--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 11. 23  
連休1日目(といっても私は毎週土曜休みです)、とっても好いお天気。

宝山か三郡山にでも登りにいきたいところです…が、
ヘルペスが出て、体調イマイチ(-_-)

おとなしく家で仕事をします。
高校日本史の期末問題作成2種、専攻科一般教養後期試験問題作成…重労働!!!

…と、パソコンに向かったはいいが、イヤな仕事は後回しにしたくて、ブログ更新に逃げている。

ひさびさの読了メモです

山本博文 『歴史をつかむ技法』
新潮新書
__ 1
なんか、歪んどるなぁ(-_-)

歴史は自分の専門ではないけれど、高校で日本史を教えながらいつも次のようなことを考えている。

★受験に日本史が必須のクラスで
センターや国立2次、私大の過去問を解き、各種参考書・問題集、予備校講師の講義本などを熟読して、「やっぱり日本史受験には暗記が必要」と思っている。
でも、それが本当の歴史教育なのか?
大量の年号、人名、歴史用語を暗記してわかった気分になっていていいのか?


★受験に日本史が必要のないクラスで
居眠り続出。ちょっと難しい言葉から説明するレベル…昨日は「幽閉」を説明しました。
やる気、学ぶ気のない子たちにどうして日本史を学習させないといけないのだろう?

★人物関係の理解を深めるために、生徒たちが知っているテレビ番組の話などするけど、それはいいことなのか?
松山ケンイチの平清盛や、福山雅治の坂本龍馬、今の「八重の桜」は、院政、平氏政権、源平の葛藤、幕末から明治初年にかけての説明におおいに助かる。
(といっても、NHKの大河ドラマを見ている生徒はあまりいないけれど…)
しかし、ドラマや小説はあくまでフィクション。娯楽性を追求したもの。それを授業でしゃべることの当否はどうなんだろう?

★どうして、歴史を学ばなければならないの?
私自身は「好きだから」ですが、歴史学習の意義って本当は何?

★「史観」にニュートラルに教えることは可能か?
私自身は社会学・心理学専攻なので、政治史よりアナール派的、あるいは民俗学的視点に立つ歴史観に親和感があり、その筋の本ばっかり読んで来た。いわゆる網野史学や、森浩一の考古学が好き。でもメインストリームではないかも…。歴史学会の動向はどうなっているのか、門外漢なので自信がない。

以上のような疑問に対して、山本の見解を読み取ることができて、たいへんためになった。
東大の教授として各方面に対して配慮の効いた(喧嘩を売らない)記述になっているが、じつは、この著者、マジで、ある方面に対して喧嘩売ってまっせ!

受験生のほとんどが使用している山川出版の『詳説日本史B』を基本材料にして書かれているので、高校生の皆さんも是非お読みになることをオススメします!

この本を読んで、「歴史とは何か」をより深く考えたいと思い、次に読む本を積んどくリストから引っ張り出してきました。
__ 2

上記の本にも出てきたブローデルの歴史学に関する小論集。
1編1編が短いので読みやすそう。
フランス語で読めるようになる日がいつか来るかしら?
絶対に来ないね!!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013. 02. 06  
読書の記録です。自己開示的要素が強く、ちょっぴり恥ずかしい…。
ブログに書く目的は、遠隔地に行く娘に
「今、おっかぁはこんな本読んで、こんなこと考えているだ」
と伝えたいから。“家族新聞”的なものです。

そんなの気持ち悪い…と思われる方は(私自身も、ちと気持ち悪い)、是非、スルーしてくださいませm(_ _)m

①読んだその日、または翌日に書く。書くのが面倒と思うような本については書かない。
②きちんと読了した本に限る。つまみ食い読みは不可。
③【いもづるin】とは、当該の本との関連を見いだした既読の本
④【いもづるout】とは、当該の本を読んで、読みたくなった未読の本

というのが、ポリシーです。

『日本史を読む』丸谷才一・山﨑正和 中公文庫

【動機】丸谷才一追悼、日本史の勉強

【いもづるin】網野善彦の諸著作・森まゆみ『鴎外の坂』・斎藤茂吉『万葉秀歌』・大庭みな子『津田梅子』

【いもづるout】司馬遼太郎『空海の風景』・丸谷才一『恋と女の日本文学』・隆慶一郎『影武者徳川家康』・角山栄『時計の社会史』

【感想など】日本史のエピソード満載。そのエピソードはただの博学の披瀝としてではなく、対談者のいいたいことの実証例として提出される。中国やヨーロッパの歴史との関係の考察もおもしろい。年表(世界史・日本史)を手元に置いて読むのがよかったかもしれないが、それでは対談の流れの面白味が殺がれたかもしれない(略年表は巻末にあり)。また、同時代の巨星を喪ったんだ!
へえーっと思ったことたくさん。
「出雲の阿国とシェイクスピアは同時代人」
「影武者(的存在)の意味について」
「山川“捨松”の名前の由来」
「柳田国男批判をした石田英一郎こそが柳田の正統祖述者」など。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

プロフィール

ぶるっく

Author:ぶるっく
 長女ぽんは飛び立ち、長男ばぶは羽ばたき練習中。空きの巣になっても、仕事・趣味・体力作りに励み、楽しく暮らしていきます!
 読書・音楽・ウォーキング・軽登山・水泳のことなど…日々の記録です。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。