--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 05. 26  
『教養の力 東大駒場で学ぶこと』
斎藤兆史


斎藤の英語学習に関する一般向けの本は、そのスタンスには賛同して、だいたいフォローしてきたが、本書は英語教育・英語学習から敷衍して「教養」を身につけることの意味や方法について述べている。
自己の読書歴や学習歴などの経験について述べている部分が多く、客観性には少々欠けるが専門書ではないので、エッセイとして読めば面白い。

「新時代の教養を支える三本の柱」として
① 知的技術 
膨大な量の情報を分析し、必要なものを選び出して、それを自らの知的活動の材料にする。

② バランス感覚=センス・オブ・プロポーション
選び出した情報を元にして複数の価値(観)を比較検討し、一つの主義信条に固執することなく、最終的に最も妥当と考えられる判断を導く能力。

③ 「人格」の理念、「善」
人として善良であることと、つねに「善くなろうとする祈り」を心に持っていること。

センス・オブ・プロポーションの考え方は、ディベート的「是か非か」「賛成か反対か」の二者択一的な考えかたではなく、両論を勘案しバランスよく調整・妥協・止揚してよりよき論を得るという、イギリス経験論的な知のあり方である(…と私は理解した)。
このような考え方はイギリス文学(ディケンズ・E.M.フォースターなど)に表現されているとのこと。

あれれ?
フォースターの A Passage to India を昔、読んだことがあるが、気づかなかったぞ!
確かにインド人医師(名前は何だっけ?)がマージナルマンとして、センス・オブ・プロポーションを体現した人として表現されていた、とも言えよう…これも再読しなければ!

ディケンズは、私のキンドルに全作品入っているのだけど(確かランチ1回分くらいのお値段で購入しました)、じつはまだ全然読んでいません(>_<)
気合い入れて、デイヴィッド・カパーフィールド読もうかしら…。

基本的に文系学生あてに書かれたメッセージだけど、理系の学生も読んでほしい。

『なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか?』
辻田太一朗


最初のページに描かれている「負のスパイラル」のイラストの吹き出し

学生
先生がきちんと教える気がなくて、授業がつまんない! こんな授業なら、さぼってバイトやサークルに出てたほうがマシだよ。

企業採用担当者
学生はどうせ勉強してないから、面接ではバイトやサークルの話を聞くしかないんです。正直、大学の先生にはもっとしっかり学生を鍛えてほしいです。

学生
就活で成績を見る企業はほとんどない。だったら、楽に単位が取れる授業をとって、面接でネタになるバイトやサークルに時間を割いたほうがいい。

大学の先生
しっかり教育しようとすればするほど学生が離れていく。こんなことなら、適当にやったほうが楽だし、自分の研究に時間を使える。そもそも、学生は就活にばかり熱心だから授業に興味をもってくれないんだ。



著者は、日本の大学生が世界一勉強していない(小学生よりも勉強していない!)原因を、学生・企業・大学のどれかを犯人扱いするのではなく、上記のような「負のスパイラル」におちいっている構造を指摘して、そこからどうにかして「正のスパイラル」に逆回転させる方策を模索している。

朝井リョウの就活のテーマにした小説『何者』を読んで、就活についての認識を新たにして、正直げんなりしたのだが(朝井自身が私立文系大出身で就活経験者ですからね)、この『なぜ日本の大学生は…』はそこにある構造的な問題をわかりやすく切り込んだ書といえる。

これも、主に文系学生を対象にした議論。
(『何者』に出てくる唯一の理系学生が唯一勉強していたもんね…)

娘の進学ときに引っ越しを手伝ってくれた男の子(娘の高校時代の同級生、先に同じ大学に進学していた)が、
関西の大学について「単位は、X大は天から降ってくる、Y大は地面に落ちている、そしてZ大は掘っても出てこない、と言われるくらいうちの大学(Z)は単位取るのが厳しい」と言っていた。
(もちろん、学生間に流布している「都市伝説」ですので信憑性はありませんがね)

娘よ、良かったねぇ!
世界の大学生に遅れをとらないように、厳しい大学で鍛えられることをラッキーと思って学業に邁進せよ。

ところで、二つの本で共通して、マイケル・サンデルのことが取り上げられていた。

以上二冊を読んで、娘、大学生の皆さんへのおばさんからのアドバイス

① 授業で積極的に発言するのは「世界標準」なのだよ。
準備をしっかりして授業に出席し積極的に発言せよ
仏の社会学者P. ブルデューが、大学の授業で発言できない学生、後ろの方に坐る学生の存在(彼自身がそうだった?)から出発して「社会関係資本」「文化資本」の分析をしたけど、そんなのぶっとばせ!

(*私、ブルデュー好きです。「遺産相続者たち」など、必読だと思います。
現在の格差論の源流ですからね)

② 本をたくさん読みましょう。特に古典。
学生が読むべき本のリストなんてたくさん出ているから、そこからピックアップして、今のうちに読んでおくといいよ。

③ 外国語をしっかり。当面、まず英語ですな。
英語は十分条件ではなく必要条件。英語ができてナンボです…しかし、英語ができてナンボのもんじゃい?という担保も必要。
英文学や言語学専攻でない限り、英語はあくまでも「道具」」ですが、どうせなら使いでのよい、高級なお道具を揃えましょう(←自分でやるしかない。どこにも売ってないよ!)

④ そして、なによりも、「自分の頭で考えること」です!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2013. 03. 28  
『上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?』
上野千鶴子・小笠原文雄(日本在宅ホスピス協会会長)
朝日新聞出版

どうしたら「希望死・満足死・納得死」を迎えることができるか?

近年、福祉や介護について調査研究を重ねている社会学者上野千鶴子が、在宅ホスピス協会の会長で開業医の小笠原先生に質問をするという構成の本。
上野自身が「おひとりさま」なので、独居の人がどのようにしたら「希望死・満足死・納得死」を迎えられるかという視点から問いがなされているが、
同居・別居にかかわらず、家族のとるべき姿勢なども説かれている(けっして説教口調ではありません)。

小笠原先生が実際に臨床場面で出会ったリアルなケースが多数報告されている。

この7年の間に、祖母二人、実父、義母、義父の順で5人の身内の最期を見てきたのですが、この本を読みながら「こうすれば良かった」「あれで良かったんだ」などと自分の経験と照らし合わせて何度も考え込みました。

サマリーをと思ったけど、読んでいる途中につけた付箋紙の数があまりにも多すぎて、書くことができません。
要約不可能です。

以下、目次を転記します。

目次
1 がんで死ぬのがいちばんですか
2 PPK(ピンピンコロリ)と逝けますか
3 老衰で死ぬのは幸せですか
4 認知症になってもいつまで、家で過ごせますか
5 延命装置をつけたまま家にいられますか
6 看取りは家族の役割ですか
7 家族のいないわたしの看取りは誰に託しますか
8 お金はいくらあればよいですか
9 離れていても在宅医療を受けられますか 
  ---ICT機器を駆使した在宅緩和ケアはこうなる
10 送られる側、送る側の心構えは

在宅ホスピス緩和ケア医療機関を探すために
対談 小笠原先生、あなたはどうして「小笠原先生」になったのですか


独居であっても、家族と同居であっても、

自分がどのような最期を迎えたいかをイメージしておく、

死ぬまでに(認知症になるまでに)周囲の人と良好な関係を築いておく、

医療や介護のサービスのことをよく知ってうまく利用する、


というのがキイポイントですね。

これから、高齢社会になるし、医療費の破綻は目に見えているので、「在宅で最期を迎える」ということが、本人の幸せのためにも、医療費節減という国家経済的な問題に対処するためにも、ポジティブな方向性であることは確か。
しかし、まだまだ、システムが整っていないし、社会的通念も成熟していない。

小笠原先生のような在宅ホスピス医やTHP (トータルヘルスプランナー)の養成、認定看護師の普及、介護職の職域の拡大など、教育システムや法律の整備が急務であると感じた。

50代以上の人は、親の看取りの問題として、自分の問題として、是非読んでみてください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村
2013. 02. 10  
メモ3が2重投稿になっていてすみません。
消去したのですが…。

『ほろ苦教育劇場 コドモダマシ』
 パオロ・マッツァリーノ  春秋社


【動機】
昨日読んだ『学歴入門』を本棚の適当なところに納めようとして、見つけた。
数年前(奥付をみたら2008年9月初版第一刷)読んで、
笑いながら、うなずきながら読んだことを思い出したので、再読。

【いもづる】再読なので省略。
ただし、本の中の「理論派お父さんのためのブックガイド」たくさん紹介されている中で、
香西秀信「論より詭弁」は読んでみたいと思った。

【感想】
再読でも、またまた面白かった。
この文体は、サラリーマンNEOの“サラリーマン体操”近藤良平の口調で朗読するとよい!

著者の自称イタリア人マッツァリーノ氏は偽名で、覆面著者がいることは確かだが、
この、まっつぁんは、かつての自称ユダヤ人イザヤ・ベンダサンの「公然の秘密」のようには、
まだ、覆面ははがされはされていない(…と思う。最近のことは知りません)

4~5年前の本だが、最近(もちろん書かれた当時も)ホットな話題の
「体罰」「いじめ」「格差」「雇用」などの問題が父子のやりとりでおもしろく論じられている。

当時流行していた「百マス計算」「ゲーム脳」などに対するチクリも懐かしい。

体罰について、長くなるが、感心したので以下、引用。

「体罰は許されるっていう先生は、もし悪さをした生徒が、
市会議員や国会議員や教育委員の息子や娘だとしても、
ためらわずに殴れるのかな。
あるいは、もしヤクザの親分のこどもだったら?
そうとわかっていても、他の子と同じように公平に殴れるんだろうか。
それは絶対ムリだと思うな。
むしろ暴力をふるう人ほど、人間の上下関係に敏感だったりするからね」


中学受験の話から学歴の話になって…。

「山に登ったら、降りなきゃいけないだろ。
全力を尽くして頂上に登ったはいいが、
そこで体力を使い果たして死んじゃったら、元も子もないよな。
大学受験なんてのは、長い人生から見れば、
ちょっとした山登りに過ぎないんだよ。」


一つ前の記事の「男の子はバカだけど(だから)可愛い」という証拠をひとつ…。

P188の「新一年生の男の子の将来つきたい職業」の8位に、
TV・アニメキャラクターというのが!
声優とかヒーロー役の役者じゃなくて、「キャラクター」そのものですよ(>_<)

最後に…、「ごもっとも(T_T)」のフレーズを引用して締めとする!

「わかる、わかるよキミの気持ち。
そうだよねぇ。
こどものころはみんな感想文なんか書くのいやがってるんです。
そのクセ、オトナになると、頼まれもしないのに
ブログで本や映画の感想ばっかり書きたがるんだから、
わからない、わからないよブロガーの気持ち。


すんません。

*突発性難聴療養のため、これから24時間、断食ならぬ断ネットいたします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

2013. 02. 09  
目や神経が疲れることはできないので、また大きな文字の「14歳の世渡り術」シリーズの本を読む。
薬を服用しているので、ビールも飲めない。
勉強できない・天気がいいのに運動できないというのは、残念という気持ちと同時に、
「ラッキー! まったりしよう」という気持ちもあるが、
ビールも飲めず、本も読めない、音楽(イヤホン)も聴かずに、まったりというのは…。
得意種目の“昼寝”という技があるが、あまり眠りすぎると、今度は夜寝付けなくなる。
やはり、健康第一ですね!


『学歴入門』 橘木俊詔 河出書房新社

【動機】「14歳の世渡り術」シリーズとのことで、自分の子どもを含む若い人たちに伝えるべきことを学べたらよいと思った。

【いもづるin】池上彰「「学び続ける力」、
苅谷剛彦「アメリカの大学・ニッポンの大学」「イギリスの大学・ニッポンの大学」、
吉川徹・中村高康「学歴・競争・人生 10代のいま知っておくべきこと」、
ピエール・ブルデュー「遺産相続者たち」「再生産」、
池田潔「自由と規律」 など

【いもづるout】本田由紀の著作(新書レベル)

【感想】同じ10代の子どもたちに向けて書かれた吉川・中村の著作と併せて読むとわかりやすい。
一言でいえば、「たかが学歴、されど学歴」をいろいろな事象(数的データはほとんど無し)を提示して論じている。
“たかが”は、東大卒業生の地位の低落化傾向、企業に入ってからは学歴(学校歴)よりも実力主義、など
“されど”は、大卒と非大卒では所得に差が出る、 など

まあ、常識の範囲内の論。
大学教育について、本田由紀らの「実社会で即役に立つ実学をさせるべし」と猪木武徳のリベラルアーツ(教養)中心主義とが対比され、
著者は前者の立場を支持している。(アリストテレスを知っていてもグラフが作れなければ×)

私は、これについては、明確にどちらの立場と言い切れないが、
最近読んだ同じく若い人に向けて書かれた池上彰の「学び続ける力」には、今すぐに役に立たないことこそ勉強すべきであると主張されていた。
まあ、バランスの問題でしょうね。
東大や京大の英語長文の過去問など見ていると、
アリストテレスやルソー(橘木が出している象徴としての例です)を知っていると読解しやすいという問題がある。(入試は“入り口”ですけどね)

福沢諭吉の「天は人の上に人をつくらず…」は、
「人間は生まれながらに平等である」という合衆国独立宣言からの引用が主眼ではなくて、
その後の「貧富や出身など現実の不平等を学問だけが超克することができる」ということが言いたかったのだ、
ということがよく見落とされていると思う。
やはり、状況が許すなら、大学教育以上の高等教育は受けておいたほうがよいことは確かである。
そして橘木は格差に関する他の著書でも、“状況が許すなら”というのが今日の日本では許されない階層が出てきていることを指摘している。これには同意。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

2013. 02. 08  
興奮しながら、今、読み終えました。

『統計学が最高の学問である』西内啓 ダイヤモンド社

【動機】娘へのプレゼント。「受験が済んだら読んでみぃ」と買って、まず私が読んだ。

【いもづるin】苅谷剛彦の実証的著作「学力と階層」など。諸々の統計学入門書。
【いもづるout】野矢茂樹の論理学の本をもう一度読み直したらおもしろいかも…。

【感想】
娘が大学で勉強する分野では、これからは絶対に「統計学」と「英語」が武器になると思う。
その二つをしっかり勉強せえーよと言っていた頃にこのタイトルの新聞広告発見し、購入。

これまで、あまたの統計学入門書を読んできたが、じぇんじぇんわからんかった(←博多弁)
学部(社会学)でも院(心理学)でも、レポートや論文書くのに必要なところだけ、かじりとってわかったフリしていた。
こんな私にもついに夜明けが来た!!!
難しい数式は一切ないのに、すいすい理解できた。

以下、気づいたことなど
1 p27にパンチカードの写真が載っていて、まるで「歴史上の文物」「古文書」的解説がなされているが、
 私は学部時代に、院生の手伝いでカード穿孔機を使ってこのカードにパンチングしていたぞよ!

2 p32 Googleのチーフ・エコノミスト ハル・ヴァリアン博士のことばが引用されている。
  I keep saying the sexy job in the next ten years will be statisticians.
  訳「私はこれからの10年で最もセクシーな職業は統計家だろうって言い続けてるんだ。」
  内容的には、「そういう人が言うからそうなんだろうなぁ」と感心するが、
  この英語、ちょっとヘンじゃない? sexiest と最上級にしないといけないんじゃない? 校正ミス? 

3 「因果関係には向きがある」 
  うんだうんだ!これ勘違いしている人が多いからねぇ。
  「朝ご飯を食べると成績が上がる」とか
  「東大生の多くが子どもの頃夕食時に家族そろっていた。だから学力を上げるには云々」とか。
  はいはい、うちの子が東大に行けないのは、夕食時、父ちゃんが時々いなくて母ちゃんが晩酌するからですよ。

4 喫煙対策について  (喫煙による日本経済の損失が毎年7兆円以上として)
 「厳密にはそうじゃないかもしれないから、と、GDPの1%以上となる7兆円の損失を見過ごすのはバカのすることである。肩身が狭いからと言うだけで政府の喫煙対策を批判する人たちは、自分がそうしたバカな国に住んでいたら今頃どうなるか、と考えてみればいい。」
  あっぱれ!(^o^)

5 p170の表
 この表を頭に入れて第5章をノートでもとりながらじ~っくり読んだら、
 修論書くレベルの基本概念の理解はマスターできると思う。早く出会いたかった!

やっぱこれから文系・理系とも、武器は英語と統計学ですよ!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。