--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 10. 30  
今年で何年目かしら?
毎年、この季節に「ブックオカ」というブックフェアが福岡市で開催されます。

ブックスキューブリックという素敵な本屋さんのオーナーがこのプロジェクトの中心人物です。

今回のブックオカの目玉企画(?)として、昨晩は、アメリカ文学の翻訳者・東大教授の
柴田元幸さんのトーク&朗読会
があり、行ってきました。

柴田元幸は私の大好きな現代アメリカ作家のPaul Auster の翻訳者です。
トークによると彼がAusterの訳を始めて23年とか。
私がAusterを読み始めた頃です。
もう、そんなに経つかねぇ…。

じつは、柴田さんのエッセイはいくつか読んだことありますが、翻訳はあまり読んだことありません。

おっと、文学作品ではないけれど…。
__ 1

この『英語クリ-シェ辞典』ベティ・カークパトリック著 柴田元幸監訳は私の座右の書です。
母国語読者はすんなりわかるけれど、外国人には「何がおかしいのかわからない」というようなことがよくありますが、そういう知識の補充にとっても役に立ちます。

Austerのことでした。

私は、同時代のお気に入り英米作家はできるだけ原書で読むことにしています。
代表は、Kazuo Ishiguro と、このAuster

でも、昨日の翻訳朗読を聴いて、「うむ、優れた翻訳も読むべきだ」と強く思いました。
柴田元幸のエンタテイナーとしての魅力にも感動。
ギター弾き語りによるNorwegian Woods がジャングリッシュなんですけどね、しみじみと良かった。

ブックフェアにふさわしい朗読として、
「本と女の子」 (印刷されたプログラムなどなかったのでうろ覚えです)という詩と、
Ray Bradburyが最晩年に高校生たちの編集による「非必修読書」(?)に寄稿したエッセイ
の翻訳を読んでくれました。

「本と女の子」は本が話者で、女の子は語られる側という不思議な構造。
朗読を聴きながら(紙芝居仕立て)、映画『シービスケット』のことを思い出しました。
いま、調べたら、『シービスケット』は10年も昔に観たのね…時の経つのは早い。
娘と一緒に観たから、彼女が11歳のとき…。

ブラッドベリのエッセイも、読書の楽しみを語り尽くしていて味わい深かった。
柴田さんによる「最晩年で、おそらく手も不自由で口述筆記で書かれたものだろう」という説明があったので、ブラッドベリが少年の頃を想起する場面では、Dandelion Wine
Farewell Summer のことが思い出されました。

柴田さんが責任編集して創刊された雑誌Monkey 
__ 2

会場で購入しましたが、読みでのあるすごい雑誌!
こりゃまた、時間喰い虫になりそう(>_<)

翻訳も読んでみるべし…と
『柴田元幸翻訳叢書 アメリカン・マスターピース 古典篇』

も購入。
__ 3

サインしてもらおうかしらと思ったけれど、長蛇の列なのであきらめ、ブックスキューブリックのOさんに挨拶して帰って来ました。

とってもすてきな夕べでした。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013. 08. 23  
昨晩は激しい雷雨でした。
長いこと雨が降っていなかったので、庭の草木にとっては恵みの雨。
でも、「降れば土砂降り」It never rains but it pours.(-_-)

夏休み中に読んでいた本

Out of Africa
Isak Dinesenのジャーナル。
心をぽーんとどこかに飛ばしたいとき(いつでもそうだけど)、手にとって数ページずつ読み進めています。
アフリカ、行ってみたい(*^_^*)

ひとつよくわからないのは、著者カレン・ブリクセンが男性のペンネームで書いたものだが、話者(一人称)はずっと読んでいても性別不明。
かなり進んだところで、she称で呼ばれる(牧師からだったか?)ので、女性ということがわかる。
それはそれとして、農園の経営者として男性の影は一切ない。
ということは、夫がヨーロッパに帰った後のことかしら?
最終章のFarewell to the Farm までいけばいろいろわかってくると思うけれど、ノンフィクション色の強いフィクションとして読むべきなのでしょうね。

『日本 その日その日』 
エドワード・S・モース
読了。
大森貝塚の発見者として有名なアメリカの動物学者モースの日本滞在記。
幕末の空気を濃く残している明治の人々の暮らしがよくわかる。
全編、モースが日本人の礼儀正しさ、正直さ、器用さ、勤勉さ、繊細な美的感性を称賛して、欧米が自分たちの文化を押しつけ、米本国で日本のことが正しく伝わってないことを批判的に書いている。

特に人力車夫や飛脚、船頭などに対する称賛が繰り返し書かれている。
重たい負荷にもかかわらず、すごいスピードで長時間仕事をし続け、かつ正直で礼儀正しい。
そういえば、明治生まれの私の祖母も商売で重荷用自転車にかなりの積み荷を載せて配達をしていた。
私にはとてもできない…。
こういうところ、われわれは退化しているのでしょうね。
ふむ、ダーウィンの進化論を日本に最初に伝えたモース先生がこの「進化の一形態である退化」をご覧になったらどう思われることか…。

東京帝国大学での講義は全部英語で行われていた…漱石の話でも知っていたことだけど、ここでも改めて確認。

モースのスケッチが楽しい。
日本史の授業で明治期の輸出品目に「蚕卵紙」というのがあるけれど(受験日本史重要ポイント!)、その形状がいったいどんなものか知りませんでした。
モースのスケッチでよくわかった!

『ニッチを探して』
島田雅彦
読了。
直前に観た映画「キンキー・ブーツ」で、男性高級革靴製造に行き詰まった靴工場経営者とその新しいガールフレンドが度々niche(=女装する大男のためのセクシーな靴の市場)と言っていたので、その連想を振り払うのにしばらく戸惑う。
確かにこの小説でも「ニッチ」はキィワードです。
路上生活者の実情がよくわかる…村上龍の『55歳からのハローライフ』とは違った視点で。
最後まで気を抜けません!(読者も主人公も)

現在読書中…
『放浪記』
林芙美子
娘が大阪で読んだそうで、勧められた。
私は、いつか読みたい…と思い続けていまだに読んでいない。
いくつかのバージョンがあるらしいが、手に入れやすい新潮文庫版で読み始めました。
こういう類の本、もっと若い頃に読んでいれば
…と後悔しますね(>_<)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
2013. 08. 01  
今日から息子は、部活の大会。
5泊6日の長丁場です。
山から帰ってくるたびに大きくなっているようで頼もしい…。

娘もこの週末は、関西で登山の計画があるようです。
来週には帰省するとのこと。

私は来週いっぱい補習授業や教員免許更新講習などでスケジュールがぎっしり詰まっています。
夏休みはまだまだ先です。

ということで、今日から6日間、子ども不在のまさに「空きの巣」状態。
私は暑さのため食欲がないし、夫も子どもがいなければ料理のし甲斐がなかろう…で、じじばば二人、栄養不足からくる熱中症なんかにならないよう、心して過ごしていこう!

今日も早朝から息子の送り出しや出勤、帰宅後は専攻科の期末レポートの評価で、疲労困憊です。

ここらでちょっと休憩してブログでも書こう!
…で、子どもと本の話題です。

幼い頃の娘と息子は、好きな絵本のタイプが全く異なっていました。

娘は、ストーリー性のある絵本が好きでした。
息子は、ストーリーなどはどうでも良いようで、図鑑的なもの、あるいはその時々の自分の好きなテーマの絵本が好きでした。

もちろん個人差ではあるけれど、おそらく「性差」として一般化できるかもしれませんね。

前に書いたように、子どもたちが幼い頃繰り返し読んだ絵本は、納屋の中のコンテナに“封印”しているので、細かいところは確認できず、以下、誤りがあるかもm(_ _)m

娘は、福音館書店の古典ともいうべき絵本は、日本のも外国のもいろいろたくさん読んでいました。
個人の作家として入手できるものはほとんど全部読んだのではないかというほどのお気に入りは、
パット・ハッチンス、
エルサ・ベスコフ、
バージニア・リー・バートン、
アロイス・カリジェ、
バーバラ・クーニー、
スズキ・コージ、
井上洋介、
片山健、
長新太、
カズコ・ストーン 
(当時月刊誌で出版されていたもののみ)
など。

あれれ? 
娘が好きだったのか、私が好きだったのかわからなくなってきた…。


ストーリー性のあるものも好きだったけれど、ナンセンスものも大好きだった。

いやぁ、絵本の世界のナンセンス(と呼んでいいのやら?)ものは奧が深い!!

ブタヤマさん、パチャリントくん、ゴムあたまぽんたろうくん、キャベツくん、どんどんくん、コッコさん、エンソくん…。

わが家のメンバーは、以上の方々の御名を口にするだけで、その御仁の全人格を想起し、共有することができます。

誰かに呼びかけて振り向かせたいとき…「ブタヤマさんたらブタヤマさん!」と声をかける。
今は電子ドラムでロックに夢中になっている息子は、幼い頃から「たいこたたきのパチャリントくん」だった。
頭でっかちの幼児体型のかわいい男の子を見ると、ひそかに「どんどんくんみたい」とつぶやく。

私は、家事をしているとき、ジョギングをしているときなどに、「だくちるだくちる」と頭の中でつぶやくクセがあるけれど、こうやって回顧してみると長新太ってすごいんだなぁ。

ううう~っ、懐かしい絵本が見たくなったよー。
なんだかとりとめのない内容ですみません。
「暑さのせい?」←コージさん

さきほど、プール帰りの夫から電話あり、やはり今日の夕飯は焼き鳥やデリなど「中食」で済ませることに決定。

さ~て、グラスを冷凍庫に入れよう!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
2013. 07. 26  
娘が5歳、息子が1歳の頃、夫が半年以上入院・療養をしました。
私は夫不在の自営業のやりくりや、
二人とも保育園に預けていたけれど、息子はやっと歩き始めて目が離せず、
仕事・育児・家事、夫の入院している病院通い、
…孤軍奮闘、心配や忙しさでへとへとの毎日でした。

ある日曜日、久しぶりにちょっとゆっくりして、ぐちゃぐちゃになっていた家の中を片付け終わった時。
娘が「おかあさん、クッキー作ろう」と言い出しました。
ずっと以前に約束していたクッキー作りです。

私は、気乗りせずに生返事。
娘はいそいそとクッキー型(それが使いたかった!)を用意していました。

その瞬間…今まで突っ張っていたものが心の中でバチンとはじけ、大ヒステリーを起こしてしまった。

娘に向かって大声で、
「お母さんが疲れているってわからんの?
たった今きれいにしたばっかりの家をまた粉だらけにする気?」
と叫びながら、クッキー型を床にたたきつけました。

これ、虐待ですね…。

私は突っ伏しておいおい泣き出し、娘は黙ってクッキー型を拾って私の横に腰掛けました。

考えれば、この数ヶ月、一番つらかったのは娘だったのかもしれない。
私は家庭内の事情を「頭で」理解し対処することができる大人。
息子は、まだ何にもわかっていない…。

娘は、言語化も合理化もできないけれど、「お父さんもお母さんもたいへん。お母さんがいないときに弟が怪我したりしないように私が気をつけていなければ。」と直感でわかり、深いところで傷ついていたはず。
久しぶりにゆっくりしている母を見て、「今日こそは」とクッキー作りを言い出したのでしょう。

弟が生まれる前、夫が入院する前は、いつも娘を抱っこして何冊も何冊も絵本よみを楽しんでいました。
でも、この数ヶ月は娘のことをまったくかまっていなかった。

その晩から、娘と私の「本読みイス」ごっこが始まりました。

夜、息子を寝かしつけた後、布団の上に私があぐらを組んで坐り、そこに娘を坐らせる。
寒い時期でしたので、二人の膝の上に毛布をかけその縁を私の脚の下にたくしこんで「シートベルト」。

私の右手の親指の付け根のあたりに、目には見えないけれど「硬貨投入口」がある。
そこに「チャリン」と言ってお金を入れるフリをすると、「ギギギー」とイスの「アーム」(私の両腕)が上がってくる。
もう一回「チャリン」とお金を入れると、私の手にした本のページが開かれる。
そこで読み始めるかと娘が期待するのだけれど、うんともすんとも動かない。
しばらくすると、ロボット声で「リョーキンヲオイレクダサイ」と「イス」(私)がアナウンス。
3度目の「チャリン」で、(こんどは普通の口調で)朗読が始まる。
1ページ目を読み終えると、それが文の途中であってもストップ。
娘は急いで「チャリン」とお金を入れなければならない。

そうやって、毎晩毎晩、夫の退院まで本読みイスごっこをしました。
これで読んだ本は、当時刊行が話題になった福音館書店の『日本の昔話』シリーズこぐま社の民話集三省堂の『日本昔話百選』、岩波少年文庫の赤シリーズなどの「絵本じゃない本」(娘の言葉)。

本当に楽しかった!
娘は、面白がってくすくす笑いながら「チャリン」を繰り返していました。

物語には、子どもの心を育てるだけでなく、大人の心を癒す力があるということを身をもって体験しました。
一時間近く読み続けた晩も。
数日目からは、私の腰痛防止に、本物の座椅子(というのかしら?L字型の背もたれ)に私が坐って読書。

この親子で楽しんだ本読みイスごっこには、思わぬ副産物がありました。
わくわくどきどき、次はどうなる?と読み手も聞き手も思っているのに、ページの最後の文字でストンと「料金切れ」になるので、娘は間をおかないように「チャリン」しなければならない。

いつの間にか、私が音読しているところを目でなぞって、絶妙のタイミングで「チャリン」ができるように…。

娘のお気に入りの(大人からするとなんだか不可解な)「朝日三郎」の話は繰り返し読んだので、少しずつ、私に合わせて音読もできるように。

最後の「いきがぽーんとぬけた」や「とむかしあったとさ」などの決まり文句は必ず二人声を合わせてフィニッシュ。

こうやって、娘は特別なことをしなくても、自然なスピードで文字が読めるようになりました。

*三省堂の『日本昔話百選』は、大人が読んでやる本ですね。
子どもが自力で読む体裁(文字の大きさ、行間など)にはなっていません。
いっぽう、こぐま社の本は子どもの目には「物理的に」適合していますが、外国の民話については内容が難しすぎる話が多いように感じました。

当時は、つらいばかり…と思っていた半年間でしたが、回顧的には、娘との読書の時間のおかげで、サバイバルできたのだと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
2013. 07. 22  
子ども達と絵本・本の思い出を書き継いでみよう…わくわく…と、
構想を練っていたら、

あれも書きたい、これも書きたい

はい、そうです。
夫のだ~いすきな(私も! シーナ隊長と同じくらい好きです!)東海林さだお先生のエッセイのタイトルからのパクリです。

それに加えて、暑さでビールが進み、ちょっといい気分になってしまいました。
構想まとまらず。

脱線して、前稿でちょっと書いた、「本のコストパフォーマンス」について

ブンガクショーネン・ブンガクショージョにとって、永遠の悩みの種は、

あれも読みたい、これも読みたい
でも、本代はごくわずか


…ということだと思います。

小学校の高学年の頃に福岡・天神の比較的大きなビルのワンフロア全部が書店、という夢のような本屋ができました。
フランス語の「本」に出店地を足したのが、その書店名。
ああ、なつかし!

お年玉やリッチだった母方祖父からお小遣いと称して時々もらったお金をしっかりお財布に入れ、高いバス賃を払って天神に行き、その本屋に入り浸って文庫本を物色するときのワクワク感!

また、新天町という商店街でLPレコードを物色するときのワクワク感!

そこで買った文庫本で漱石、藤村、志賀直哉、「罪と罰」、「アンナ・カレーニナ」…を読みました。
今まで処分せずにずっと本棚に残している文庫本・新書が30~40冊あります。
黄変して、活字はつぶれたようで読みにくい。
調べ物で、あるいは、なつかしくて、時に忙しいのに血迷って…数年に1回は手に取る“古典”の文庫・新書はだいたいその書店で買ったものです。

当時の本の選び方のポリシー:
一にも二にもコスト・パフォーマンス!

今思えば、「どうしてこの訳者の本を選んだ?」「あの訳者のだったらもっとすんなり理解できたのに…」と不思議に思うようなピックアップ。

なぜなら。大きな書店の本棚の間を行ったり来たりしながら、どの出版社の本が一番安いか?と吟味して選んだから。

岩波文庫は★=50円の時代でした。
岩波は50円単位だから、「超目玉価格」だったり「割高」だったり…。
気を抜けないのは短編集。
「オトク!」と思ってよく調べたら、所収されていない短編がある。

田舎の女子中学生が血眼で計算しながら本を選んでいるときに、
何冊もすいすい買っていく大人がいる。

I shall be rich enough to buy as many books as I want.
と強く思ったことでした。

当時と現在を比べると、読みたい本へのaccessibility は格段に違います。

数十年前は、田舎にこんなのができるとは思っても見なかったような図書館ができたし(わが家から徒歩8分)、マーケットプレイスでほとんどタダ同然のように古本が入手できるし、
洋書も安く買える。
キンドルなら、ラーメン1杯、コーヒー1杯分の代金で即座にシェイクスピアもディケンズもオースティンも全集が買える。

嘘みたい!!!

30代で大学院(1回目)に行っていたとき以来大学生協の組合員で、定期購読の専門雑誌と高価な本は生協書籍部を通して買うようにしています。
生協の売り場の口の悪い主任おばちゃんとは20年来の仲良し。

数年前のことですが、最初可笑しくあとで「うっ」と胸がつまったできごと:

欲しい岩波文庫があって、ワイド版が出ていることはわかっていた。
『新古今和歌集』です。
老眼の兆しがあり、たぶん繰り返し読むので、ワイド版が欲しい。
しかし、大学生協のワイド版の品揃えはゼロ。

そのおばちゃんに、つい文句いいました。
「なんでワイド版、置いてないのぉ?」

おばちゃん:
「あんた、何考えてるの? 学生さんは貧乏で小さい文字が読める。誰が大学生協でワイド買うん?
あんたみたいな、有閑リッチマダムだけよ! あんたのために品揃えするわけにはいきません!」

「有閑リッチマダムというのは言い過ぎっ!」とむかっときたけれど…
爪に火をともすようにして本を買っていた学生時代の私なら、絶対にワイド版は買わなかった。

当時の貧乏女子大生からみると、今の私は確かに有閑リッチマダム…。

買った本はすぐに、そして繰り返し読んでいた貧乏時代と、
読める量を超えて本を買うことのできる今と、
読書人としてどちら充実しているか…というのは答えにくい問いです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。