndrome」のいずれもありません。

(院生時代、一日に一度は手にして引いていた事典を久しぶりに箱からだしてぱらぱらめくってみましたが、初版序文も改訂版序文もいまは亡き河合隼雄先生が執筆されている…時が経ちました…合掌)

もちろんempty-nest syndrome を意識してのタイトルのネーミングですが、
「子育てを終え、子どもが巣立っていったあとをemptyとよんでいいのか? 自分がempty-nest という呼称に甘んじていいのか?」
という自問が私の中にあります。

語についての“私の”感じ方なので普遍性はないかもしれませんが、「あき」と「から」の違いについて、以下のように考えています。

「あき」は、本来なにか(だれか)がそこにある(いる)状態が想定されているが、いまは「空」である。
例:空席を指して「ほらそこそこ、そこにあきがあるよ」。

「から」は、ものがないという状態を「あき」よりもっと事実のみを伝えるというスタンスで言う感じ。
つまり、「あき」=vacant 、「から」=empty という感じ。

「お手洗いはどこ?」と探しまわり、それらしきドアを見つけノックする。
返事がないので、ドアを開けてみる…と、

Vacant やったぁ!トイレだ。あいててよかった!

Empty あれれ、トイレと思ったら中がからっぽの小部屋だった(>_<) トイレはどこだ?

という感じですかねぇ…。
(下世話な喩えですみません)

と言うわけで、
子どもが巣立った後の状態をempty と言うな! 
雛が巣立って一時的にはvacantに見えるかもしれないけれど、親鳥はこれから自分のためのcomfortable な巣を作るのよ!

という気概を込めて「あきのす」と読んでいただきたいし、「ですが…何か?」という開き直り口調もそれに合わせておりますm(_ _)m

以上の私の解釈にご異議もあることでしょうが、ブログタイトルは固有名詞ですので、そこのところ、ひとつよろしくお願いします(^_^)v

*当ブログは実在のempty-nest syndrome とは、一切関係ありません。(^_-)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

2013. 11. 01  
朝5時起床、大阪の娘にモーニング・コール。
娘は今日からサークルの秋合宿で早朝集合。
かつて一度寝坊のため大事な活動を休んだ経験があるので念のため…過保護ママざます。

朝の定番コース(お弁当作りながらお白湯、ストレッチ&太陽礼拝4セット)、洗濯、掃除、片付け。
前記事の通り、万年幹事(?)をしている会の雑務処理。
今日も学校行事で仕事は休み!
(2学期は行事が多いなぁ…)

そうそう、オフィス・アワーに電話で確認すべき重要案件があった!

日本政府観光局に電話して、通訳案内士の一次試験の免除規定についての確認をしました。
英検1級取得時期に制限はあるやなしや?
21年前に取得した英検1級はもう「ご賞味期限切れ」ではないかしら…と懸念しておりました。
年度制限はないとのこと…よかった!!!
ついでに歴検日本史2級のことも確認しました。
これで、一次は日本地理・政治経済文化の一般常識でよいことが確定しました。

片付けものをしていると、読みかけの本がずらずら出てきた(>_<)
それらの本を「読む」「読まない」に分類し、「読む」の山から読み出す。
昼食を食べるのも忘れて読みふける。
気付けば、もう日が傾きかけている。
月初めで今朝リセットした歩数計のカウントを上げねば!!!
と、5時頃よりウォーキングに出かける。

本屋に立ち寄り、立ち読み。(なんか美しいですね、このフレーズ)

気になっていたよしもとばななの最新エッセイ集を見つけて立ち読みしました。
本の新聞広告キャッチコピー「期待せずに信頼する」に相当するエッセイのタイトルは「すこやかに」でした。

子どもが生まれたとき、「元気で生きていてくれさえいれば」と思ったが、ゲームに呆けている息子を見ていると、いろいろ“注文”が出てくる。
しかし震災後、また初心に返って、元気で生きていてくれることだけを願う気持ちになった。
自分が本当に好きなことを見つけたら、人から言われずとも自分で努力するだろう。
私が死んだあとは、何とか生き抜いていくだろう…くらいの楽観をしたい…
というような内容でした。

本当よね!
水曜日の英会話レッスンで、8コマ漫画を見ながら状況説明するという課題がありました。
自転車で猛スピードで走っていて、ものかげから急に出てきた犬を轢きそうになって転倒、ケガをする…というような場面。

それから、自分のデンジャラス体験をそれぞれ語ることに…。

私自身は臆病者なので、そんな危険な目に遭ったことがない。
何を言おうかしら…と考えたあげく、息子の4歳の頃の“事件”を話しました。
みんなびっくりで、「考えただけでぞっとする」という反応。
私もしゃべりながらその時の光景が目に浮かび、ドキドキしてきました。

息子があのとき死んでいたと思えば、少々、態度が反抗的であろうが成績が悪かろうが…。
生きているだけでありがたや…です。

とってもすてきなエッセイ集でした!
オススメです。

なにせウォーキングの途中、小銭入れに千円ちょっとしか持っていなかったので1000円未満の本を購入。
ばななさん、立ち読みでスミマセンm(_ _)m

とっぷり日が暮れて家に着いたら、夫も息子もまだ帰っていなかった。
ひとりビールです!
おつまみはパセリとチーズ。
これがちょうど一缶分のおつまみ…スマホで写真撮るのが面白くて…つまらない写真ですが<(_ _)>

___201311012124349e1.jpg

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
2013. 11. 01  
さあ、今日から11月。
心機一転、がんばるぞ~!

まずは洗濯ものや掃除を済ませ、11月に総会のある会の資料や領収書も作ってしまい、一段落。
ごちゃごちゃしている机周りを片付けました。
ペンディングにしている郵便物の片付けも。

あれれ?いつもは即処分するDMが何枚も溜まっている。

11月生まれなので、「お誕生日おめでとうございます」と、
10月下旬から、いろいろなお店よりお誕生月限定特典案内が届いていたのです。

「このはがきをご持参で云々」と…。
ふ~む、美容室に行って、マッサージに行って、服や靴・バッグを買い、ご馳走を食べねばソンするかも…。

今年はコマ数多く非常勤講師稼業をしているので、わらわはちょっぴりリッチであるぞよ。

ぬふふ、いよいよ、わらわがファッションに目覚め、美を極める時が到来したか!


な~んて、勘違いをしそうなお誘いです。
メールも何本か来ていました。

こんなに私は個人情報を垂れ流していたのかしら…(>_<)

中に次のようなメッセージが…

11月の誕生石トパーズを身につけると
「他人に依存せず、知性と勇気を強めてしっかりとした自分を作り出し、地に足をつけて前に進めるようになる」とも言われています。


ほう(*^_^*)
そう言われるとトパーズを買って身につけないといけないような気になるなぁ…。

トパーズってどんな石だろう?
昔、12の誕生石の写真で、4月のダイヤモンドは「小さくてお高い」のに対して我が11月トパーズは「でっかくてお安い」…私は安上がりの女なのか!と思った記憶があります。

ホットフラッシュがおさまった暁には、ちょっとはおしゃれでもしてみようかしら…なんて思う今日この頃でございます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。