--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 12. 19  
娘がフェイスブックに、
「三谷幸喜の映画『清須会議』を友だちと観てきました!」
と投稿していました。

映画に行った話は電話で聞いていたけれど、なかなかよい記事を書いていて、
母の心までぽわんと暖かくなりました。

以前、友だちを誘ったらヘンなことになって、勧めた母も「墨をのんだような」気持ちになっていたのでした。

今回は、別の友人を誘って、楽しい時間を過ごしてきたとのこと。
映画の後のお食事(飲み会)も美味しそうなビールと料理の写真がアップされ、楽しかった模様。

気の合う友だちと、映画を観て、食事をしておしゃべりする…最高ですね!
ウラヤマシ(*^_^*)


また、もう一つのおすすめ映画「ハンナ・アーレント」はドイツからの留学生と観に行く予定だったけれど、
娘が上映時間を間違って、一緒には観られず、お食事・デザートの会に急遽変更となったそうな。

日本語がほとんどできない留学生と英語で4~5時間も会話して、たいへん勉強になったらしい。
母語でどうでもいいことを駄弁るのに比べ、外国語での会話は「何を言いたいのか」を自問してクリアにしなければなりませんからね。
言葉の問題だけではなく、日本の政治やいろいろな制度のこと、その問題点、読んだ本のことなど、
話題も日本人の友だち同士の会話ではなかなかしないような内容だったらしい。

彼女にとって、大学入学以来、サークルの飲み会や同じ学科の女子会など、グループでお酒を飲んだり食事をしたりする機会がたくさんできたようです。

でも、私自身の経験や娘の話を聴いて思うに…、
省察を促し、自分を深化させるような会話は、1対1で、またはせいぜい3~4人くらいまでのグループでしか成り立たないような気がする。

母だって、学生時代以来、伊達にお酒飲んでいた訳じゃないよ!
お酒飲みながら、友とじっくり話し込んだことが、今の私を作っているような気がする。

娘には、専門分野や一般教養の勉強、サークル活動をがんばることも大切だけど、
せっかくの学生時代、いろいろな人と出会って、少々青臭くても、真面目な話ができるようなチャンスをたくさん作って欲しいものです。

*娘が「清須会議」の後に行った、世界中のビールの品揃えがある店、母も興味津々。
こんど連れていってちょーだいっ!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013. 12. 08  
今年は夫の両親の三回忌(父)、七回忌(母)です。

両親はクリスチャンだったので、仏教の年忌の法要はしないのですが、義兄の企画により、本日、子ども、孫が集まって墓参と食事会をしました。
お墓は広島にあります。

大阪の娘も来たので、久しぶりのfamily reunion でした。

食事会の後で、夫と娘、私の3人で「ひろしま美術館」に行ってきました。
広島に行くたびに時間があれば訪ねる美術館です。
お目当てはヴラマンク
2枚のヴラマンクの絵の前でぼーっとしてきました。
ヴラマンク大好き…既視感がある景色で、力がある。

さて、今日の朝勉ですが、
朝6時から7時までの1時間でVisual の#13,#14,#15の3つを読みました。

息子はもう、解釈が終わったあとの音読3回(最初は2回の約束だったけど)を全く嫌がらずに、はっきりした声で読み上げるようになりました。
今日なんか、間違って4回目を読もうとしたので、私が「もういいよ」と止めたくらい。

その後、ミモザさんとhinajiroさんからコメントをちょうだいしていることに気付き、読みました。
(朝勉を終えたあと、すぐに広島に行ったのでお返事が遅れてすみません)

今日の課題文#13とお二方からのコメントを読んで、
息子との英語特訓について、
また、
非常勤講師として受験で日本史選択をしている(主にセンター)のクラスの授業について、

あらためて、衿を正して心してがんばっていこうと思ったことでした。

#13の課題文、私もいろいろと反省し考えさせられましたので、全文を載せます。
(以前書いたように、60の課題文をタイピングして保存していますので、朝飯前です…はい朝飯前にこれを読みました!)

There are a few general principles that apply to all the kinds of teaching. The first principle is that the teacher should be clear. Whatever you are teaching, teach clearly. Discover what your students do not know and then try to explain it to them in a way that everyone will understand. Use many examples and illustrations. Allow enough time for discussion. A good pupil is seldom silent.

Patience is the second principle. Nothing worth learning can be learned quickly. Real teaching is not just giving information. It involves a conversion, an actual change in the pupil’s mind, and this does not happen quickly. Lessons should be carefully planned and plenty of time allowed for repetition and review. Emotion should be controlled. Whenever we become too emotional as teachers, we are forgetting that conscious reason is what makes us men and not animals.

The third principle is responsibility. Anyone who teaches should realize that it is a serious matter to guide another person’s life.


1~3とも、教える側の心構えとして大切なことだと思いました。

心なしか、
Emotion should be controlled. Whenever we become too emotional as teachers, we are forgetting that conscious reason is what makes us men and not animals.
を読み上げる息子の声が、「ほうら、おかん、聞いているかい?」というニュアンスを帯びていたような…(^_^;)

「これ、もう何回目? まだ覚えてないのっ?」なんて怒った声で言うのは、厳に謹んでいこうと深く反省した次第です<(_ _)>
ねっ、ミモザさん!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
2013. 12. 03  
昨日は、4時半に起床してお弁当を作り、5時から6時まで息子と勉強。
6時15分に息子を送り出して、重要項目まとめメールを書いて、息子に送信。
(息子は朝はリンゴ一切れくらいしか食べなくて、お弁当の他にパン1個とか“ちび弁”を持っていって朝補習開始前に食べる。)

7時に夫が起きてくるまでに、朝の定番コースを済ませました。
起きて一番にすることは、お湯を沸かしてお白湯をちびちび飲みながらお弁当作り。
定番コースは、自己流ヨガ風ストレッチと太陽礼拝4セット、あと何というかしらないけれどコアトレの準備運動。
両手を頭の後ろで組み、肘をあげ、大きく左脚を上げて右肘を左膝に当てる。身体をクロスに曲げる運動。これを右・左…と合計50回やります。
足首には片足500グラムのアンクルウェイトをつけているので、けっこうきつい運動。

夫が起きてきてコーヒーを淹れ、朝食の準備…といっても果物を切ってヨーグルトをかけるだけ…をしてくれる間にブログ書き。

掃除・洗濯をして10時から、久しぶりのピアノレッスンへ。

それが、ピアノ用眼鏡を忘れて、楽譜が見づらい!
仕方なく、ハノンを中心に、脱力や指の形、落とし方などの基礎を見ていただきました。
音符の大きなチェルニーまではなんとかなったけれど、バッハのシンフォニア、モーツアルトになると、とっても見づらい。

帰りに銀行に行き、食料品買い物をして、灯油を買い、家で昼食(いつもお弁当の残り程度、食べないときもある)。
いつもなら、ここで出勤となるわけだけど、今日は学校は出勤しなくてよい。
自営業のオフィスで溜まった仕事を片付けねば
…と思っていたら急に眠たくなって、ソファに横になる…。

目が覚めたら3時!
片付けものをして急いで歯医者さんへ。
また、ここでも失敗。
自営の仕事で、歯科医院近くで用件を済ませるはずだったのにすっかり忘れて帰宅。

ああぁ(-_-)

眼鏡や用件を忘れるなんて…。
眠たくなって帳簿整理の仕事を先延ばしにするなんて…。

ちょっと自己嫌悪に落ち込んだので、こういうときは身体を動かすのが一番…と、夕方、DVD返却(「ステキな金縛り」を観ましたよん!)をかねて40分ほど歩きました。

このところ運動不足だったから、気持ちよかった!
復路も歩いて帰ろうと、レンタルショップを出たところで、夫から電話。
「今朝、家の鍵を忘れて出た。」
やむなくバスに乗って帰宅。

ドジなことをいろいろして、効率の悪い一日だったけど、
「ピアノ、もっとがんばろう」
「息子の英語は手を抜かず時間厳守でがんばろう」
「身体を動かそう」
と、年末までのやる気を高めました。

息子がやる気を出している
これだけで、私も気持ちが明るくポジティブになれるなんて…。

ビジュアルを一日2~3文読むことにした…と息子に方針変更を伝えたときも、
素直に「うい~っす」と同意しました。

予断は許さないが、長いトンネルをやっと抜け出たのかしら(*^_^*)と思う今日この頃です。

ところで、私の通訳案内士試験対策はどこにいったんだろう…?
ま、ぼちぼちやっていきましょう(^_^)v

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
2013. 11. 23  
「墨問題」について2回連続書いたら、自分自身がすっきりしました!

どくんと飲んで、心の中に拡がっていく「墨」について自分なりに言語化すること、文章化することは、対処法としてとってもよい!

それに、「英訳」ではなく英語でもう一度考えるという作業をしたら、思考法というか使用する脳の部位が違うというか…、さらに状況を分析(ってかっこよすぎるけど)するのに効果大でした。

書きながら思ったこと。
こういう時に、「傷ついた」「傷つけられた」という言葉は使わないようにしよう。
日々、高校生や専門学校生を相手にしていますが、彼女たちが会話の中でよく口にすることばです。
私はそれを聞くたびに、自分の心情を被害者として軽い感じで(違うかも知れないけれど)言うのはどうなんだろう?と思っています。

じっさい、娘は別れ際の言葉を聞いて「ぽかん」となり、「あれれ?」とは思ったけれど、傷つけられたという気持ちはないよう。
別れた後でじんわり効いてきた訳ですが、その時の気持ちは「不可解」とか「不愉快」という感じだったでしょうね。

ぐだぐだと2回連続書いたけれど、今では、意図のよくわからない言葉を発した相手の人に対しても、
「悪気はなかったんだろう、コミュニケーション能力が不足しているのだろう、また、ひょっとしたら微妙なニュアンスのやりとりができない、ある種の障がいがあるのかもしれない(高機能アスペルガーとか)…」とも思うようになりました。

「覚えていたらメールする」「覚えていなければメールできない」、真理です。
それを口にしたまでなのに、数日後、丁重なキャンセルお願いメールを受けとって、彼の方こそ「???」と思っているかもしれない。

そう考えると、次回、彼に出会ったときに、それなりの対応ができると思います。
娘にとっても、遠方から娘のことを心配している母にとっても、よい勉強だったと思います。

Now I realized that writing an essay on uncomfortable feelings is a kind of process of focusing and analyzing oneself.
And writing bilingually is more effective.
I guess the way of thinking in Japanese and in English is different even the subject is the same.

I was careful not to use the word “hurt” and “be hurt”.
Many teenage girls I meet at schools often say these words, and every time I hear the words I feel uneasy because the meaning of them is sometimes too strong and the words may have the power to “hurt” the people.

Actually my daughter was not hurt at all but just embarrassed.

And after finishing the essay, I came to think of the guy.
He may not be mean nor ill-hearted.
“I will e-mail to you if I remember.”
Of course!

He can e-mail when he remembers and he can’t when he doesn’t.
It’s perfectly true! He just uttered the truth.
He might have such kind of disorder as Asperger.
If so, he might have hard times in communicating with friends.

Let’s not accuse nor hate someone on account of one incident!
This is what I learn these days.

*前記事を書いた後で、夫より文法的ミスを数カ所指摘されました。
訂正しましたが、早い時間に読まれた方は、
「こいつ、墨を飲みたい気分なんかい?」と不審に思われたことと存じます。
失礼しましたm(_ _)m
持つべきものは、文法・語彙・用法チェッカー。
もちっと高性能なのがほしい…ミモザさんうらやまし(^_^;)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


2013. 11. 19  
週末、またまた深酒して二日酔い…という最悪パターンを繰り返してしまった(>_<)

土曜日、パイプオルガンの会。
メンデルスゾーンとバッハについて。
メンデルスゾーンがバッハを“再発見”したことは知っていましたが、詳細について話を聴いて、たいへん勉強になりました。
ユダヤ系の裕福なお坊ちゃまで、バッハ自筆譜をプレゼントにもらう…なんて境遇がバッハ再発見につながったんですねぇ!!!
メンデルスゾーンはオルガンの名手でもあった…。

メンデルスゾーン作曲のオルガン曲は初めて聴きました。
いいなぁ、このカルチャーセンターのコース!

その後歩いて5~6分の大学の研究室の同窓会へ。
総会はスキップして懇親会に直行。
すでに宴もたけなわ。
遠くから、「お~い! 遅いっ! こっちこっち」と手が挙がる。
同世代のテーブルに着いて、駆けつけビール、追ってワイン。
周りが既に酔っていたので、つられてごんごん飲む。

楽しかったぁ~(*^_^*)

二次会はおばさん4人(1級上1名、2級下2名と私)で、行きつけの店に。
4人が4人とも、よく言えば個性的な、正直に言えばできの悪い息子を持つ母なので、息子の愚痴で盛り上がる。
「女の子は賢いのに、どうして息子はああなのかねぇ?」
じんわり、娘自慢を盛り込んで…。

最近の傾向として、酔いが時間差で襲ってくるようになりました。
トシなんでしょうねぇ。

その晩は日付が変わった頃に帰宅し、気持ち良くお風呂に入って就寝したのですが…、
翌朝の頭痛のひどいこと(>_<)

つい10日前に「もう深酒はしない」と自分に言い聞かせたのに…、
っていうか、そう言い続けて30年…とほほ。


今週、誕生日を迎えました。
以下誕生日の誓い

★節酒する…レコーディング・ドリンキング
 その日飲んだアルコールを必ず日記にメモする→記憶に残る酒量以上は飲まない
 日記に記録すると決心しただけで酒量が減る…のではないかしら???

★字を丁寧に書く 
 最近ド近眼に老眼が進んだこともあって、字を書くのが億劫になっています。いきおい、ぐしゃぐしゃっとした字を書いてしまう。
 せめて毎日つけている日記だけは、一画一画丁寧な字を書くよう心がける。

★フィジカル・エクササイズ、英語の勉強、ピアノの練習を毎日少しずつでも欠かさずにする

です。
もう、そろそろ大人にならなきゃ…ですもんね。
地道にがんばります。

今日は、気分一新、気合いを入れるために髪をさっぱりカットしてパーマをかけてきました!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。